4月 132017
 

読売新聞 によると。

 東京都内で12日、現役引退の記者会見を開いたフィギュアスケートの浅田真央さん(26)の会見での主なやり取りは次の通り。

 ――いつ引退を考えるようになったか。

 「(現役)復帰して2シーズン目は、何とか頑張ろうという思いだけでやってきたが、最後の全日本選手権でもういいんじゃないかと思った。気持ちも体も、気力も全部出し切ったので、今は挑戦したことに何も悔いはないです」

 ――決断まで時間がかかった。

 「復帰の際に掲げた五輪に出るという目標を(途中で)やめてしまう自分が許せないと思いながら、最終的に話し合いをして決めたのが2月だった。最終的に決めたのは自分自身」

 ――生まれ変わるならスケーターになりたいか。

 「26歳までスケートを続けて、何も悔いはない。もし人生がもう一度あったら、スケートの道には進まないと思います」

 ――現役生活で最も印象に残る演技は。

 「一つというのは難しいが、やはりソチ(五輪)のフリー。挽回の演技が出来て良かった」

 ――トリプルアクセルについて。

 「自分の強さでもあったが、悩むことも多かった。何でもっと簡単に跳ばせてくれないの、と思っていた。全日本で最後にトリプルアクセルに挑戦できたのは自分らしかったと思う」

 ――ライバルだった金妍児(キムヨナ)さんへの思いは。

 「15歳頃から同じ試合に出場してきた。互いにいい刺激を与え、もらいながら、スケート界を盛り上げてきたと思う」

 ――自分を褒めるとしたら、どんなところか。また、今後はどのような活動をしたいか。

 「すぐに飽きてしまう性格だが、5歳から続けてこられた。自分にすごいね、と言いたい。これから、どんな形でもフィギュアに恩返しをしていきたい」

 ――フィギュアスケートとはどんな存在か。

 「ひと言で言えば、人生かなと思います」

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>