カテゴリー別アーカイブ: フィギュアな話題

羽生結弦、ヒーローへの敬愛を体で表し世界最高更新

日刊スポーツ によると。

平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)王者の羽生結弦(23=ANA)がSPで110・53点をマークし、首位発進した。GPヘルシンキ大会で出した106・69点の世界最高点を更新し、日本人最多のGP10勝目に王手をかけ、5度目の優勝がかかるGPファイナル(12月、カナダ・バンクーバー)出場へ前進した。

最終12番目の滑走で登場すると、冒頭の4回転サルコー、続くトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)、4回転-3回転の連続トーループを着氷させた。演技後は手をたたく。笑顔で納得の表情を浮かべた。自らの世界最高点を更新した。

「結果としてはノーミス ホッとしている。どちらかというと、今日は準備段階、6分間練習などで反省点があった。不安が大きかった」と安堵するように言った。

幼い頃に夢見た美しさを求めるプログラムだ。曲は「秋によせて」。幼い頃に憧れた元全米王者のジョニー・ウィアー氏の代表作で、この4月本人に直接頼んで同じ曲で滑る許可をもらった。「彼は自分のなかでずっとヒーロー」。

小学校の頃の羽生が夢中になったのは、その美しい動きだった。音にそうように跳ぶジャンプのタイミング、着氷する際のきれいな姿勢、柔らかな手の表現…。ウィアー氏の影響で細部まで神経の行き届く演技を意識するようになった。終盤のコンビネーションスピンの中に組み込まれた腕を動かしながら回るスピンは「彼にインスパイアされて」やるようになったものだ。

ヒーローは恩人でもある。ファッション、美的感覚に優れたウィアー氏には、14年ソチ五輪のフリー「ロミオとジュリエット」の衣装をデザインしてもらい、その後もことあるごとにエールをもらってきた。1戦ごとに精度を磨き、敬愛を体で表現する。

「(今日は)パーフェクトとはいえない出来。反省点を明日の演技につなげたい」。

GPファイナル出場がかかる17日のフリーでは完璧な演技でフィンランド大会で出した190・43点の世界最高点超えも狙っていく。

宮原知子は2位でファイナル進出決定「まだまだ頑張らないと」

スポニチアネックス によると。

 女子フリーで宮原知子(関大)は143・39点をマークし、合計219・47点で2位となり、ファイナル(12月、カナダ)進出を決めた。

 回転不足を防ぐためにジャンプの改善に取り組んできたが、この日は2つの回転不足があり、2度のルッツでは不明瞭な踏み切りと判定され、同じ浜田コーチに師事する紀平には及ばず。「悔しい気持ちもあるけど、まだまだ頑張らないといけないという刺激を受けた」と振り返った。

 ファイナルでは過去、銀メダルが2度。「ファイナルでは今回見つかった課題とか、直してきた課題をしっかりSPとフリーの両方で達成できるような演技をしたい」と大舞台を見据えていた。

高橋大輔、12月の全日本選手権では「最終組でゆづと昌磨と刑事と一緒に戦いたい」

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケート西日本選手権最終日が4日に名古屋市・日本ガイシアリーナで行われ、男子フリーで復帰2戦目の高橋大輔(32=関大KFSC)がフリー161・11点、合計244・67点で優勝し、5年ぶりの全日本選手権(12月、大阪)出場を決めた。

 それでも、演技を終えた瞬間には片手で顔を覆い、首をかしげるしぐさも。「久しぶりの最終滑走で、6分間練習が始まってから緊張が長かった。想像以上に体の動きが悪くて、最初からつまづくところが多くて焦った」と語った。さらに「後半、足に来て、コンビネーションもつなげなかったところがあるし、ステップもいつもの半分以下。体力という部分はまだまだ足りない」と反省の言葉を続けながらも、10月の近畿選手権のフリー118・54点から40点以上上乗せした結果に「近畿ブロックから修正できたところがあったのでよかった。フリーで140点以上取りたいところがあったのでクリアできた」と笑顔を見せた。

 次は5年ぶり出場となる全日本選手権だが「後半、足に来て、コンビネーションもできなかったところがあるし、ステップもいつもの半分以下。体力という部分が足りない」と課題を上げ、それでも「きょうの出来でこの点なら、まだまだ点を上げられる。まだまだ希望が持てる。4回転を1本は入れたい」語った。さらに「フリーで最終グループに入って、ゆづと昌磨と刑事と一緒に戦いたいな、という気持ちがまた改めて強くなった」と羽生、宇野、田中との競演を誓っていた。

坂本花織「勝ったるぞ!」 視線はGPファイナル出場

朝日新聞デジタル によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、フィンランド大会の女子ショートプログラム(SP)が日本時間3日未明にある。シリーズ上位6人が進むGPファイナル(12月、カナダ・バンクーバー)への切符をかけて、神戸野田高3年の18歳、坂本花織(シスメックス)がヘルシンキのリンクを滑る。

 1日の公式練習では連続ジャンプで転倒し、後頭部を強打。「鈍くさいコケ方をした」と恥ずかしそうに頭をさすった。それでも、「最後は(リンクに)慣れた」。2位に入ったGPシリーズ第1戦のスケートアメリカ、全兵庫選手権に続いて3週連続の大会だが、「(疲れは)大丈夫」と笑った。

 視線の先にあるのは、GPファイナルだ。「勝ち抜いた本当に上位の選手しかいない。そういう空間で滑るのは、自分にとってもいい経験になる」。飛躍のためにも必要なステップという位置づけだ。

 今大会で上位に食い込めば、出場が見えてくる。だから、16歳の女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)にも気後れはしていない。「超す勢いでやって、ちょうど。『勝ったるぞ!』という気持ちで頑張ります」

キム・ヨナ-ソン・フンミンらの愛蔵品が低所得層の子供たちのための競売へ

WoW!Korea によると。

キム・ヨナのスケート靴、ソン・フンミンのユニフォーム、ソリョン(AOA)のサングラスなどスターが寄贈した物品が低所得層の子供たちのための分かち合い競売にかけられた。

 ケイオークションは去る30日~11月12日、2度に渡って競売を実施すると明らかにした。

 女子フィギュアスケートの元韓国代表キム・ヨナの直筆サイン付きスケート靴は10万ウォン(約1万円)から競売がスタートする。男子サッカーのソン・フンミンはアジア大会で着ていた代表ユニフォームと同じ製品にサインをし寄贈した。競売開始価格は5万ウォン(約5千円)。

 歌手ソリョンはケースの内側にサインが入ったグッチのサングラス(10万ウォン~)を寄贈。「NU’EST」JRはサイン色紙と共にTシャツを寄贈し、5万ウォンから競売が始まる。

 収益金の全額が韓国内の低所得層の子供たちの支援に使われる。