カテゴリー別アーカイブ: 真央大好き

「食べても太らないという魔法」 浅田真央、メリー・ポピンズ姿でハッピー過ぎる魔法考え観客沸かせる

ねとらぼ によると。

 プロスケーターの浅田真央さんが1月31日、東京・六本木で開催された映画「メリー・ポピンズ リターンズ」の前夜祭にキュートなコスプレ姿で登場。同作をテーマにした浅田さんのスケートパフォーマンス映像「魔法のエキシビション」も上映され、会場は大いに盛り上がりました。

 ディズニー映画最新作として、55年ぶりにスクリーンに帰ってきた「メリー・ポピンズ」。大恐慌を迎えたロンドンを舞台に、母を亡くしピンチに陥ったマイケル一家。そんなマイケルたちの元にやってきたエレガントでミステリアスな魔法使いメリー・ポピンズが、魔法を使い、家族とともに困難に立ち向かう様子を描くアカデミー賞4部門ノミネート中の話題作です。

 2012年から13年まで行ったエキシビションで「メリー・ポピンズ」の楽曲をメドレー形式で使い、さらに演出のヒントを得るためドイツでミュージカル版を見て研究するなど、同作が大好きな浅田さん。ブルーのコートに赤い帽子と、メリー・ポピンズをイメージした衣装で登壇し、「リターンズが日本にやってくるということで、私もずっと楽しみにしていました。皆さまも一緒に楽しみましょう!」と、はじける笑顔で観客にあいさつしました。

 作品との出会いについては、「2012年、ちょうどいろいろ悩みを抱えて元気がないころに知り、曲を聴いているうちに、自分自身が明るくなっていったのを覚えています」と語った浅田さん。最新作については字幕版、吹き替え版をすでに見ており、「本当にすてきな映画。笑いもありハッピーもありで、見ているだけで心が温まる。良い歌がたくさん入っているので、音楽だけでも楽しめます」と太鼓判を押しました。

 司会者に「もし魔法が使えたら?」と質問されると、「食べることが大好きなので、たくさん食べられる胃袋をあと2つくらい増やした上で、食べても太らないという魔法を自分にかけたい」と独特すぎる夢を話した浅田さん。「色気ゼロ……」というツッコミに「(色気ある答えを)思いもしませんでしたね。そんな時はいつになるのでしょうか」と少々自虐的に返し会場を沸かせました。

 「メリー・ポピンズ」の世界をテーマに、浅田さんが楽曲選択や振付などを考えた「魔法のエキシビション」の上映を観客とともに見守った浅田さんは、「最初は傘で顔を隠して『誰かわからないよ』という状態でスタートするなど、そういった演出も注目していただけたらうれしいです。衣装は意外と軽くできていて、フィギュアの技もたくさん入れつつ、後半はかなりハードな振付にしました」と込められたメリポピ愛を解説し、満足そうな表情を見せました。

浅田真央「メリー・ポピンズ」に助けられた、魔法のエキシビション披露

MusicVoice によると。

 フィギュアスケーターの浅田真央が31日、都内でおこなわれた、ディズニー映画『メリー・ポピンズ リターンズ』公開前夜祭イベントに出席。映画の大ファンという浅田は、主人公の魔法使いメリー・ポピンズの姿に扮して登場した。

 映画は、1964年に公開された『メリー・ポピンズ』の続編。大恐慌時代のロンドンを舞台に、母を亡くし困難に直面したバンクス家が、魔法使いメリー・ポピンズの魔法によって希望を取り戻し、困難に立ち向かっていく姿を描く。

 この日、メリー・ポピンズの衣装で登場した浅田。映画の大ファンになったのは2012年、22歳の時で、その出会いによって自身が救われたという。

 「振付師のローリー(・ニコル)がこの曲で滑ったらどうと言ってくれて。その時は悩みがあってうまくいかなくて、それでこの曲は楽しいからぜひ使ってほしいと。この曲は明るくて元気がもらえて、滑っていて楽しくて、一気に(視界が)明るくなりました」

 当時使用した楽曲は、リズミカルな「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(Supercalifragilisticexpialidocious)」だったという。

 『リターンズ』は既に、オリジナル、字幕版、日本語吹替版と3回見たという浅田。「どれも素敵。皆さんに3回観て頂きたい。素敵な映画で、吹替は歌も日本語なので、ご家族でご覧になるときは日本語もおススメです。夢のある魔法の世界で、心温まるところもあり笑いもあり、ハッピーなところもあって、アニメーションも入ってくるので楽しい映像になっています」とアピール。

 そんな浅田は公開を記念して、自身で振付、選曲したという特別映像「魔法のエキシビション」を制作。メリーの衣装を着た浅田が、街灯がともるリンクを華麗に滑っている。

 この日はその特別映像が上映された。大画面で自身のスケーティングを見るのは初めてだったという浅田。見終えた感想を「これ以上ないぐらい滑り切ったので、私自身も大スクリーンで見れることができて嬉しかった」と笑顔。

 「魔法のエキシビション」では、「感動的な歌」という子守歌「幸せのありか」をはじめ、劇中4曲を使用している。「12月頃にどんな曲にしようか考えました」。

 演出面では「最初は傘で誰が登場するか分からないようにしようと思って。魔法の世界なのでそういうところも楽しんでほしい。1回では見切れないほど色んな展開がある。衣装や映像だけでなく、フィギュアスケートの技も入っているので見てほしい」と呼びかけた。

 そんな浅田は、もし魔法を使えたら「食べることが大好きなので、たくさん食べられる胃袋を2つぐらいもらって、食べても太らない魔法を。たくさん食べてもスリムになれる魔法を自分にかけたい」。花より団子? の一面ものぞかせ会場をほっこりとさせた。

 そんな彼女を救った『メリー・ポピンズ』。「2012年の時に滑った素敵な曲。まさかそれで滑られるとは、しかも『リターンズ』がくるとはダブルハッピーです」と笑みを浮かべていた。

浅田真央、色気まだなし?「太らない魔法を…」

日刊スポーツ によると。

フィギュアスケートで元世界女王の浅田真央さん(28)が31日、都内の映画館で行われた、あす2月1日から公開のディズニー映画「メリー・ポピンズ リターンズ」の前夜祭に参加した。

12年には前作「メリーポピンズ」の楽曲を演技に使用していた程、同作品の大ファンで、この日のためにスペシャルムービー「魔法のエキシビション」をプロデュース。今作品の主人公の衣装をまとい、音楽に合わせてリンク上で華麗なスケーティングを披露した約3分間のムービーを、映画上映の前に集まった観客らと一緒に鑑賞した。

同作品にちなんで司会者から「魔法を使えるならどんな魔法が使いたいか」と問われると「食べることが大好きなのでたくさん食べられる胃袋があと2つぐらい欲しい。あと食べても太らないという魔法を自分にかけたいです」と笑顔で話して観客を笑わせた。

司会者から「色気なし」と突っ込まれると「そんなことは思いもしませんでした。いつになるんでしょうか…」と言って、また観客を笑わせた。

真央のソチ衣装も! 北参道で安野ともこのコスチューム展 27日まで

TOKYO HEADLINE WEB によると。

 スタイリスト、デザイナーとして数多くの女優やトップアスリートを輝かせてきた安野ともこ氏の作品を展示する「安野ともこのコスチューム展“Thanks a million”」が27日まで、北参道にて開催中。

 安野氏が過去に手掛けた代表的な映画、ドラマ、CMに加え、舞台『キャバレー』、フィギュアスケーター浅田真央のソチオリンピックやアイスショー“サンクス・ツアー”の衣装など、貴重な衣装作品の数々を間近で鑑賞できる、またとない機会。

 会場となるandMade 北参道(東京都渋谷区千駄ヶ谷 3-34-3)は“My Brand をつくる場所”をコンセプトに、主に服作りのためのさまざまな裁縫機器やデジタル機器をそなえ、服飾系のクリエーターにも人気のFAB施設。会期中は、安野氏がデザインを手掛ける「AROMATIQUE | CASUCA」「CASUCA」のエクスクルーシブ・モデルも展示・販売される。

 テレビや映画、舞台などで目にしたことのある衣装も多いはず。華麗なコスチュームの数々を堪能して。

 27 日まで。毎日10~22時。最終日27日は19時終了予定。入場無料。

浅田真央「バトンは渡せた」紀平梨花らにエール

デイリースポーツ によると。

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(28)が7日、東京ミッドタウンアイスリンクオープニングイベントに登場し、ゴールドの衣装で今年初滑りを披露した。

 今季、日本女子は全日本選手権を初優勝した坂本花織(17)=シスメックス=や、トリプルアクセルの使い手で、真央さん以来13年ぶりにシニアデビュー年でGPファイナルを制した紀平梨花(16)=関大KFSC=らが台頭し、新たな時代に突入しつつある。「全日本はテレビで見ました。引退して次の世代にバトンを渡せたかな。世界のトップを取れるように応援したい」とエールを送った。