高橋大輔“世界一のステップ”進化、織田&鈴木が太鼓判 アンコールで「マンボメドレー」

デイリースポーツ によると。

 今年40回を迎えたNHK杯の過去の優勝者、伊藤みどりさん、荒川静香さん、織田信成さん、鈴木明子さんらとともに、4年ぶりに現役復帰した2010年バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(32)=関大KFSC=が登場。高橋は今季のショートプログラム(SP)「シェルタリング・スカイ」を披露し、アンコールでは2010-11年シーズンに使用した「マンボメドレー」で、“世界一”と呼ばれた華麗なステップを披露した。

 「お帰りなさい」のアナウンスで紹介された高橋。演技では他の出演者にはないアンコールが起き、「マンボメドレー」で華麗なステップを披露した。

 複雑な動きが組み合わさった同曲のステップではバランスを崩して転倒する場面もあった。しかし、かつての盟友、織田さんは演技後のトークショーで2010年NHK杯での「マンボメドレー」の映像と比較し、「今の方がキレがある」と太鼓判。鈴木さんも「流れがあって上半身がキレている」と真剣な表情で後押しした。

 高橋自身も「昔は勢いがあったけど、昔よりステップはうまくなった。キレがあるんじゃないかなと、自負みたいなのが生まれました」と手応えを感じている。NHK杯で世界トップの戦いを目の当たりにし「世界の壁は本当に厚いと感じた。この中で戦ってみたいという気持ちも出てきた。刺激になった」と、12月の全日本選手権(大阪)に向けて気持ちを新たにしていた。

現役でレジェンド…高橋大輔「不思議な立場」で緊張

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートのGPシリーズ第4戦NHK杯(広島県立総合体育館)のアイスショー「レジェンドオンアイス」が11日にあり、4年ぶりに現役復帰した高橋大輔(32=関大KFSC)が登場した。歴代優勝者の伊藤みどりさん、荒川静香さん、本田武史さん、川口悠子さん、鈴木明子さん、織田信成さんと共演。実戦さながらに、今季のSP「シェルタリング・スカイ」のプログラムも披露し、トリプルアクセルなど3本のジャンプを跳んだ。会場を大きく沸かせた。

 「試合より緊張しました。現役に負けないように…、いや現役なんですけど、不思議な立場で出て、経験したことがない緊張感でした」

 今回の立場はレジェンド側だったが、気持ちは当然ながら現役側。4日の西日本選手権では優勝を果たした。今大会では、全日本選手権(12月、大阪府)でライバルとなる日本勢の演技も観戦。刺激をもらった。

 「(宇野)昌磨は別次元。(山本)草太くんはトリプルアクセルまで戻しているし、佐藤君は4回転を決めて潜在能力を持っているなと思いました。このままでは(全日本選手権で)最終グループに入るのが難しいと感じた。レベルを上げないと厳しい」

 年末にある最大のターゲットに向けて、4回転ジャンプをマスターする計画。ロシアの31歳、ボロノフが4回転トーループを決めるなどで2位と存在感を見せたことにも触れ「1つしか年齢が違わない。せめて1本ぐらいは(4回転を)決めたい思いが強くなった」と、決意をにじませた。

東京ディズニーリゾート、2018年の「ディズニー・クリスマス」のイベント内容やグッズを公開

Impress Watch によると。

オリエンタルランドは、11月8日から12月25日までの48日間実施するクリスマスのスペシャルイベント「ディズニー・クリスマス」の内容を発表した
 オリエンタルランドは8月8日、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーをはじめ、ディズニーホテル、ディズニーリゾートラインの各施設で11月8日から12月25日までの48日間実施するクリスマスのスペシャルイベント「ディズニー・クリスマス」の内容を発表した。
 東京ディズニーシーではテーマを一新し、新しいレビューショーを実施するほか、フードプログラム「テイスト・オブ・クリスマス」を初開催する。また。東京ディズニーランドでもワールドバザールの「セレブレーションストリート」でクリスマスバージョンの演出が行なわれるなど、魅力あふれる2018年ならではのクリスマスのスペシャルイベントを開催する。
東京ディズニーシー
 日中のメディテレーニアンハーバーでは、クリスマスの音楽やライブパフォーマンスにあふれた新しいレビューショー「イッツ・クリスマスタイム!」を実施する。このショーでは、シンガーが歌うクリスマスメドレーに合わせて、ダンサーたちが軽快なタップダンスや美しいラインダンスを次々と披露。途中、ミッキーマウスとディズニーの仲間たち、さらにサンタクロースとダッフィー&フレンズも船に乗って集まりショーを盛り上げる。公演は約25分間、1日2回実施する。
 夜は2017年に引き続き、水上に浮かぶクリスマスツリーが幻想的に輝く「カラー・オブ・クリスマス」を実施。装いも新たになった船に乗ったディズニーの仲間たちが、メディテレーニアンハーバーをロマンティックに彩る。
 そのほかアトモスフィア・エンターテイメントや、ダッフィーやシェリーメイが登場するキャラクターグリーティングもクリスマス期間限定のスペシャルバージョンで実施。またアメリカンウォーターフロントでは、S.S.コロンビア号の前に、35周年のロゴを設置した高さ約15mの巨大なクリスマスツリーが登場するほか、ウォーターフロントパークでは幻想的に輝くクリスタルのツリーや、雪の結晶をモチーフにしたデコレーションなど、ロマンティックな雰囲気の「スノークリスタル・イルミネーション」を実施する。

ワールドバザールの「セレブレーションストリート」
 東京ディズニーランドでは、35周年のアニバーサリーイヤーならではのクリスマスを開催する。ワールドバザールの「セレブレーションストリート」では、夜の演出でクリスマスバージョンを実施。パーク内のデコレーションも、シンデレラ城裏に初めてクリスマスツリーを設置するほか、各テーマランドにはクリスマスならではの装飾やフォトロケーションが登場する。

ディズニー・クリスマス・ストーリーズ
 日中のパレードは、2017年に引き続きJAL(日本航空)提供の「ディズニー・クリスマス・ストーリーズ」を実施。サンタクロースに扮したドナルドダックがデイジーダックや甥っ子たちともに家族で過ごすクリスマスのフロートを皮切りに、ミッキーマウスとミニーマウスが大切な仲間たちと一緒に心躍るひとときを過ごすクリスマスや、ベルとビーストのロマンティックな恋人同士のクリスマスなど、7つのストーリーが楽しめる。公演は1日2回、約40分間となっている。
 また夜には、「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」をクリスマス期間限定のスペシャルバージョンで実施する。
 アトラクションでは、ホーンテッドマンション「ホリデーナイトメアー」(9月1日~2019年1月3日)とカントリーベア・シアター「ジングルベル・ジャンボリー」(11月3日~12月28日)でスペシャルプログラムを楽しめる。

東京ディズニーランドで展開する「スノースノー“メイク・イット・マイン”」(ベーシックセット2200円/パーツ各400円)
 東京ディズニーシーでは、新コスチュームに身を包んだミッキーマウスとミニーマウスがデザインされた文房具、ぬいぐるみバッジ、お菓子など約50種類、東京ディズニーランドは、新商品のぬいぐるみバンドを含む35周年のカラフルな色使いのクリスマスグッズが約55種類が登場。スペシャルグッズは11月1日から先行発売を行なう。
 またダッフィー&フレンズのグッズも11月2日から先行発売を行なう。新商品は、冬のケープコッドを楽しむ様子や、クリスマスの朝のダッフィー&フレンズが描かれたデザインとなっている。
 さらに、好きな洋服などのパーツを組み合わせてオリジナルの「スノースノー」を作ることができる、「スノースノー“メイク・イット・マイン”」は、11月6日に先行発売。2018年は東京ディズニーランドのみでの展開となる。
 両パーク共通のグッズとして、新たに「スノープルート」を加えた「スノースノー」のグッズ、身に着けて楽しめるイルミネーションライトを発売する。また、ミッキーマウスやミニーマウスが過去のクリスマスイベントのコスチュームを身にまとった姿が描かれたクッションなど、東京ディズニーランド開園から35年間続くクリスマスイベントの歴史を振り返るデザインのグッズを約95種類発売する。

東京ディズニーシーで初開催する「イッツ・クリスマスタイム!」でミッキーマウスとミニーマウスが着用する衣装公開

Impress Watch によると。

オリエンタルランドは、今年初めて東京ディズニーシーで実施する昼のハーバーショー「イッツ・クリスマスタイム!」でミッキーマウスとミニーマウスが着用するコスチュームを公開した
 オリエンタルランドは、11月8日から12月25日までの48日間、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーでクリスマスのスペシャルイベント「ディズニー・クリスマス」を開催する。
 このイベントの開催に先駆けて、今年初めて東京ディズニーシーで実施する昼のハーバーショー「イッツ・クリスマスタイム!」でミッキーマウスとミニーマウスが着用するコスチュームを公開した。
「イッツ・クリスマスタイム!」は、ミッキーマウスをはじめとしたディズニーの仲間たちが、クリスマスの名曲に合わせてタップダンスやラインダンスなどを踊る、初の本格的なレビューショー。衣装は、オフホワイトを基調としたレビューショーにふさわしい洗練されたクリスマスをイメージしたデザインt
 ショーでは、ディズニーの仲間たちもミッキーマウスと同様にオフホワイトを基調としたコスチュームを身に着けるほか、シンガーやダンサーたちもクリスマスらしい色とりどりのコスチュームを身にまとい、クリスマスムードのメディテレーニアンハーバーを一層盛り上げるという。

浅田真央展、真央本人がサプライズゲストとして登場、ファンを笑顔で出迎えた。

読売新聞 によると。

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(28)の軌跡を振り返る「美しき氷上の妖精 浅田真央展」が17日、札幌市中央区の大丸札幌店で始まった。初日は浅田さん本人がサプライズゲストとして登場し、ファンを笑顔で出迎えた。

 展示会では、昨年4月に引退するまでの浅田さんの足跡をパネルに加えて大会で着用した約30点の衣装、スケート靴などで紹介。バンクーバー五輪で獲得した銀メダルも展示している。

 開店前に取材に応じた浅田さんは「応援してくれた皆さんに、衣装やメダルを間近で見て、その時のことを思い出してもらえたらうれしい」と話した。

 浅田さんは、訪れたファン一人一人にサイン入りのポストカードを手渡した。本人と身近に接して感激し涙ぐむ人も多く、午前5時から並んでいたという帯広市の女性(54)は「小さい頃から応援していた。目を見て話せて、頭が真っ白になった」と喜んでいた。

 29日まで。開場は午前10時~午後7時半(29日は午後6時まで)。入場無料。