堺雅人、『プーと大人になった僕』で実写映画の吹替声優に初挑戦 「プーさんはあなどれません」

リアルサウンド によると。

 俳優の堺雅人が、9月14日に公開される映画『プーと大人になった僕』で実写映画の吹替声優に初挑戦することが発表された。

 『くまのプーさん』初の実写化となる本作は、大人になりロンドンで暮らすクリストファー・ロビンとプーの奇跡の再会を描く物語。『トレインスポッティング』『美女と野獣』のユアン・マクレガーがクリストファー・ロビンを演じる。監督は『007 慰めの報酬』『ワールド・ウォー Z』のマーク・フォスター。

 実写映画の吹替を担当するのは今作が初めてとなる堺が吹替を担当するのは、マクレガーが演じる主人公・クリストファー・ロビン。本作のオファーを受けたことについて堺は、「実写の吹替は今回がはじめてですが、いつか挑戦してみたいと思っていたので、 オファーをいただき、とてもうれしかったです。ユアン・マクレガーさんという、素晴らしい俳優の声を担当できて光栄でした。 撮影の日をドキドキしながら待っていました。(収録本番では)ユアンさんのお芝居に導かれるような感じで、とても楽しい作業でした。アニメーションの声優は何度か経験があるのですが、実写だと、英語のお芝居にあわせるので、思ったまま演じると平板になってしまうと(吹替版の演出家の)監督から指摘をうけました。そこがなかなか難しかったですね」と語る。

 また、プーさんについては「いろんなことを考えさせられます。“今日が一番大事”とか“今日が一番好き”とか、お坊さんのありがたい話を聞いているみたい。プーさんはあなどれません。演じていて、考えされられるセリフが、いくつもありました」とコメントし、本作の物語のきっかけとなる“再会”について「子供の相手をしていると、自分が小さい頃何をして遊んでいたのか思い出すことが多くて、こういうおもちゃ好きだったなとか、粘土遊び好きだったなとか。そのようなことを思い出すと、自分の小さい頃と再会しているような不思議な気持ちになります」と自身の子供の頃のエピソードを振り返った。

 さらに、家族をもってから仕事との向き合い方に変化はあったかの問いに、堺は「自分が変わったと思うことはないんですが、今回、この作品の台本に子供がクレヨンでものすごい落書きをしてしまったんです。 いつもだと怒ってしまうと思うんですが、今回むしろ嬉しかった。ちょっと変わったのかもしれません」と答えている。

 また、日本語吹替版では、プーさん役をかぬか光明、ティガー役を玄田哲章、イーヨー役を石塚勇、ピグレット役を小形満が務めることも決まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です