高橋大輔、復帰宣言からぶっつけ実戦へ

 
スポーツ報知 によると。

 男子フィギュアスケート2010年バンクーバー五輪銅メダリストで今季現役復帰を表明した高橋大輔(32)が左足内転筋を肉離れし、プリンスアイスワールド広島公演(18、19日、広島サンプラザホール)とフレンズオンアイス(24~26日、コーセ新横浜スケートセンター)での演技を見送ることを17日、自身のホームページで発表した。
 両アイスショーで今季の新プログラムを披露する予定だった高橋は、年末の全日本選手権の予選を兼ねる近畿選手権(10月5~8日、尼崎スポーツの森)でのぶっつけ実戦復帰が決まった。
 16日に病院で検査。足の状態は深刻ではなく、あくまでも試合をみすえて大事をとった。以下、ホームページに掲載された高橋のコメント。
 「競技会復帰に向けてトレーニングを重ねてきましたが、練習中に怪我をしてしまい、検査の結果、軽度の左足内転筋肉離れと診断されました。ドクターやトレーナーと相談し、誠に残念ですが、大事を取ってプリンスアイスワールド広島公演およびフレンズオンアイスでの滑走を取りやめとさせていただきます。応援いただき両公演を楽しみにしてくださっていた皆様、主催者をはじめ関係者の皆様には、ご心配とご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございません。プログラムを滑ることはできませんが、両公演とも氷上にて皆様にご挨拶をさせていただきたいと思います」

浅田真央、“打ち上げ集合写真”に大反響「素晴らしいチーム真央」

THE ANSWER によると。

フィギュアスケートのバンクーバー五輪銀メダリスト・浅田真央さんが総合演出を務めた「浅田真央サンクスツアー」の長野・軽井沢公演が2、3日に行われた。5月に新潟でスタートしたショーの第2弾。大盛況のうちに軽井沢公演を終え、真央さんは姉の舞さんら、出演者との集合写真をインスタグラムで公開。反響を呼んでいる。
 長野のフィギュアファンを大いに盛り上げた真央さん。2日間の公演を終え、出演者が勢ぞろいの写真をアップした。中央にいる真央さんは薄いピンクの衣装。そのサイドには労うように手を肩にそっと乗せる姉の舞さんが。バックには今季限りで競技を引退した無良崇人さんの姿もあった。
 真央さん以外はみな白の衣装で統一されている。出演者10人の一体感が伝わってくるような1枚だ。ファンからは「真央ちゃんの作り上げたショー、素晴らかったです」「泣けました!」「とても感動しました!」「本物の真央ちゃんを見れて感動で涙が止まりませんでした」「素晴らしいチーム真央」などと感謝のメッセージが相次いでいた。
「長野 軽井沢公演 無事に終わりました ありがとうございました 次は北海道です」と真央さんは公演の終了を報告。次回の「サンクスツアー」は7月22、23日に北海道で行われる。

TDLのスペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」

Impress Watch によると。

 オリエンタルランドは12月26日、東京ディズニーランドで2017年1月13日~3月17日に開催するスペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」において、ナイトエンタテイメントであるキャッスルプロジェクション「フローズン・フォーエバー」を実施する。
 開催に先駆け、ショーの制作者であるスティーブン・デイヴィソン氏自らが語る、見どころなどを解説した動画を公開した。動画には「フローズン・フォーエバー」の一部も含まれている。
 ナイトエンターテイメント「フローズン・フォーエバー」はディズニー映画「アナと雪の女王」のシーンをシンデレラ城に投影し、構成されるキャッスルプロジュクション。公演時間は約15分で、1日1~2回公演される。