カテゴリー別アーカイブ: ディズニーの話題

ディズニー実写版『アラジン』の豪華予告編が解禁、物議を醸した出演者も発表

Rolling Stone Japan によると。

ディズニー不朽のアニメ『アラジン』のガイ・リッチー監督による実写版の予告編が解禁された。物議を醸していた出演者も発表され、出演はウィル・スミス、メナ・マスード、ナオミ・スコットなどの予定だ。

ディズニーから、ガイ・リッチー監督による実写版『アラジン』の予告編が届いた。実写版では、ジーニー役をウィル・スミス、主役のアラジン役をメナ・マスード(『ジャック・ライアン』出演)、ジャスミン役をナオミ・スコットが演じる。目にも麗しい予告編では、架空の王国アグラバーの広大な砂漠の風景に続き、ジーニーの魔法ランプをのぞき込むアラジンの姿が映し出される。

その他の共演者は、ナシム・ペドラド(ダリア役)、ビリー・マグヌッセン(アンダース王子役)、マーワン・ケンザリ(ジャファー役)。全米劇場公開は2019年5月24日を予定している。

新生『アラジン』は2016年に製作が発表されたが、当初は「全員白人キャストになるのでは」との噂がたち、物議をかもしていた。ディスニーはその後、エジプト生まれのカナダ人俳優マスードをアラジンに起用することを発表した。

『アラジン』は、一連のディズニー名作アニメの実写化企画のひとつ。今後『ライオン・キング』や『リトル・マーメイド』『わんわん物語』『リロ・アンド・スティッチ』などが実写化を控えている。なかでも注目を集めているのは、ティム・バートンが手掛ける実写版『ダンボ』。出演者には、コリン・ファレル、マイケル・キートン、ダニー・デヴィート、エヴァ・グリーン、アラン・アーキンらの名前が挙がっている。

シンデレラ&ベルに続く新たなプリンセス“クララ”に注目『くるみ割り人形と秘密の王国』

cinemacafe.net によると。

17歳の美少女マッケンジー・フォイにキーラ・ナイトレイ、モーガン・フリーマン、ヘレン・ミレンらが豪華競演を果たす、ディズニーの『くるみ割り人形と秘密の王国』。これまでのディズニー実写映画では、シンデレラやアリス、ベルなど、数々のプリンセスたちが活躍してきた。今年の秋、壮大な物語の扉を開けようとしているのは、新たなるヒロイン、クララという1人の少女だ。

『美女と野獣』のディズニーが、超一流のスタッフ&キャストを結集して贈る本作。これまでのディズニー実写映画に登場してきた歴代のヒロインたちは、自分に自信が持てず、人生を模索していたり、辛い出来事があったりする中でも、ひたむきに努力し、困難に立ち向かい、“自らの力”で運命を切り開いてきた。そうした美しさだけにとどまらない彼女たちの勇敢な姿が、世界中の女性に勇気を与えてきたのだ。

▼『シンデレラ』のエラ/リリー・ジェームズ(2015年)
世界中の誰もが知るプリンセス、シンデレラ。物語の主人公・エラは幼くして母を亡くし、その後、父親も亡くしてしまったことから、継母とその娘たちのいる家で暮らすことになる。灰をつけたままの姿を見た義理の姉たちから“灰まみれのエラ=シンデレラ”と呼ばれ、大笑いされても、母が教えてくれた「勇気と優しさを忘れないで」という言葉を常に忘れなかったエラ。

そんな彼女の前にフェアリー・ゴッドマザーが現れたことをきっかけに、王子に会うため、勇気を振り絞って、継母たちがいる舞踏会に向かうことを決める。鮮やかなブルーのドレスを身に纏い、舞踏会の会場にいた全員が彼女の美しさに目を奪われるシーンは、世界中を感動に包み込んだ。

シンデレラを演じたのは、当時、海外ドラマ「ダウントン・アビー」に出演する新進女優だったリリー・ジェームズ。彼女がシンデレラという大役を演じたことで一躍脚光を浴び、人気女優として成長していく姿は、リアルなシンデレラストーリーを歩んでいると話題を呼んだ。

▼『美女と野獣』ベル/エマ・ワトソン(2017年)
ディズニー・アニメーション不朽の名作『美女と野獣』の実写化。主人公のベルは、聡明で心優しく、勇敢な魂を秘めた美しい女性。読書や空想な好きなことから、村の住人からは「変わっている」と言われており、周りから本当の自分が受け入れられないことに“孤独”を感じていた。そんなベルは父がさらわれたことをきっかけに、城に住む魔女の呪いによって野獣の姿に変えられてしまった王子と出会ったことによって、“ありのまま”の姿でいることの大切さを知る。

彼女は、父親の代わりに自分が城に閉じこもることを決めたり、野獣に心を開いて会話しようとしたり、自ら物事を動かそうとする積極的な女性だ。ただ待っているだけのヒロインではなく、自ら運命を切り開いていくという新しいヒロイン像は“女性が憧れる”プリンセスとして大人気に。まさに、『ハリー・ポッター』シリーズで知られたエマ・ワトソン自身とも重なるヒロインとなった。

▼『くるみ割り人形と秘密の王国』のクララ/マッケンジー・フォイ(2018年)
新たなディズニーのプリンセスは、まだあどけなさの残るクララという少女。愛する母親を亡くし、その悲しみで心を閉ざしていた。そんな彼女がクリスマス・イヴの夜に“くるみ割り人形”に導かれるように迷い込んだのは、「花の国」「雪の国」「お菓子の国」「第4の国」からなる秘密の王国。その国で、クララはやがて“第4の国”の反乱によって起こった戦いに巻き込まれていく。全ては、亡き母がこの目を奪うほどに美しい世界に隠した<真実>を探す、驚くべき冒険の始まりだった――。

クララを演じるのは、何百人という候補から見事、大抜擢となったマッケンジー・フォイ。彼女は『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』や『インターステラー』などで活躍しており、現在17歳ながらも、その透明感溢れる美しさとオーラで、日本をはじめ、世界中のファンを魅了している。

「くるみ割り人形のマッケンジーちゃん、本当に綺麗」「マッケンジーちゃんがすごい大人になってる!」とSNSでは“マッケンジーちゃん”との愛称で呼ばれ、その成長ぶりに感嘆の声が続出。

今後も、新たなハリウッド女優のアイコンとして活躍すること間違いなし。豪華で華やかなドレスに身を包んだ、マッケンジー演じるクララが、秘密の王国で繰り広げる物語に要注目だ。

『くるみ割り人形と秘密の王国』は11月30日(金)より全国にて公開。

ディズニーならではの美しい映像世界 『くるみ割り人形と秘密の王国』特報&新ポスター公開

ぴあ映画生活 によると。

『美女と野獣』のディズニーが、超一流のスタッフ&キャストを結集して贈る『くるみ割り人形と秘密の王国』。この度、特報映像と新ポスター画像が公開された。

映画という枠におさまらない壮大なスケールで描かれる、美しすぎる映像世界の本作。くるみ割り人形に導かれ、別世界を旅するクララ役に抜擢されたのは、まばゆいばかりの17歳の美少女マッケンジー・フォイだ。さらに、キーラ・ナイトレイ、アカデミー賞俳優モーガン・フリーマンやヘレン・ミレンら豪華キャスト陣に加え、バレエ界からもミスティ・コープランドとセルゲイ・ポルーニンという、今を時めく超一流ダンサーたちの共演が実現。誰もが知るチャイコフスキーの永遠の名曲の数々が全編を彩り、現代音楽界を代表する錚々たるアーティストたちの参加も決定している。

愛する母を亡くし、心を閉ざしたクララがクリスマス・イブの夜に迷い込んだのは、誰も知らない秘密の王国、“花の国”、“雪の国”、“お菓子の国”、“第4の国”からなる“4つの王国”だった。プリンセスと呼ばれ戸惑うクララだが、やがて“第4の国”の反乱によって危機に瀕した王国の戦いに巻き込まれていく。クララに向けられた「見た目に惑わされるな」という忠告。その言葉が意味するものとは? すべては、亡き母がこの目を奪うほどに美しい世界に隠した“真実”を探す、驚くべき冒険の始まりだった……。

公開された特報映像では、主人公クララが迷い込んだ“秘密の王国”の一部がお披露目されている。滝に囲まれたロシアの歴史的建築を思い起こすような重厚な宮殿をはじめとする、まるで夢の中に入り込んだような煌めく世界観は必見だ。主役のフォイ演じるクララや、ナイトレイ演じるシュガー・プラムらが身につける素晴らしいドレスの数々を手がけたのは、アカデミー賞衣装部門に2度輝いたジェニー・ビーヴァン。フリーマン、ミレンらオスカー俳優たちの名演技に加え、一流の制作陣による衣裳や音楽も見逃せない豪華さだ。

さらに、名門アメリカン・バレエ・シアターで黒人女性として初のプリンシパル昇格を果たしたコープランドが本作に加えるバレエのエッセンスにも注目だ。また、『トワイライト・サーガ』シリーズや『インターステラー』の子役から美しく成長した、フォイの可憐な姿は早くも映画ファンの心を捉えており、新映像で見せる様々な表情にさらにファンが増えることは間違いない。

あわせて公開された新ポスターは、クララをはじめとする主要キャラクターが勢ぞろいし、豪華な出演者の顔ぶれはもちろん、ディズニーの描く『くるみ割り人形』の色彩豊かな華やかな世界観を表現しているものだ。

豪華で美しい世界と華やかな衣裳、そしてチャイコフスキーの不朽の名曲に彩られた、ディズニーならではとも言える“究極のプレミアム・ファンタジー”が、この冬、見るものすべてを美しき王国へと誘う。

「MARVEL POP UP STORE」東京・大阪の109に限定オープン、サコッシュやポーチなど販売

映画ナタリーによると。

「MARVEL POP UP STORE」が8月31日から10月31日まで東京・SHIBUYA109、9月7日から10月21日まで大阪・SHIBUYA109 ABENOにオープンする。

109への2度目の出店となる今回は、サコッシュやポーチなどカラフルなファッション雑貨や、8月31日に封切られる「アントマン&ワスプ」のグッズなどが取りそろえられる。1080円以上購入した人には、先着で「アントマン」のピンバッジをプレゼント。店内にはフォトスポットが設置され、SHIBUYA109にはキャプテン・アメリカの等身大フィギュアも並ぶ。

なお、109のブランドとコラボしたアイテムも10月より販売予定だ。展開ブランドなどの詳細は追って発表される。

■ MARVEL POP UP STORE
2018年8月31日(金)~10月31日(水)東京都 SHIBUYA109 地下1階
営業時間 10:00~21:00

2018年9月7日(金)~10月21日(日)大阪府 SHIBUYA109 ABENO
営業時間 10:00~21:00

堺雅人、『プーと大人になった僕』吹替の苦労を明かす 「声優さんって大変」

ぴあ映画生活 によると。

ディズニー映画『プーと大人になった僕』でユアン・マクレガー演じるクリストファー・ロビンの吹替を担当した堺雅人が8月27日に行われた吹替版の完成披露試写会に登壇した。

かつて100エーカーの森で遊んだプーとクリストファー・ロビンが、数十年を経てロンドンで再会し、忘れていた子供の頃の気持ちを取り戻していくさまを描き出す。

ブリティッシュスタイルのスーツに身を包み、プーの座るベンチに腰掛けた堺。本作について「子供の頃の気持ちをなくしてしまった44歳の自分でしかないですが…」と自虐的に前置きしつつ「いまの僕が見てもいろんなことを考えさせられる作品。原作を知らなかったので、かわいらしいクマちゃんの話というイメージでしたが、深くて大人が観ても響く話だなと思いました」と語る。

これまで、アニメーションの仕事は何度か経験があったが、洋画の吹替は初挑戦。「やったことがなかったので、やりたかったです。どなたかの芝居を見てもう一度日本語に変換するってどうなんだろうと興味あった」と語るが、想像以上の難しさだったよう。「普通、(英語のセリフと日本語のセリフの動きは)口に合わないですよね(苦笑)? 声優さんって大変なんだなと。大河ドラマで高木渉さんとご一緒しましたが、すごいんだなと改めて思いました」と語る。

また、実写とCGのプーや仲間たちが一緒になった映像について、堺は「絶妙に“ぬいぐるみ感”が残っています。(ぬいぐるみっぽサを消して)もっと滑らかに生き生きとしてても、それはそれでアリかと思ったけど、ホントにぬいぐるみたちが集まって、少年がしゃべっているあの感じをうまく残してる感じがしました。最新技術を使ってアナログを残すってたぶん難しいことだと思うし、それにチャレンジしてるのが素敵だなと思います」と独特の表現で繊細な映像美を讃えた。

堺自身は、森や川を駆け回るようなタイプではなく「インドア派(笑)」の少年だったそうで「粘土遊びが好きでした」と明かす。3歳になる子供が、同じように粘土遊びを始めたそうだが「油粘土があんなに臭いとは(笑)! 今度買ってみてください。(子供の頃は)ずっと遊んで、そのままご飯を食べてた気がするし、ニオイを全く気にしなかったけど、いまは『うわー! 手を洗いなさい!』って(笑)。(少年の頃を)忘れてしまっていた自分がいますね…」としみじみと語り、会場は笑いに包まれた。

『プーと大人になった僕』
9月14日(金)より全国公開