4月 112017
 

東スポWeb によると。

 元フィギュアスケーターのタレント・浅田舞(28)が11日、前日に現役引退を発表した妹・浅田真央(26=中京大)について心境を明かした。

 この日、横浜市内で行われた出演舞台「SAMURAI ROCK ORCHESTRA AMAZING八犬伝」(28~29日、ディファ有明)の公開稽古後に報道陣の取材に対応。「本当にお疲れさまでしたという言葉と、ありがとうという気持ちを伝えたい」と涙を流した。

 前日に真央がブログで引退を発表してから、まだ会っていないというが「“今日、発表するよ”っていう日には会っていた。ついにこの日が来たんだなと思った」と明かすと「真央は明るく晴れやかな気持ちで次に向かって歩き出したので、私が涙を流しちゃいけない。今後も姉妹で助け合っていきたい」と話した。

 報道陣から「これから姉妹でやりたいこと?」を問われると「姉妹の時間を大切にしたい。実は姉妹でゆっくりお酒を飲んだことがないので、お酒を楽しみたい」と告白。また、フィギュア選手ならではの願望として「ずっと寒いところにいたので、暖かいところに旅行に行ってみたいですね」と笑顔を見せた。

 妹への思いを改めて問われた舞は「妹からは現役生活を通じて、どんな時でも学ばせていただくばかりで、本当に感謝の思いでいっぱいです」と話し「私の方が2年早く生まれて少しだけフィギュア以外のこともしているので、いろんな話をしながら、姉妹の時間を大切にしていきたい」と引退後も姉として協力していくことを誓った。

 同舞台は、元体操選手の池谷直樹(43)が総合演出を手掛け、元スポーツ選手が多数出演する。

 池谷は2012年から毎年新作を創作。昨年上演された「マッスルミュージカル『ふしぎの国のアリス』」で舞はアリス役を務め、今回は悪役として華麗なインラインスケートも見せる。

 報道陣から「真央に出演オファーを出すか?」と聞かれた池谷が「それはね!」と答えると、舞は「ちょっと待ってください!」。

 続けて「ここは私に言わせてください」とお願いし「初共演したいけど、(今回は)舞台は私が立って、妹は見に来てもらえたら」と姉の意地を見せた。

 今後については「舞台初挑戦させてもらえたり、ほかのお仕事もそうですけど、いろんなことを経験させていただいている。これからの人生のほうが長いので、いろんなことを姉妹ともども挑戦して経験していきたいと思います」と2人で様々な仕事に挑戦する覚悟も明かした。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>