真凜の妹・本田紗来…ノービスA女子で100点超えV!

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートの近畿選手権は8日、兵庫県尼崎市の尼崎スポーツの森で行われ、ノービスA女子で、本田真凜(17=JAL)の妹、本田紗来(11=京都醍醐ク)が100・74点で優勝した。

 冒頭の3回転ルッツ―3回転トーループの連続ジャンプを決めると、続いてダブルアクセル―3回転トーループ―2回転トーループの3連続ジャンプも決める滑り出し。途中、回転不足を取られるジャンプもあったが、5種類の3回転ジャンプを披露、2位に16点近い差をつける圧勝だった。

 この日は男子で兄の本田太一(20=関大)がフリーを終え5位、また前日には女優で姉の本田望結(14=大阪・関大中)がジュニア女子4位となって西日本選手権(11月、名古屋)進出を決めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です