現役でレジェンド…高橋大輔「不思議な立場」で緊張

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートのGPシリーズ第4戦NHK杯(広島県立総合体育館)のアイスショー「レジェンドオンアイス」が11日にあり、4年ぶりに現役復帰した高橋大輔(32=関大KFSC)が登場した。歴代優勝者の伊藤みどりさん、荒川静香さん、本田武史さん、川口悠子さん、鈴木明子さん、織田信成さんと共演。実戦さながらに、今季のSP「シェルタリング・スカイ」のプログラムも披露し、トリプルアクセルなど3本のジャンプを跳んだ。会場を大きく沸かせた。
 「試合より緊張しました。現役に負けないように…、いや現役なんですけど、不思議な立場で出て、経験したことがない緊張感でした」

 今回の立場はレジェンド側だったが、気持ちは当然ながら現役側。4日の西日本選手権では優勝を果たした。今大会では、全日本選手権(12月、大阪府)でライバルとなる日本勢の演技も観戦。刺激をもらった。

 「(宇野)昌磨は別次元。(山本)草太くんはトリプルアクセルまで戻しているし、佐藤君は4回転を決めて潜在能力を持っているなと思いました。このままでは(全日本選手権で)最終グループに入るのが難しいと感じた。レベルを上げないと厳しい」

 年末にある最大のターゲットに向けて、4回転ジャンプをマスターする計画。ロシアの31歳、ボロノフが4回転トーループを決めるなどで2位と存在感を見せたことにも触れ「1つしか年齢が違わない。せめて1本ぐらいは(4回転を)決めたい思いが強くなった」と、決意をにじませた。

荒川静香、全日本欠場の羽生結弦にエール「回復を願う」

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケート女子で06年トリノ五輪金メダリストの荒川静香さん(36)が、全日本選手権(大阪、21日開幕)を3年連続で欠場する男子で五輪連覇の羽生結弦(24=ANA)へエールを送った。

 アイスショー「クリスマス・オン・アイス」に出演。右足首を負傷した東北高(宮城)の後輩について「自分が目指すゴールに向かって進んでいける最善の選択。回復を願う」と語った。また、GPファイナルを制した女子の新星・紀平梨花(16=関大KFSC)については「ここからまた成長していく段階の選手。凄い楽しみ」と期待した。

安藤美姫、GPファイナル優勝の紀平に驚き「精神力がすごい」

デイリースポーツ によると。

 プロフィギュアスケーターの安藤美姫が10日、日本テレビ系「スッキリ」に出演。フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで、初優勝を飾った女子の紀平梨花(16)=関大KFSC=を称賛した。

 最もすごかった点について「緊張感を集中力に変える力」とし、「ジュニアの時に悔しい思いをした。そういったなかでシニアに上がってから同じ悔しい思いをしたくないというのが、精神的なものを作った要因かなと思います」と分析した。

 紀平は優勝を決めたフリーでは、冒頭のトリプルアクセルで着氷に失敗。その後、予定の演技構成を変更し、高得点をたたき出した。安藤は演技中の変更はよくあるとした上で、「失敗したらこっちにしようと練習をしているが、練習していたことを本番で出せる精神力がすごい」と、驚きを隠せなかった。

 今後の課題には、ザギトワより劣っている「スピンのレベル」を挙げた。レベル4を並べるザギトワに対し、紀平はレベル2や3があることから「紀平さんはポジションが高かったり、回転が補えてなかったりということで2とか3。ミスではないが、基礎点が低い。4で揃えるとより一層、強くなります」と語った。

 女子フィギュア界の今後の展望についても予想。ジュニアにも好選手がそろうロシア勢を警戒し「ロシアの強さは歴史ですかね。メドベージェワ選手も本調子に戻って来ると面白い。(日本勢は)宮原選手、坂本選手、本田選手、樋口選手もライバルになってくると面白いです」と、うなずいた。

Disney-fannet.com・ディズニーシーやディズニーランドが大好き、 ミッキ-が愛しくてたまらない・真央ちゃん大好き仲間の交流サイト。