カテゴリー別アーカイブ: 紀平梨花

紀平梨花がSP1位!世界最高更新83・97点 坂本花織も自己ベストで3位

デイリースポーツ によると。

 今季成績上位6カ国・地域で争われる大会が開幕し、女子ショートプログラム(SP)が行われた。紀平梨花(16)=関大KFSC=が冒頭の3回転アクセルを含む3本のジャンプを全て成功させ、世界歴代最高を更新する83・97点でSP1位となった。18年全日本選手権女王の坂本花織(19)=シスメックス=は76・95点で自己ベストを更新し、3位に入った。2位は80・54点のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)。

 紀平はSP「月の光」の冒頭、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を流れるように着氷。出来栄え点で2・86点と、大きな加点を得た。その後の3回転フリップ-3回転トーループの連続ジャンプ、後半の3回転ルッツと全て着氷し、演技後は何度もガッツポーズをつくった。

 世界最高点をたたき出した昨年12月のGPファイナル以外、今季SPでトリプルアクセルを加点のつく出来栄えで決めた試合はなかった。「今季最後、いい演技で締めくくりたい」と話していた通り、シニアデビューを果たした激動のシーズンの最終戦で、重ねてきた努力が実を結んだ。

 なお、83・97点は、以前の採点基準での最高記録であるアリーナ・ザギトワ(ロシア)が平昌五輪で記録した82・92点も上回っている。

 坂本は「フロム・マイ・ファースト・モーメント」を披露。3回転フリップ-3回転トーループの連続ジャンプ、続くダブルアクセル、演技後半の3回転ループと、幅のあるジャンプを次々と決めた。演技後は右の拳を力強く突き上げた。

 トゥクタミシェワも冒頭の3回転半を成功させ、出来栄え点で2・29点の加点を得ている。目立ったミスのない演技で自己ベストの80・54点をマークした。

 国別対抗戦は団体戦。SPとフリーで別々に順位を出し、1位に12点、2位に11点…12位に1点とポイントが与えられる。男子、女子、ペア、アイスダンスのSPとフリー(アイスダンスはSDとFD)で順位ポイントを出し、その合計ポイントで競う。女子では紀平が12点、坂本が10点を獲得した。

紀平梨花、スケート靴新調して新エキシビション「いい演技ができたら」

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケートのアイスショー「スターズ・オン・アイス」(29-31日大阪公演、東和薬品ラクタブドーム)に出演する世界選手権女子4位の紀平梨花(16)=関大KFSC=が28日、会場で行われた記者会見に出席し、新たなエキシビション「ザ・グレイテスト」を披露することを明らかにした。

 27日に完成したばかりの演目で、「難しい振り付けを、しっかりできたら。私のいろんなところを知ってもらえたらいいし、いい演技ができたらいい」と決意を込めた。

 オーストラリアの歌手・シーアのダンスナンバーで、振付師は元アイスダンスのキャシー・リード。この日の公開リハーサルでは、スマートフォンを片手に動画で振り付けを確認しながら入念に滑り込んだ。

 さらに、つま先に重心があり、革が硬いスケート靴に新調したことも明かした。23日まで行われた世界選手権では、革の柔らかい靴が足になじまず、補強のテープを巻いてしのいでいた。

 「(靴は)良い感覚。今のところは合っているのかな」。心機一転で銀盤に立ち、新たな一面を見せる。

紀平梨花、踏ん張るも一歩届かず…悩んだ3回転半

時事通信 によると。

 演じ終えて両腕の力を抜いた紀平は「まあ、よかった」とつぶやいて、小さくうなずいた。大会中に乱高下した調子を思えば、フリーはよく踏ん張った。トリプルアクセル(3回転半)は1度転倒。この失敗が表彰台への道を閉ざした。

 SPで回転が抜けた3回転半は回転軸が右にずれ、踏み切りの感覚と結果が合致しなかった。この日の朝の練習でも24度跳んで着氷は7度。悩みは深かった。「ぎりぎりの調整だった」と不安を抱えながらのフリー。そこに悔いはある。

 それでも、首位ザギトワを11点余りの差で追う立場だったから、強気で2度組み込んだ。一つ目は3回転トーループとの連続ジャンプ。これをねじ伏せるように決めた。二つ目は軸が傾き、着氷後に滑って転んだ。「踏み切りから微妙だった」と振り返ったように、確かな感覚がなかった。

 大技を引っ提げて躍進したシニア1季目。国際大会7戦目で初めて敗北を喫した。SP、フリーをミスなくそろえた大会も、3度の3回転半が全て決まった大会もなかった。「初めての世界選手権は70%」。何が足りないかは、分かっている。

紀平梨花、世界選手権は4位…宮原以来の初出場初表彰台を逃す「70%くらい頑張ったかな」

スポーツ報知 によると。

 女子フリーが行われ、今季国際大会6戦全勝で、初出場の紀平梨花(16)=関大KFSC=は152・59点の合計223・49点の4位だった。18年平昌五輪女王のザギトワ(ロシア)が優勝。大技の4回転サルコーを成功させたトゥルシンバエワ(カザフスタン)が2位、平昌五輪銀のメドベージェワ(ロシア)が3位だった。

 紀平は、初参戦の大舞台でのパフォーマンスを「70%くらい頑張ったかな」と自己採点した。演技冒頭に組み込んだ代名詞の3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)―3回転トウループを成功。しかし、続く単発の3回転半で転倒したのが痛かった。その後の5本は全て着氷して立て直したが、SP7位の出遅れを挽回するには至らなかった。

 3回転半ジャンプを武器に、大躍進の今季。世界選手権の表彰台は逃したが、戦える手応えは深めている。「昨シーズンと比べて本当にいいシーズンだった。まだまだ、目標は高い所にある。満足できない試合も多かったが、どの試合でもやりきったと思えるように、波のないシーズンにして(北京)五輪までいきたい」と前を向いていた。

紀平梨花、フリーで奇跡起こす…練習終盤3回転半7連続着氷

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケートの世界選手権は22日に女子のフリーがさいたまスーパーアリーナで行われる。21日のサブリンクでの練習では、首位と11・18点差を追いかける7位の紀平梨花(16)=関大KFSC=がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で驚異の安定感を発揮。練習終盤に、7本連続で着氷するなど感覚が戻ってきた。2位につけた坂本花織(18)=シスメックス=、SP8位の宮原知子(20)=関大=も調整した。

 本番衣装に身を包んだ紀平が、徐々に大技への感覚を研ぎ澄ませていった。SPではトリプルアクセルが1回転半になるミスで、70・90点の7位で出遅れた。修正するためにも「このリンクに合わせた(トリプル)アクセルを頭に焼き付けないと。たくさん跳ぶしかない」と話していた通り、集中的に跳び続けた。

 フリー「ビューティフルストーム」の曲かけでは、冒頭にトリプルアクセル―3回転トウループを決め、練習終盤には7本連続で着氷。大技成功の感覚を体に染み込ませた。

 今季国際大会6連勝中で、そのうち4度の逆転Vを果たしたが、11・18点は自身最大の点差。さらに今季フリーのベストは首位のアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=の方が3・78点高く、厳しい状況に追い込まれた。優勝するためには、トリプルアクセル2本の成功を含め、ノーミスの演技が絶対となる。

 憧れの浅田真央さんの17歳を上回る日本女子最年少Vがかかる大一番。SP後はすぐに「やるしかない」と切り替えに努めている。今季、全試合で1位と絶対的自信を持つフリーで奇跡を起こす