カテゴリー別アーカイブ: 真央大好き

浅田真央“伝説のフリー”前にケンカ「楽しんでやれるわけないじゃん!」

スポニチアネックス によると。

 フジテレビ開局60周年特別企画「コレ知らんかった~!新発見!村上信五の平成スポーツ命場面SP」が27日、午後7時から4時間スペシャルで放送され、元フィギュアスケート世界女王で、2010年バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央さん(28)がスタジオ出演。大きな感動を呼んだ14年ソチ五輪“伝説のフリー”の舞台裏を語った。

 前回五輪の銀メダリストとして、今度こそ金メダルと日本中の期待を背負って臨んだソチ五輪。だが、ショートプログラム(SP)のジャンプで転倒や回転不足が続き、まさかの16位スタートとなってしまった。

 SPの16位という順位は「フィギュアスケート人生の中で一番低い順位だった」と打ち明けた浅田さん。「それがしかもオリンピックで。金メダル目指してやってきたっていう中であの結果だったので、あの時点で自分のメダルはもうないなってやっぱり思ってしまうので、その悔しさとか悲しさっていうのはスケート人生の中で一番大きかったですね」と振り返った。

 メダル獲得が絶望となったその夜。いつもは「スッと眠れるタイプ」だが、さすがになかなか眠ることができず。ほとんど睡眠が取れないまま翌朝の公式練習を迎えてしまった。

 そして、公式練習が終わってもまだ気持ちは切り替えられないまま。だが、その夜に行われたフリーではジャンプを次々に成功させて自己ベストをマーク。演技が終わった瞬間、感極まって大粒の涙を流す浅田さんの姿に世界中が感動した。

 当時を振り返った浅田さんはフリー当日の公式練習から本番の間に姉であるタレントの浅田舞(30)から電話があり「楽しんでやりなよ」という姉の言葉に「楽しんでやれるわけないじゃん!」と言い返してケンカになったことを明かした。

 だが、この姉妹のケンカが結果的に幸いする。「舞にぶつけられたことで吹っ切れたじゃないですけど、強い自分にまた戻れたかなって」。そして、会場に入る際にはその感情が「やるしかない」に変化。あの“伝説のフリー”につながったのだという。

真央、2年目のサンクスツアー初公演「ハラハラ、ドキドキしながらスタート」

スポニチアネックスによると。

 フィギュアスケート女子で10年バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央さん(28)が16日、自身が開催している「浅田真央サンクスツアー」2年目の公演をスタートさせた。仙台市のベルサンピアみやぎ泉での初公演を終えた浅田さんは「やはり初日というのは本当に凄い緊張します。去年よりもさらにレベルアップしていますし。また新しいメンバーも入って、いろんなことが初回なので、ハラハラ、ドキドキしながら私もスタートしました」と振り返った。

 08年全日本ジュニア女王の今井遥さん(25)を新メンバーに加え、約80分の公演を終えた。前夜のギリギリまで衣装や振り付けにマイナーチェンジを加えた。10年バンクーバー五輪でも滑った「仮面舞踏会」の衣装もゴージャスに替わったという。「2019年、もう一度、全国各地を回れる喜びをあらためて感じていますし。去年のメンバー、遥ちゃんを含めて、また最高のメンバーと一緒に今年の12月までサンクスツアーを回れることが幸せですし、うれしいです」と語った。

 2年目の「サンクスツアー」は16日の宮城公演を皮切りに、北海道から沖縄県まで全国各地を巡り、今年12月の14~15日の愛知公演で千秋楽を迎える。「何よりチームワークがいいので、それがこのショーにも表れているかなと思います。メンバー1人1人、みんなスケートを頑張ってきた仲間。メンバーみんなも、スケートにありがとう、今まで支えてくださった皆さんにありがとうという気持ちもこもっていますので。私たちの今までありがとうございました、という気持ちがお客様に伝わるように頑張っています」と力説した。

浅田真央、レディー・ガガの靴手がけた職人特製スケート靴に感動「すごーい!」

デイリースポーツ によると。

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(28)が20日、都内で行われた化粧品メーカー、アルソアの新製品発表会に出席した。

 「クレイパック」、「ローション」、「エッセンス」のスキンケアシリーズが発表された。「クレイパック」を使用したという浅田さんは「以前より濃厚になってより肌に馴染む感じがしました。使いやすい」と、笑顔。プロスケーターとなり、多くのショーをこなすことでメークをすることが多くなったといい、「選手の時は試合より練習が多くて、練習の時は化粧をしなかったんですけど、ショーが多くなってメークをすることが多くなった。家に帰って、しっかり汗をかいて、メークを落とす。スキンケアを心掛けています」と、明かした。

 イベントでは世界的アーティストのレディー・ガガの靴を手がける舘鼻則孝氏が装飾を施した世界で唯一のスペシャルスケート靴を贈呈され、「わぁ~、すごーい!」と、目を丸くした。アルソアの製品開発における「水」と「女性の永遠の輝き」をテーマに、「Sparkle Water」と名付けられたオリジナルのエンボス模様が施された革を使用している。

 「和な感じがします。スペシャルですね」とまじまじと見つめ、「どんな衣装に合うかな?着物かな」と、プログラムのイメージを膨らませていた。

真央、結婚願望語る「絶対という気持ちない」

日刊スポーツによると。

フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(28)が20日、都内で行われた「アルソア スキンケア」の新製品発表会に出席した。

16歳から愛用しているという浅田さんは鮮やかなブルーのドレスで登壇。今回、商品が新しくなったことにちなみ、「もし生まれ変わったら何になりたいか」を問われた。浅田さんは渡されたボードに「グルメブロガー」と答えを記し「食べることが大好きで、グルメブロガーになったら、おいしいご飯を食べられるかな。今、やりたいことなんですけどね」と笑顔を見せた。

同社の滝口社長からは革製のブルーの「スケートカバー」をプレゼントされた。「貴重なものを作ってもらったので大切にしたい。革でできた靴カバーはまだ1度も見たことがない。世界で初めてかもしれない」と声を弾ませた。

選手を引退後はスケート以外に費やせる時間も増えた。最近はミシンを買ったと明かし、「自分でバッグを作ったり、バッグにリボンを付けてアレンジしてみたり」など楽しんでいるという。また結婚願望について聞かれると「引退してすぐの時は、結婚をしたいなという思いはあったのですけど、今は自分のやりたいことがたくさんある。今は人生で絶対に結婚したいという気持ちはないですね」と話した。

「食べても太らないという魔法」 浅田真央、メリー・ポピンズ姿でハッピー過ぎる魔法考え観客沸かせる

ねとらぼ によると。

 プロスケーターの浅田真央さんが1月31日、東京・六本木で開催された映画「メリー・ポピンズ リターンズ」の前夜祭にキュートなコスプレ姿で登場。同作をテーマにした浅田さんのスケートパフォーマンス映像「魔法のエキシビション」も上映され、会場は大いに盛り上がりました。

 ディズニー映画最新作として、55年ぶりにスクリーンに帰ってきた「メリー・ポピンズ」。大恐慌を迎えたロンドンを舞台に、母を亡くしピンチに陥ったマイケル一家。そんなマイケルたちの元にやってきたエレガントでミステリアスな魔法使いメリー・ポピンズが、魔法を使い、家族とともに困難に立ち向かう様子を描くアカデミー賞4部門ノミネート中の話題作です。

 2012年から13年まで行ったエキシビションで「メリー・ポピンズ」の楽曲をメドレー形式で使い、さらに演出のヒントを得るためドイツでミュージカル版を見て研究するなど、同作が大好きな浅田さん。ブルーのコートに赤い帽子と、メリー・ポピンズをイメージした衣装で登壇し、「リターンズが日本にやってくるということで、私もずっと楽しみにしていました。皆さまも一緒に楽しみましょう!」と、はじける笑顔で観客にあいさつしました。

 作品との出会いについては、「2012年、ちょうどいろいろ悩みを抱えて元気がないころに知り、曲を聴いているうちに、自分自身が明るくなっていったのを覚えています」と語った浅田さん。最新作については字幕版、吹き替え版をすでに見ており、「本当にすてきな映画。笑いもありハッピーもありで、見ているだけで心が温まる。良い歌がたくさん入っているので、音楽だけでも楽しめます」と太鼓判を押しました。

 司会者に「もし魔法が使えたら?」と質問されると、「食べることが大好きなので、たくさん食べられる胃袋をあと2つくらい増やした上で、食べても太らないという魔法を自分にかけたい」と独特すぎる夢を話した浅田さん。「色気ゼロ……」というツッコミに「(色気ある答えを)思いもしませんでしたね。そんな時はいつになるのでしょうか」と少々自虐的に返し会場を沸かせました。

 「メリー・ポピンズ」の世界をテーマに、浅田さんが楽曲選択や振付などを考えた「魔法のエキシビション」の上映を観客とともに見守った浅田さんは、「最初は傘で顔を隠して『誰かわからないよ』という状態でスタートするなど、そういった演出も注目していただけたらうれしいです。衣装は意外と軽くできていて、フィギュアの技もたくさん入れつつ、後半はかなりハードな振付にしました」と込められたメリポピ愛を解説し、満足そうな表情を見せました。