「浅田真央を知らない人」の登場でSNSも騒然「どうやって生きてきたんだろう?」

ザテレビジョンによると。

4月13日放送の「ニノさんSP」(日本テレビ系) は、ゲストに浅田真央が登場。浅田のことを全く知らないという一般人をスタジオに呼び、その人がどんな人なのかを検証した。

浅田真央と石川佳純の初対面2ショット実現! 真央「もっと年下かと思ったら2つしか変わらなくて…」

浅田本人も、自分を知らない人と会ったのは「外国人くらい」と言い「日本で私知らないって人いるのかな?」と考えて込んでしまうほど。二宮和也も「そうだよね、そうだよ」と納得。だが浅田はこの企画に前向きで「(自分を知らない人に)会ってみたいです! “私って何してる人ですか?”って聞いてみたいです」と楽しみにする。

そんな中、街頭で見つけた浅田を知らない人が2名、スタジオに登場。二宮がオリンピックを観ないのかと聞くと、興味がないと答え、二宮のことも知らないという。スタジオゲストの宮田俊哉が「どの程度の情報が入ってないのか」と、平成の次の元号を聞くと、それもわからないという。それには後藤も「知らんすぎひん!?」と驚く。

そのうちの一人の31歳の男性は、普段は穴だらけの服で過ごすほどドケチで、趣味は音楽制作。ただバーレーン生まれ、イギリス育ちで中学生の時にレコード会社を起業。帰国後、現在は実業家としてレストランなどを経営、オリジナルのスパークリングワインも開発したという。浅田を知らない理由としては「自分の世界でずっと生きているので、その世界に関わっている人以外には興味がない。テレビも見ない」からと語った。

もう一人の21歳の男性は、私服のほぼすべてがワークマンで購入した作業着、部屋にはレプリカのチェーンソーなど武器が多く置かれている、少し変わった人物。テレビはリアクションが大げさで、ヤラセもあるのではないかと考えたことから、テレビに興味がなくなったという。

そんな中、21歳の男性を浅田のアイスショーに招待。最初は全く興味がないと言っていたが、見てみると「超キレイ」と感動。終わった頃には「真央ちゃん~!」と浅田の名前を叫んでしまうほどのファンに。吉村は「虜じゃねーかよ」とツッコミを入れ、後藤も「骨抜き~」と呆れるが、浅田は「フィギュアスケートを知らない人によかったよって言ってもらえるのはすごい嬉しい」と喜んだ。

SNSには「浅田真央ちゃんを知らないって、どうやって生きてきたんだろ」「次の元号知らないなら 浅田真央ちゃんも知らないわ」「浅田真央や嵐を知らないの衝撃」などのコメントが上がっていた。

ザギトワ、チュチュ姿のマサルは念願だった 「絶対に着せようと…」と秘話明かす

THE ANSWER によると。

ロシア番組にマサルと出演、近いうちに日本のショーに連れて行く希望明かす
 フィギュアスケートの平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)がロシアの人気番組「ヴェーチェルヌイ・ウルガント」に出演。ザギトワの衣装を模したチュチュ姿の愛犬マサルと共演し、話題を呼んでいるが、放送された番組ではお揃いの衣装を着せることが飼う前からの念願だったと告白。日本に連れていく計画も明かしている。

 出演に際し、インスタグラムでチュチュ姿の愛犬マサルと赤で統一した“お揃いコーデ”の写真をアップし、話題を呼んでいたザギトワ。ロシアでマルチタレントとして知られるイワン・ウルガント氏が司会を務める人気番組でマサルに対する愛を語った。

 番組が始まり、ザギトワとマサルが登場。挨拶を交わした司会者から「私たちをワンちゃんに紹介して下さい」と促され、「全くの偶然で私は彼女をプレゼントされました」と答えたザギトワ。秋田犬が好きとインタビューで語ったこと、親に五輪でいい演技をしたら飼ってもいいと言われたことなど、日本からの贈呈の経緯を明かした。

 ただ、今回登場したマサルは平昌五輪のフリーで演じ、金メダルを獲得した際の赤いチュチュ姿の衣装を模したドレスを着ている。そのことについて問われると「日本で私は雑誌でこの美しい犬を見ました。そして、その後に私のロッカーに(平昌五輪の)自分の衣装が吊るされたんです」と明かし、続けて驚きのエピソードを明かした。
マサルを初めてリンクに連れて行ったら「彼女はなぜか走り始めず…」
「そして、私は自分に言ったんです。『もし秋田犬を飼ったら、絶対にこの衣装を着せよう』と」。マサルを飼う前から衣装を着せることは念願だったというのだ。また、近いうちに日本のショーに連れて行く希望を明かし、司会者から「彼女はあなたがスケートをする姿を見るのが好きですか?」と問われると、マサルとの秘話も語った。

「彼女は自分で滑ります。きっと彼女はそこ(日本)でリンクに出るでしょう。私が彼女を初めてリンクに連れて行った時、彼女はなぜか走り始めず、リンクを舐め始めたんです。とっても変でしたけど、もちろん、その姿も好きになりました」。ユーモアを交えながら、マサルとの日常に巻き起こる出来事を愛情たっぷりに披露していた。

紀平梨花が五輪へ立ち位置確認「雲に隠れているような」

日刊スポーツ によると。

フィギュアスケート女子でシニア1年目を駆け抜けた紀平梨花(16=関大KFSC)が「令和」の新時代に、22年北京五輪金メダルへの山を登る。14日はマリンメッセ福岡で世界国別対抗戦のエキシビションに出演。5月から始まる令和に「新しい時代にしっくりくるいい名前」と思いをはせた。来季に向けて休む間もなく4回転ジャンプの習得と、振り付けに着手する。

スケート界に新風を送り込んだ紀平が、今季最終戦を終えて1つの「山」を思い浮かべた。頂上は22年北京五輪金メダル。シニア1年目からグランプリ(GP)ファイナル優勝など快進撃を続けたが、16歳は冷静に「五輪はまだ雲にちょっと隠れているような感じ。五輪まで長いし、明日ケガをしたら終わりだし…。何歩もまだ進めていないと思う」と立ち位置を示した。

新元号の「令和」には、新鮮な思いを抱く。「新しい時代にしっくりくる、すごくいい名前だなと思います」。そんな意識を持ちつつも「『新しい時代が来たんだな』って思うけれど、まだまだ自分の中ではスケート人生の中の1年」と、やるべきことを自覚する。

5月からは本格的に新プログラムの振り付けや、4回転ジャンプの習得に着手。来季のショートプログラム(SP)はカナダの女性振付師シェイリーン・ボーン氏に初めて依頼する。ボーン氏は男子の羽生結弦(ANA)が金メダルを獲得した、平昌五輪フリーの「SEIMEI」など数多くのプログラムを担当。フリーは今季に続いて米国のトム・ディクソン氏が手がけ、紀平は「初めは難しいような曲とか、自分が苦手と思うような曲をわざと選んでいきたい」と意気込む。

頂上の雲は確実に1年前より薄くなった。さらに視界を良くするために、オフの過ごし方が重要だと自分で理解する。「令和は来ると思うんですけれど、自分のスケートは変わらず同じことをしていくだけです。ケガせず。ギリギリでケガをしないところで努力していきたい」。新時代の象徴となるべく、紀平は1歩ずつ進んでいく。

紀平梨花、フリー5位で「もっともっと引っ張っていけるような演技がしたかった」

デイリースポーツ によると。

 女子フリーが行われ、SP1位の紀平梨花(16)=関大KFSC=は冒頭の3回転アクセルを含む2度の転倒があり、得点は138・37点で5位だった。今大会は団体戦で1位は米国で117ポイント。日本は104ポイントの2位で、連覇はならなかった。3位はロシアの102ポイントだった。紀平は「もっともっと引っ張っていけるような演技がしたかった」と悔しさを言葉に込めた。

 冒頭、連続ジャンプにつなげる予定だった3回転アクセルで転倒。2本目は2回転アクセルから3回転トーループにつなげ、今回のフリーの演技では3回転半の成功はなかった。

 中盤の3回転ルッツ-3回転トーループの連続ジャンプでも転倒するなど、精彩を欠き、自己ベストの154・72点には遠く及ばなかった。演技終了後は両手を合わせて、謝るような姿を見せていた。

 演技後、「もっともっと引っ張っていけるような演技がしたかった。どのジャンプもとにかく全力は尽くせた。もっと準備を万全にしていきたかったけど、かなりきつい試合になってしまった」と反省した紀平。1本にした3回転アクセルについては「朝練の時点でも、6分間練習でも迷っていたけど、1つ目のアクセルがかなり点数を引かれるようなミスだったので、ダブルアクセルにしようと。2本目がばっちり決まる自信があまりなかったので、安全にと」と振り返った。

 上位は1位がエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)で自己ベストの153・89点、2位がブレイディ・テネル(米国)で、自己ベストの150・83点。3位に坂本花織(シスメックス)が146・70点の自己ベストで入った。

 今大会では、SPとフリーでそれぞれ順位に応じたポイントが与えられる。男子、女子、ペア、アイスダンスの順位点(1位が12点、2位が11点…と続く)の合計で団体戦として競う。

宇野昌磨は282・24点…3Aー4Tは転倒で世界初ならず

デイリースポーツ によると。

 男子フリーが行われ、SP3位の平昌五輪銀メダリスト、宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=は、フリー189・46点、合計282・24点だった。

 超攻撃的構成に挑んだ。冒頭の4回転フリップ-3回転トーループを着氷させると、続く4回転フリップも着氷させ、勢いにのった。フリー「月光」にのり後半にはこれまで成功例のなかったトリプルアクセル-4回転トーループの連続ジャンプに挑戦したが、後半の4回転トーループで転倒。演技を終えると、舌を出して悔しさを見せた一方で、充実感も漂わせた。

 4位に終わり「自分自身にがっかりした」と話した3月の世界選手権から、「来季のスタート」と位置付けた今大会。再び世界の頂点を争うために、1つステップを踏んだ。

ディズニーワールドへの夢プラン&ディズニーワールドフォト体験。真央&ネットの話題を探してます。