カテゴリー別アーカイブ: 真央大好き

ありがとう”を届けたい『~浅田真央 アイスショーへの思い~』

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケート元世界女王・浅田真央さん(28)が1日放送のNHK総合「“ありがとう”を届けたい『~浅田真央 アイスショーへの思い~』」で、現役引退後の生活や心境を明かした。

 番組では、浅田さんが引退後にスケート仲間と共に全国各地で開催しているアイススケートショー「浅田真央サンクスツアー」を追い、同局の船岡久嗣アナウンサー(43)が浅田さんにインタビューを行った。

 現在の生活を聞かれた真央さんは「毎日スケート一色の生活です」と返答。「できるだけ皆さんの近くに行ってショーをすることで、スケートの良さを知っていただけるかなと。現役を引退してから、スケートはもういいと思っていたけど、いざサンクスツアーを始めてみると、各地を訪れるごとに素晴らしい舞台で滑ることが幸せです」と笑顔を見せた。

 17年4月に引退発表した当時は、その年の8月に予定が入っていたアイスショーが終わったらスケートから離れようと思っていたという。しかし、「何がやりたいのかな何ができるのかなといろんなものを見たり経験してみたら、自分にはスケートしかなかった。自分に出来ることはスケートを滑って、みなさんに感謝を伝えることだと思ったのでサンクスツアーを始めました」と振り返った。

 サンクスツアーを開催することを最初に相談した、マネジャーで姉のタレント・浅田舞(30)にも背中を押してもらったという。「舞も一緒に滑ってくれると言ってくれたので、その最後の一押しで出来ることになりました」と語り、「選手の時ってリンクの上でも生活している上でも、何か一人で頑張っているという感じがあったけど、サンクスツアーを始めてから一人でスケートをしているんじゃないという感覚になりました」と明かす。

 サンクスツアーはどんな場所かと問われると「幸せの場所ですね」と答えた真央さん。「感じたことのない幸せの空気が会場ごとにあふれているのを感じます。選手以上の達成感や喜びって味わえないのかなと思っていたけど、始めてから幸せをたくさんいただいています」と語った。

 そして、「幸せを感じてフィギュアと向き合っているので、ありがとうという思いが強いと思います。今は仲間がいて、自分の思っていることが表現できて。フィギュアスケートがあるから幸せと感じているので、感謝という思いが強いです」と目を輝かせた。

真央「美しき氷上の妖精 浅田真央展」…何か感じてもらえればうれしい

仙台放送 によると。

フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さんが仙台市を訪れ、来月、仙台市の藤崎で開かれる展示会への思いを語った。引退後はアイスショーで全国を回っている浅田さん。来月19日から青葉区の藤崎本館で開催される「美しき氷上の妖精 浅田真央展」のPRのため仙台を訪れた。

浅田真央さんは、「実際に近くで衣装や写真や映像などをみて、その時のことを思い出して何か感じてもらえればうれしい」と話していた。展示会は入場無料で、会場には浅田さんが選んだ写真や衣装、メダルなどおよそ130点が展示される。

真央魂継承…紀平梨花、偉大な女王に「近づけるようにしたい」

デイリースポーツ によると。

 上位選手によるエキシビションなどが行われた。女子で男女を通じて日本勢初のGPシリーズ初出場優勝を果たした紀平梨花(16)=関大KFSC=は一夜明け、同じトリプルアクセル(3A)=3回転半ジャンプ=を武器にした元世界女王の浅田真央さん(28)のようなトップスケーターへの飛躍を誓った。“元祖トリプルアクセルジャンパー”の伊藤みどりさん(49)からも絶賛された“進化系3A”を武器に、まずは次戦のフランス杯(23日開幕・グルノーブル)で、シリーズ上位6人によるGPファイナル(12月6日開幕・バンクーバー)進出を狙う。

 ニューヒロインの階段を駆け上がった16歳は、快挙から一夜明けても気持ちが追いつかない様子だった。浅田真央も羽生結弦もなしえなかったGPデビュー戦V。「誰もやったことのないことをやった実感がない」と、初々しくはにかんだ。

 伊藤、浅田ら日本女子のエースが継承してきた“宝刀”トリプルアクセルをフリーで2回成功させ、SP5位から大逆転した。総得点は世界2位。平昌五輪金メダリストのザギトワ(ロシア)の世界記録には約14点及ばないが、紀平はSPで転倒しているだけに十分頂点を狙える位置にいる。「どんな相手でも自分の完璧な演技ができれば…」と自信を手にした。

 “継承者”としての自覚も芽生えた。見据えるのは偉大な先輩の背中だ。「1戦目で勝てたけど、まだまだ。浅田真央さんに近づけるようにしたい」。この日、イベントで来場した“元祖”の伊藤さんは「簡単に跳んでいる。効率のいい跳び方をマスターしている」と、紀平の“進化系3A”を絶賛。「世界は4回転を跳んでいるけど、アクセルを武器に変えて世界のトップを目指してほしい」と、後継者に期待を寄せた。

 次戦はフランス杯。「次はSPも完璧にやって、完璧のノーミスを目指したい」と紀平。若き紡ぎ手とともに、新たな3回転半物語が始まった。

真央、氷上で子どもたちとハイタッチ…!

福島民報 によると。

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さんのスケート教室が十一日、福島県郡山市の磐梯熱海アイスアリーナで開かれた。ゼビオが教室を主催した。子どもたちは目を輝かせながら、氷上での触れ合いを楽しんだ。
 真央さんは県内の小中学生十九人に膝の使い方やバランスの取り方を丁寧に教えた。

 交流後に報道陣に対し、「東日本大震災でつらく、苦しい思いをされた人がたくさんいると思います。少しでもスケートを見て日頃の疲れや悲しいことを忘れてほしい」と語った。
 現役引退後、これまでの応援に感謝しようと全国を巡っている。十三、十四の両日は同アリーナでアイスショーに臨む。チケットは既に完売している。

真央がアイスショー山梨公演で「思わず号泣した」ワケとは?

アサ芸プラスによると。

 元フィギュアスケート選手の浅田真央が、これまで応援してくれたファンのために全国で行っているアイスショー「浅田真央サンクスツアー」。9月22、23日には山梨で公演が開催されたのだが、このショーで浅田が号泣したことが話題になっている。

「真央は9月25日が誕生日。その直前である山梨公演で、姉である浅田舞が真央のためにサプライズを企画したのです。プログラムが終了し、アンコールも終わった後、スタッフ全員で『愛の夢』を滑り、さらにキャストやスタッフみんなからの笑いあり涙ありのビデオメッセージが流されました。さらに、この企画は周到に観客にも伝えられており、最後には『真央ちゃんおめでとう』と観客全員がバナーを持ってお祝い。真央は号泣してしまい、メッセージが言えないほどで、それをまたスタッフがやさしく抱擁するという、心温まるお祝いでした」(スポーツライター)

 思いもかけないタイミングでのお祝いは、真央の心に深く響いたようだ。昨年の誕生日には、舞と2人でディナーのテーブルを囲み、ワインで乾杯したというが、今年の誕生日もアイスショーでの素敵なプレゼントを胸に、素晴らしいバースデーを過ごしたことだろう。