8月 112018
 

TBS系(JNN) によると。

 東京・江東区で東日本大震災の復興を支援するイベントが開かれ、中高生らおよそ350人が復興に向けたアイデアを出し合いました。

 「おいしいものを食べに行く形で、復興に携わるのはいかがでしょうか」

 このイベントは被災地や海外の中高生らおよそ350人が様々な企業の復興への取り組みを学び、復興の課題について考えるものです。参加者は観光や文化など様々な観点からポスターや映像にまとめて発表しました。発表会にはフィギュアスケーターの浅田真央さんと姉の舞さんがサプライズで登場しました。

 「みなさんが考えてくれたアイデアが多くの方に届いて、1つ2つ3つでも実現できたらいいなと」(浅田真央さん)

 復興への支援活動をしている真央さんは、中高生たちの話に真剣に耳を傾けていました

8月 112018
 

みんなの経済新聞ネットワークによると。

 浅田真央さんが8月9日、「美しき氷上の妖精 浅田真央展」開催初日の博多阪急(福岡市博多区博多駅中央街)に登場した。(博多経済新聞)

 浅田真央さんがバンクーバーオリンピックで獲得した銀メダルをはじめ、9個のメダルや愛用のスケート靴、衣装、本人が選んだ映像などを展示し、真央さんの幼少期から2017年4月の現役引退までの功績を振り返る同展。

 同日に行われた内覧会では、真央さん自身が展示品の解説を行い、オリンピックの際に着用した衣装の前で「みなさんテレビで一度は見たことがある衣装だと思うが、テレビよりも間近でじっくり見ることができるので細かいストーンや後ろ側の飾りも楽しんでいただきたい」と話した。

 展示している写真や映像は真央さんが自ら選んだものという。「きれいなポジションの写真を選んだ。プログラムによって表情も違うのでそういったところも意識しながら選んだ」と真央さん。

 福岡については、「以前福岡に来た時は初めてもつ鍋を食べた。すごくおいしくて地元に帰ってからも、もつ鍋屋さんに通ったことを覚えている。昨日の夜、福岡に到着したが、やはりもつ鍋を食べに行った」と笑顔を見せる。

 開場後、真央さんは直筆のサイン入り著書を抽選で選ばれた100人に手渡した。

 開催時間は10時~20時(最終日は17時)。入場無料。今月21日まで。

8月 092018
 

ロイター によると。

 ディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」を初めて実写映画化した「プーと大人になった僕」(日本公開9月14日)について、中国当局は公開を認めていない。理由は不明。関係筋が7日明らかにした。

同関係筋によると、中国当局は製作会社に公開拒否を伝えた際にも理由を示さなかったという。

中国では、一部の反体制派が「くまのプーさん」は習近平国家主席に似ているとして抵抗の象徴に利用するようになった。これを受けて、政府はプーさんの画像を検閲対象としている。

同作は、大人になったクリストファー・ロビンがロンドンでプーやその仲間たちと再会する姿が描かれる。プーのキャラクター自体は、英作家A・A・ミルンが1926年に発表した児童小説「クマのプーさん」のために創作したもの。

中国は世界第2位の映画市場だが、政府は外国映画の公開を年間34本に制限している。

8月 082018
 

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(27)が7日、姉の舞さん(30)と埼玉アイスアリーナでスケート教室を開催した。小学生30人の初心者を相手に45分間にわたり“熱血指導”。

 「みんな頑張ってくれて。最後に自分の力で滑っていく姿を見て、たくさんの元気をもらいました」と、うれしそうだった。自身が初めてスケートリンクに立った時はスキーウェアに、肘当て、膝当て、ヘルメットのフル装備だったという。「最初はフェンスにつかまることから始まって、段々滑れるようになりました」。子供たちの姿を眺めながら、懐かしそうに振り返った。

8月 072018
 

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのアイスショー「THE ICE」に参加した長洲未来(米国)がインスタグラムを更新。愛知で行われたショーに出演した、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)との2ショットを公開し、ファンを喜ばせていたが、反響がさらに拡大。公開から1日で「いいね!」の数が1万5000件を超えた。またザギトワが日本のアイスショーに出演する姿は母国メディアでも特集されている。

 愛知・長久手市で行われた「THE ICE」で華麗な舞いを披露した2人。長洲が公開したのは舞台裏の1枚だった。愛知で行われたこともあり、ザギトワが身に着けているのは中日ドラゴンズのユニホームだった。背番号は年齢と同じ「16」で「ZAGITOVA」のネーム入りだ。背番号を見せるように、バックショットでカメラ方向を向きなおしている。実際のショーには、さらに中日のマスコット・ドアラの耳もつけて出演していた。

 長洲がこの写真を公開。ファンからは「可愛すぎる」「この国際的友情は私をハッピーにする」「2人のレジェンド」「女神たち」「愉快なクイーン」などとコメントが続々とつけられている。

 ザギトワは今回の愛知だけでなく、大阪でもアイスショーに出演。東京でもテレビ番組出演するなど、多忙なオフの一部を日本で過ごしている。その引っ張りだこの様子が、ロシア紙「スポーツビジネスオンライン」に取り上げられるなど、16歳は夏場でも変わらぬ注目度を誇っている。