宇野昌磨V3…新ルールに対応も「きつかった」

日刊スポーツ によると。

男子フリーで平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)銀メダルの宇野昌磨(20=トヨタ自動車)がフリー1位の172・05点でショートプログラム(SP)からトップを守り、計276・20点で3連覇を果たした。従来の4分30秒から4分へ短縮された新ルールに、疲れものぞかせながら今季初戦を制した。SP5位の友野一希(同大)は5位。第2日の14日は女子フリーでシニア1年目の山下真瑚(愛知・中京大中京高)が3位、坂本花織(シスメックス)が4位に入った。

4分間で力を出し尽くした宇野が、右膝に手をついた。リンクから引き揚げる際、足がぐらつく。「思った以上にきつかった」。そう苦笑いしながらも、今季初戦で3年連続となる表彰台の頂点に立った。

練習してきたとはいえ、未知の演技だった。今季の新ルールで演技時間が30秒短縮。だが、ジャンプが8本から7本に減っただけで、残りの要素は従来通りだ。冒頭の4回転サルコーなど、序盤から着氷時に耐えるジャンプが続き「こらえる降り方ばかりで、いつも以上に体力を使ったのもあったと思う」。中盤では、ほとんど実戦でミスをしないトリプルアクセル(3回転半)で転倒し「踏み込みがいつもより甘かった」と照れるように振り返った。

それでも収穫は多い。新プログラムだった「月光」だが「ジャンプ以外は結構滑っていた」と音を丁寧に拾っていった。体力的に厳しい中でもスピン3つは全てレベル4の最高評価。昨季終盤で封印した4回転サルコーも、2・13点の減点ながら着氷させ「上出来だと思います」と笑った。

1年前は自己ベストの合計319・84点をマーク。だが、練習に見合わない高得点に驚き、戸惑った。一方、懸命に滑りきった今季初戦からは「今年の方が手応えというか『自分でつかみとった演技』っていう実感がある。これが今の自分の実力と再確認した」。10月6日のジャパンオープン(埼玉)を経て、向かうはグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ(同26~28日、ラバル)。「次に向けて頑張りたい気持ちが芽生えました」。疲れた体にスイッチが入った。

坂本花織、悔し涙「『何が起こったんかな』って思うぐらい、ミスが多すぎて…。やってしまった」

日刊スポーツ によると。

2月の平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)で6位と健闘した坂本花織(18=シスメックス)が今季国際大会初戦で、悔しいスタートなった。49・91点と得点を伸ばせず、演技後は左手を額に当てて暗い表情。涙を流して「『何が起こったんかな』って思うぐらい、ミスが多すぎて…。やってしまった…」と振り返った。

新SPは、デービッド・ウィルソン氏が振り付けを手がけた「フロム・マイ・ファースト・モーメント」。この夏、坂本は「初めてのボーカル。外国人には曲の意味が分かる」と新たな挑戦に戸惑いながらも、完成度を高めることを目指して取り組んできた。

この日は、グラデーションがかかった紫の衣装で登場。冒頭の3回転フリップでは回転軸がぶれて転倒した。「いつもならすごく緊張して、(演技が)始まって落ち着くんですが、今回は全く緊張がなかった」。普段と比べての違和感を感じながら、続くダブルアクセル(2回転半)は着氷させたものの、演技後半の3回転ループは空中でほどけて2回転となった。

今季初戦となった8月のげんさんサマーカップでは、後半の3回転ループが回転不足となるなど、SP62・51点の4位。前回は国際スケート連盟非公認大会だったが、今季の国際大会初戦でも課題を多く残すスタートとなった。

「明日のフリーは今日の失敗を完全に忘れて、『一からやりきるしかないな』って思います」

五輪を経験した実力者は、ここからの立て直しに目を向ける。

WDW・アニマルキングダム・「フェスティバル・オブ・ザ・ライオン・キング」

 

 懐かしい「ライオン・キング」のあの歌が聞こえてくると、思わず手拍子してしまう。にぎやかで陽気なお祭りが始まります。楽しい歌と踊り、アクロバティックなパフォーマンスでステージを盛り上げてくれるのは、シンバ、ティモン、そしてプンバです。

WDW・アニマルキングダムのエクスペディション・エベレスト

IMG_5448

2006年4月、約34メートルの急降下や、神秘的なイエティとの衝撃的な遭遇などといった背筋も凍る恐怖体験を経験できるスリリングな暴走アドベンチャー、エクスペディション・エベレストが登場しました!
このアトラクションは、世界のディズニー・テーマパークで18番目の山形のアトラクションとなり、フロリダ州内最高峰となる約60メートルの高さを誇ります。