織田信成、高得点に「今季も頑張れそう」非公認ながら“羽生超え”

デイリースポーツ によると。

 プロアマ混成の日本、欧州、北米チーム対抗戦「ジャパン・オープン」が行われ、合計621・91点のチーム日本が2年ぶり9度目の優勝を果たした。2位は欧州で558・14点、3位は北米で516・45点だった。

 競技はフリーのみで行われ、チーム日本の先陣を切った織田信成(31)が、国際スケート連盟(ISU)非公認ながら、176・95点の高得点を出し、羽生結弦(ANA)が先月のオータムクラシックで出した165・91点を上回る高得点。冒頭の4回転トーループ-3回転トーループでGOE(出来栄え点)3・26と大きく加点がつくと、その後もトリプルアクセル、3回転ルッツなど次々と高得点ジャンプに成功した。

 最後は「ヤングマン」の「Y・M・C・A」に合わせてポーズを繰り出し、全出場選手の中で最もファンを沸かせた。個人では平昌五輪男子銀メダリスト、宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=186・69点で1位、織田は2位だった。

 5年前に現役を引退したが、この大会では好成績を残してきた。昨年は4年ぶりに4回転ジャンプを2本決める活躍。「去年を最後にするはずだったけど、平昌五輪で頑張るみんなの姿を見て、ルールが変わったこともあり、もう一度頑張ってみようと思った」と振り返った。GOEの幅が広がった新ルールで、この日3点以上の加点がついたのは宇野と織田だけだった。

 現役時代からライバルだった高橋大輔は今季、現役復帰したが、織田は指導者、タレント、シーズン中は解説者として活躍している。ファンからの大声援に「たくさんパワーをいただいた。今季も頑張れそうです」とフィギュアシーズンの佳境を前に、気合を入れていた。

高橋大輔、4回転の練習をせず、今回は(4回転を)挑まない…。

スポニチアネックス によると。

 ――演技構成で4回転を入れる予定は。

 「今回はけがの影響もあって4回転の練習をしていません。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)までを入れる予定です。再発が怖かったので、4回転の練習をせず、今回は(4回転を)挑まないでおこうということです」

 

ザギトワ、今季も強い…2位以下に30点近い差で圧勝

THE ANSWER によると。

今季初戦ネーベルホルン杯で合計238.43点、
 フィギュアスケートのネーベルホルン杯(ドイツ)は28日、女子フリーで平昌五輪金メダリストのショートプログラム(SP)首位、アリーナ・ザギトワ(ロシア)が158.50点をマーク。女子世界最高となる合計238.43点を叩き出し、圧倒的な強さで今季初戦を優勝で飾った。2位以下に30点近い差をつけ、海外記者も「世界新記録を成し遂げるのに十分なものだった」と賛辞を送っている。

 五輪女王が堂々たる演技を見せた。昨季までのチュチュのスタイルを一変させ、黒と赤の衣装で新プログラムの「カルメン」を披露。後半に連続3回転を成功させるなど、質の高い演技を見せつけた。フリーも1位となる158.50点をマーク。ルール変更に伴い、得点記録はリセットされており、合計238.43点は新たな世界最高得点となった。

 米国の熟練記者、フィリップ・ハーシュ氏は「オリンピック・チャンピオンのアリーナ・ザギトワはネーベルカップで良いデビューを飾った。ミスはわずかで、彼女の2回の滑りは世界新記録を成し遂げるのに十分なものだった。彼女はSPでの79点に加えて、158.50点を今日のフリーで得た」とツイート。新たな世界最高得点に足る内容だったと賛辞を送っている。

 今後のグランプリ(GP)シリーズへ弾みをつけたザギトワ。新シーズン、どんな活躍を見せてくれるのか、期待が膨らむ今季初戦となった。