ジョニー・デップ ディズニーランドに突如登場 元妻アンバーは世界的大富豪と再婚へ

東スポWeb によると。

 米俳優のジョニー・デップ(53)が今週、カリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランドの人気アトラクション「カリブの海賊」に、自身が演じたあのジャック・スパロウに扮し、サプライズで登場。突然現れたホンモノに来場者たちは大興奮だった。一方、離婚したばかりの元妻で米女優のアンバー・ハード(31)には、さっそく世界的大富豪との再婚話が浮上している。

「カリブの海賊」といえば、来場者がボートに乗り、海に見立てた水路を巡りながら海賊たちの世界を体感する目玉アトラクションの一つ。このアトラクションをヒントに作られたのがディズニー映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズだった。

 デップはジャック・スパロウになりきり、剣を振り回したり、時には来場者に話しかけたりとノリノリ。また、ジャック・スパロウのままパーク内にも出没して来場者たちを楽しませた。

 実はこれ、シリーズ最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」(7月1日、日本公開)のPRの一環として行われたイベントだった。

 そんなデップと今年1月、離婚が正式に成立したアンバーは、“再婚を前提に”イーロン・マスク氏(45)と交際中で今週、初めてツーショット写真をインスタグラムに公開し、話題を集めた。

 マスク氏は南アフリカ出身で、オンライン決済システムのペイパルや、電気自動車メーカーのテスラ・モーターズ、宇宙事業のスペースXなど、多くのグローバル企業を創設。世界から“未来を創る男”と呼ばれる天才起業家。個人資産は127億ドル(約1兆4000万円)で、世界有数のIT長者だ。

 アンバーは現在、出演する新作映画「アクアマン」(原題)のロケでオーストラリアに滞在中だが、撮影の合間に同地を訪れているマスク氏と熱愛デートする姿が目撃されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です