カテゴリー別アーカイブ: フィギュアな話題

高橋大輔「4回転サルコウが成功すればうれしい」と新たな4回転習得を目標

毎日新聞 によると。

 フィギュアスケート男子の2010年バンクーバー五輪銅メダリストで昨年7月に4年ぶりに現役復帰した高橋大輔(関大KFSC)が12日、東京都内で行われたイベントに出席した。同年12月の全日本選手権で2位に入った32歳のベテランは「現役続行で、全日本(選手権)に向けて頑張っていく」と改めて選手生活を続けることを明言した。

 高橋は昨年の全日本後、「次に復帰は絶対できない。やめるつもりはない。もうちょっとできるはずという自分が出てきているので、すっきり終わりたい」と話し、現役続行の意向を示していた。この日は「スケートができないなってなるくらいまで全力で滑りきりたい」と完全燃焼を誓った。

 現在は4回転トーループが跳べるまで状態を上げており、「4回転サルコウが成功すればうれしい」と新たな4回転習得を目標に掲げた。来季の4回転の本数は「ショートプログラム、フリーで1本ずつ決められるくらい」とし、全日本で挑戦したフリー1本から、演技構成をあげることを目指す。

 高橋は3月の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)代表を打診されたが、来季の国際大会については「B級戦(国際スケート連盟公認の国際大会)とか、やってみたいかな」と意欲をのぞかせた

羽生結弦、来季も現役続ける 4回転半ジャンプへの意欲も

共同通信 によると。

 フィギュアスケート男子で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が11日、東京都内で行われた2018年「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の表彰式に「今シーズンはけがでグランプリ(GP)ファイナル、全日本選手権を欠場してしまった。来シーズンこそGPシリーズを通して優勝を目指したい」と映像でメッセージを寄せ、来季も現役を続ける意向を明らかにした。

 3連覇が懸かる22年北京五輪挑戦については明言を避けており、昨年2月の平昌五輪で金メダル獲得後に「もうちょっと滑る」などと語っていた。来季はクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)を演技に入れることに意欲ものぞかせた。

メドベージェワ、露18歳“天才少女”との抱擁の1枚に反響殺到 「とても可愛い」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートの平昌五輪銀メダリスト、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)がインスタグラムを更新。同じ18歳のセラフィマ・サハノヴィッチ(ロシア)との抱擁ショットを公開。ファンを歓喜させている。

 メドベージェワが公開したのは、ファン必見の1枚だった。エキシビションの衣装姿のメドベージェワと抱き合うのは、同じ18歳のサハノヴィッチ。黒の衣装を身にまとい、微笑みを浮かべている。写真の後方からは強い光が差し込み、2人を照らしている。

 イタリアで行われたアイスショーでの一コマだった。天才少女と呼ばれたサハノヴィッチ。2人はジュニア時代からしのぎを削り、2014年の世界ジュニアではサハノヴィッチが2位でメドベージェワが3位。翌2015年はメドベージェワが優勝し、サハノヴィッチが2位。当時を知るファンからすると、感激の1枚だろう。

「何と美しい」
「あなたは力を持っている」
「あなたは私のインスピレーションとモチベーションの源」
「あなた達が素晴らしい時を過ごすことを願っている」
「温かな感情」
「とても可愛い」
「私はあなた達を信じている」

 など温かいメッセージが続々と書き込まれている。ジュニア時代を共に過ごした2人の仲睦まじい姿は大きな反響を呼んでいる。

テンさん急逝、最後の投稿に今も増える悲しみの声 3万件超「私達は君を忘れない」

THE ANSWER によると。

 2018年も、残り2日。様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「2018年総集編」。今回はフィギュアスケートのデニス・テンさん(カザフスタン)の急逝だ。7月に暴漢に襲われ、亡くなるという痛ましい事件。突然の別れにフィギュア界に悲しみが広がり、テンさんの生前最後のインスタグラムの投稿には5か月経った今もファンから悲しみの声が増え続けている。

 2018年のフィギュア界において、この悲劇を忘れてはいけない。テンさんは7月19日、母国・カザフスタンで暴漢に襲われ、25歳の若さで帰らぬ人になった。名スケーターとの早すぎる別れ。テンさんは18日にインスタグラムを更新し、17日撮影と記載された写真で、ラフなTシャツ姿で知人の女性ら4人と柔和な笑みを浮かべ、リラックスした表情を見せていた。

 これが生前、最後の投稿に。悲報直後から1万8000件を超える悲しみの声が殺到していたが、あれから5か月経った今もコメントが増え続け、その数は今や3万2000件を超えている。

「私たちはあなたの存在を忘れない。あなたがベスト」
「何物にも代えがたい損失だった」
「デニス、あなたが恋しい」
「私の魂」
「まだ信じられない」
「私たちは人生で何が起こるのかを理解できない」
「あなたがこの世を去ってから5か月が経った」
真央、ヨナ、プルシェンコら世界各国の名手も哀悼の意
 同じ時代を戦ったスケーターにとっても悲しみは計り知れなかった。浅田真央さんは「どうして、信じられません、信じたくありません。大切な仲間の命が奪われたなんて、辛いです、悲しいです」と自身のSNSで悲しみをつづり、荒川静香さん、小塚崇彦さん、エフゲニー・プルシェンコ、キム・ヨナ、パトリック・チャンら、世界各国の名手が哀悼のメッセージを発信した。

 テンさんは羽生結弦(ANA)が優勝したソチ五輪でカザフスタンでは史上初となる銅メダルを獲得。同国にとって英雄的な存在だった。その影響力の大きさを示すように死から2日後、カザフスタンの最大都市アルマトイで市民葬が営まれ、5000人のファンが参列。母国の偉人らも駆けつけ、最後の別れを惜しんだ。

 もう二度とテンさんの舞いは見られない。今なお、悲しみが癒えないファンは多い。しかし、同じ時代を生きたスケーターたちは悲しみを胸に、氷上で戦っている。そんな姿をテンさんも優しい笑顔で見守っていてくれるはずだ。

ザギトワらが欧州選手権へ メドベージェワは補欠 ロシア選手権上位ジュニア勢は年齢制限で出られず

スポニチアネックス によると。

 ロシア・フィギュアスケート連盟は23日、欧州選手権(来年1月・ミンスク)の代表選手を発表し、女子はロシア選手権でまさかの5位となった平昌冬季五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(16)、ロシア選手権でシニア最上位の4位に入ったスタニスラワ・コンスタンチノワ(18)、6位だったソフィア・サモドゥロワ(16)が名を連ねた。

 ロシア選手権で女子はジュニア勢が表彰台を独占したが、年齢制限のため上記の3人が選出された。欧州選手権の結果を踏まえ、世界選手権(来年3月・さいたま)代表を決めるという。

 肺炎で入院しロシア選手権を欠場したエリザベータ・トゥクタミシェワ(22)、同選手権7位のエフゲニア・メドベージェワ(19)が補欠となっている。

 男子はロシア選手権で3大会ぶりに優勝したマキシム・コフトゥン(23)、2位のミハイル・コリャダ(23)、3位のアレクサンドル・サマリン(20)の上位陣3人が順当に選ばれた。

 アンドレイ・ラズキン(21)、ドミトリー・アリエフ(19)、セルゲイ ・ ボロノフ(31)が補欠となっている。

 また、ユニバーシアードの代表も発表され、女子がコンスタンチノワ、トゥクタミシェワ、男子がコフトゥン、サマリン、ラズキンが選ばれている。