wpmaster のすべての投稿

羽生結弦、ヒーローへの敬愛を体で表し世界最高更新

日刊スポーツ によると。

平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)王者の羽生結弦(23=ANA)がSPで110・53点をマークし、首位発進した。GPヘルシンキ大会で出した106・69点の世界最高点を更新し、日本人最多のGP10勝目に王手をかけ、5度目の優勝がかかるGPファイナル(12月、カナダ・バンクーバー)出場へ前進した。

最終12番目の滑走で登場すると、冒頭の4回転サルコー、続くトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)、4回転-3回転の連続トーループを着氷させた。演技後は手をたたく。笑顔で納得の表情を浮かべた。自らの世界最高点を更新した。

「結果としてはノーミス ホッとしている。どちらかというと、今日は準備段階、6分間練習などで反省点があった。不安が大きかった」と安堵するように言った。

幼い頃に夢見た美しさを求めるプログラムだ。曲は「秋によせて」。幼い頃に憧れた元全米王者のジョニー・ウィアー氏の代表作で、この4月本人に直接頼んで同じ曲で滑る許可をもらった。「彼は自分のなかでずっとヒーロー」。

小学校の頃の羽生が夢中になったのは、その美しい動きだった。音にそうように跳ぶジャンプのタイミング、着氷する際のきれいな姿勢、柔らかな手の表現…。ウィアー氏の影響で細部まで神経の行き届く演技を意識するようになった。終盤のコンビネーションスピンの中に組み込まれた腕を動かしながら回るスピンは「彼にインスパイアされて」やるようになったものだ。

ヒーローは恩人でもある。ファッション、美的感覚に優れたウィアー氏には、14年ソチ五輪のフリー「ロミオとジュリエット」の衣装をデザインしてもらい、その後もことあるごとにエールをもらってきた。1戦ごとに精度を磨き、敬愛を体で表現する。

「(今日は)パーフェクトとはいえない出来。反省点を明日の演技につなげたい」。

GPファイナル出場がかかる17日のフリーでは完璧な演技でフィンランド大会で出した190・43点の世界最高点超えも狙っていく。

宮原知子は2位でファイナル進出決定「まだまだ頑張らないと」

スポニチアネックス によると。

 女子フリーで宮原知子(関大)は143・39点をマークし、合計219・47点で2位となり、ファイナル(12月、カナダ)進出を決めた。

 回転不足を防ぐためにジャンプの改善に取り組んできたが、この日は2つの回転不足があり、2度のルッツでは不明瞭な踏み切りと判定され、同じ浜田コーチに師事する紀平には及ばず。「悔しい気持ちもあるけど、まだまだ頑張らないといけないという刺激を受けた」と振り返った。

 ファイナルでは過去、銀メダルが2度。「ファイナルでは今回見つかった課題とか、直してきた課題をしっかりSPとフリーの両方で達成できるような演技をしたい」と大舞台を見据えていた。

「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都市伝説は事実だった

ニューズウィーク日本版 によると。

──頻繁に見つかるエリアは「ホーンテッドマンション」
■ アメリカの都市伝説だったものが…

ディズニー作品などをテーマとしたテーマパーク型遊園地「ディズニーパーク」は、子どもから大人まで非日常的な美しい空間を楽しめる“おとぎの国”の代表的な存在だが、米国では、そのイメージに似つかわしくない都市伝説のひとつとして「一部の来園者が敷地内で遺灰をまいている」という噂が広がっていた。

なぜアメリカの下流老人は日本の老人より幸せなのか

そして、このほど、この真偽について取材した米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、この噂が事実であることを明らかにした。

■ 頻繁に見つかるエリアは「ホーンテッドマンション」

この記事によると、米アナハイムのディズニーランドやフロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートでは、施設内で遺灰らしきものが見つかるときに使う特殊な暗号「HEPAクリーンアップ」が存在し、この暗号が伝えられたスタッフは、微細な粒子を取り除くHEPAフィルター(高効率粒子空気フィルター)が装着された掃除機とともに現場に駆けつけ、清掃にあたるという。

施設の守衛やスタッフによると、遺灰が最も頻繁に見つかるエリアは、999人の幽霊が住む不気味な洋館のアトラクション「ホーンテッドマンション」だそうだが、「カリブの海賊」や「空飛ぶダンボ」といった他のアトラクションや、施設内の花壇、茂み、ゲートの外側などでも遺灰が見つかっている。

高温での火葬によって体内の微生物も焼失することから、遺灰に伴う公衆衛生上のリスクはないが、それゆえに、ディズニーパークでの“散骨”が認められるものではない。ディズニーの広報担当者は、ウォール・ストリート・ジャーナルの取材に対して「このような行為は固く禁止されており、違法です。遺灰をまこうとする来園者は、施設内からただちに退去させます」と述べている。

■ スタジアムに遺骨をまいた男性が逮捕された

米国では、ディズニーパークのほか、美術館やスタジアムなどの私有地で許可なく散骨することは軽犯罪とみなされ、罰金などの罰則が科される可能性がある。2005年11月には、NFLフィラデルフィア・イーグルスの本拠地スタジアム「リンカーン・フィナンシャル・フィールド」において、フィールド内に無断で立ち入り、母親の遺骨をまいた男性が逮捕された。

一方、散骨が認められている場所もある。米国の国立公園では、事前に許可を取り、ハイキングコースや遊び場など、人の往来が激しいエリアから離れた場所であれば、散骨できる。また、米国環境保護庁(EPA)のガイドラインによると、陸から3海里(約5.5キロメートル)以上離れた沖であれば、海での散骨も認められている。

大切な故人への想いが込められたものだとしても、違法な場所での散骨は、厳に慎むべきものであろう。思い出の場所にまいたはずの遺灰が掃除機で吸い取られ、他の廃棄物とともに捨てられてしまうとしたら、故人も浮かばれない。

高橋大輔、12月の全日本選手権では「最終組でゆづと昌磨と刑事と一緒に戦いたい」

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケート西日本選手権最終日が4日に名古屋市・日本ガイシアリーナで行われ、男子フリーで復帰2戦目の高橋大輔(32=関大KFSC)がフリー161・11点、合計244・67点で優勝し、5年ぶりの全日本選手権(12月、大阪)出場を決めた。

 それでも、演技を終えた瞬間には片手で顔を覆い、首をかしげるしぐさも。「久しぶりの最終滑走で、6分間練習が始まってから緊張が長かった。想像以上に体の動きが悪くて、最初からつまづくところが多くて焦った」と語った。さらに「後半、足に来て、コンビネーションもつなげなかったところがあるし、ステップもいつもの半分以下。体力という部分はまだまだ足りない」と反省の言葉を続けながらも、10月の近畿選手権のフリー118・54点から40点以上上乗せした結果に「近畿ブロックから修正できたところがあったのでよかった。フリーで140点以上取りたいところがあったのでクリアできた」と笑顔を見せた。

 次は5年ぶり出場となる全日本選手権だが「後半、足に来て、コンビネーションもできなかったところがあるし、ステップもいつもの半分以下。体力という部分が足りない」と課題を上げ、それでも「きょうの出来でこの点なら、まだまだ点を上げられる。まだまだ希望が持てる。4回転を1本は入れたい」語った。さらに「フリーで最終グループに入って、ゆづと昌磨と刑事と一緒に戦いたいな、という気持ちがまた改めて強くなった」と羽生、宇野、田中との競演を誓っていた。

錦織、繰り上がりでファイナル出場「興奮している」

日刊スポーツ によると。

錦織が超エリート大会に戻ってくる。男子テニスのツアーを統括するATP(男子プロテニス協会)は4日、11日から始まる年末上位8人が争うツアー最終戦ATPツアー・ファイナル(ロンドン)から世界4位のフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)が右ひざの骨折のために欠場することを明らかにした。同時に、9番手にいる錦織圭(28=日清食品)が正式に出場権を得たと発表した。

錦織は自身のツイッターで、「まずデルポトロの早期回復を祈っている。とともに、またロンドンに戻れることでとても興奮している」とつぶやいた。錦織は16年以来4度目の出場となる。

錦織は、昨年8月に右手首の腱(けん)を脱臼。ツアーを離脱し、今年1月下旬のツアー下部大会で復帰した。復帰戦の米ニューポートビーチ・チャレンジャー1回戦では、世界200位以下の選手に敗退。一時は最高4位になった世界ランキングも、今年の4月には39位にまで転落した。

しかし、4月のモンテカルロ・マスターズで準優勝し、復活ののろしを上げると、7月のウィンブルドンでは自身初の8強に進出。9月の得意の全米では4強に進み、それ以降、5大会に出場しすべて8強以上。準優勝が2回というハイペースで勝ち星を重ねた。

5日発表予定の最新世界ランキングでは9位が確定。17年9月4日の週以来、約1年2カ月ぶりのトップ10復帰となる。それと同時に、最終戦出場の切符も手にした。