羽生結弦、くしゃ笑顔の“舞台裏の1枚”に海外ファン反響「これはアメージング」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ)は21日、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦(ANA)が97.74点で首位。貫禄の首位発進を飾ったが、SP17位となったチャドウィック・ワン(インドネシア)は舞台裏の羽生との2ショットを公開。くしゃくしゃの笑顔にした表情に、海外ファンから「これはアメージング」などと歓喜の声が上がっている。

 リンクを離れれば、王者も優しげな姿に戻る。チャドウィックはSP後にインスタグラムを更新。1枚の画像を公開した。

 黒のダウンジャケットを羽織り、笑みを見せるチャドウィック。その隣でくしゃくしゃな笑顔を浮かべているのは、羽生だった。日本のジャージをまとい、チャドウィックが手に持ったくまのプーさんのキャラクター「イーヨー」のイラストを指さし、おちゃめにポーズを取っている。なんともリラックスした雰囲気が伺える1枚だ。

 投稿では「プーさんの後に滑って、気分はまるでイーヨーだね」とつづり、羽生との2ショットを公開。海外ファンは「オーマイガー! すごい嫉妬してまうわ」「降り注ぐプーさんはどうだった?」「プーさんのどれかになりたかった」「これはアメージング。アハハ」「オーマイガー ユヅル!!」「ユヅウウウウウウ」とコメントを寄せ、反響を呼んでいた。

 シーズンに入り、リンクでは真剣勝負が繰り広げられるが、一歩離れれば、こうしてスケーター同士のフレンドシップな姿が見られることも魅力だろう。

羽生結弦、21日開幕シーズン初戦「注目は日本の五輪王者ユヅルだ」

THE ANSWER によると。

羽生の初戦オータムクラシックが21日に開幕、女子は樋口、メドベージェワも
 平昌五輪フィギュアスケート男子で連覇を達成した羽生結弦(ANA)が今季初戦として出場する「オータムクラシックインターナショナル」(カナダ・オークビル)が20日(日本時間21日)開幕する。いよいよ始動する王者を、IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」が特集している。

 オータムクラシックには羽生のほか、女子では樋口新葉(開智日本橋学園高)、松田悠良(中京大)が出場。海外勢では平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)も登場する。豪華なメンバーがそろうが、勿論筆頭は日本の絶対王者だ。

「44人のスケーターが今週末のオータム・クラシックにエントリーしているが、フィギュア界の注目ははっきりと2選手に注がれている。日本のオリンピックチャンピオン、ユヅル・ハニュウと平昌で銀メダルを獲得したエフゲニア・メドベージェワだ」

 同サイトはこうつづり、羽生とメドベージェワへの注目度の高さを紹介。「トロント郊外で行われるこの大会は、スケーターやファンにとっては2018-2019シーズンを占うものである。グランプリは1か月後のスケート・アメリカから始まる」とフィギュアファン必見の大会であることにも触れている。
4回転アクセルはお披露目はお預け?オーサー氏が明言
 記事では羽生の今季の新プログラムについて、ショートプログラムが「Otonal(秋によせて)」、フリーが「Origin」に決まったことについて、自身にとってのアイドルでもある元全米王者ジョニー・ウィアーや、皇帝エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)にちなんだものであることを紹介している。

 また先日のカナダ・トロントでの会見で、羽生が、未だ誰も成功させたことのない4回転アクセルに挑戦する可能性に触れたことにも言及。その上で、「しかし、ファンがトロントで4回転アクセルを目にすることは恐らくないだろう。コーチであるブライアン・オーサーは、ハニュウが万全の状態を維持することが最優先だとしている」と続けている。

 さらには、メドベージェワについても取り上げ、今回がオーサー門下生としての初戦であることも紹介。「先日のテスト演技会では転倒もあったが、彼女は20%の力でしか滑っていなかったと語っている」と伝えている。

 ファンにとっては待ち焦がれたシーズン初戦。平昌五輪以来、約7か月ぶりの表舞台でどんな演技を見せてくれるだろうか。

宮原知子がフリーもトップ、今季初戦から200点超えで頂点に

日刊スポーツ によると。

ショートプログラム(SP)首位で平昌五輪4位の宮原知子(20=関大)がフリーもトップの133・70点で合計201・23点とし、今季初戦から200点超えで頂点に立った。

新フリー「インビエルノ・ポルテノ」を、黒を基調に赤を加えた衣装で実戦初披露。冒頭の3回転サルコーが空中で抜け、続く3回転ルッツで転倒するなど出だしでつまずいたが、演技終盤に2つの連続ジャンプ、1つの3連続ジャンプを決めるなど立て直した。3つのスピンとステップは全て最高評価のレベル4。演技直後はあまり表情を変えることなく、得点の発表を待っていた。

宮原は今季について「リセットのシーズン。新しいことにチャレンジするシーズンにしたい」とテーマを設定している。今後はフリーのみのジャパン・オープン(10月6日、さいたまスーパーアリーナ)を経て、グランプリ(GP)シリーズ初戦のスケートアメリカ(10月19~21日、米エバレット)に向かう。