紀平梨花、技術点でザギトワに大差!演技点は0・68点差に迫る

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナル第1日(6日、バンクーバー)女子ショートプログラム(SP)で、デビューシーズンのGPシリーズで2連勝した紀平梨花(16)=関大KFSC=が、ルール改正後の世界最高得点となる82・51点をマークして首位に立った。平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=が77・93点で2位、元世界女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(21)=ロシア=が70・65点で3位、坂本花織(18)=シスメックス=が70・23点で4位、ソフィア・サモドゥロワ(16)=ロシア=が68・24点で5位、宮原知子(20)=関大=が67・52点で6位だった。

 紀平がシニア初の直接対決となった2位のザギトワを圧倒した。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功。GPで2戦続けてSPでは不発だった大技に着氷し、出来栄え点(GOE)で2・51点の加点を引き出すと、続くフリップ-トーループの連続3回転、ジャンプの基礎点が1・1倍になる後半の3回転ルッツも完璧に決め、技術点は47・36点。42・10点のザギトワに5・26点の大差をつけた。

 スピンやステップの美しさ、表現面もジャッジの高評価を得た。表現力を表わす演技点5項目の合計は35・15点。ザギトワの35・83点に0・68点差まで迫り、互角に渡り合った。

ザギトワ、紀平梨花を「凄いと思う」 同じ16歳に抱く思い「彼女は刺激を与えてくれる」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕。注目の女子ショートプログラム(SP)では、平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)と、シニア初参戦の紀平梨花(関大KFSC)のバトルに注目が集まるが、ザギトワは同じ16歳の紀平をどう見ているのか。ロシアメディアに答えている。

 平昌五輪を制し、絶対的な女王として君臨するザギトワ。一方の紀平はシニア初年度の今季、トリプルアクセルを引っ提げてGPシリーズを連勝。衝撃的なデビューを果たし、ファイナルの舞台に乗り込んできた。

 ロシアメディア「R-sport」は「キヒラはトリプルアクセルで(私に)強い印象を与え、私が成長するよう刺激を与えてくれている」とザギトワのコメントをそのままタイトルにつけ、記事を展開している。

 ザギトワは紀平について、こう語っている。

「私がまだジュニアで滑っていた時、トリプルアクセルを跳ぶキヒラとともに試合で演技していました。もちろん凄いと思うし、彼女は私が成長するよう刺激を与えてくれている」
平昌五輪後の女子のレベル上昇を強調
 ザギトワは、自身にはないトリプルアクセルという武器を持つ紀平にリスペクトの念を抱いているようだ。

 記事では「またザギトワはフィギュアスケートの女子シングルの上位選手たちは五輪シーズンの後、レベルが落ちていないと語っている」として女王のコメントを紹介。「平昌五輪後、フィギュアスケートの女子シングルのレベルは下がっていません、その逆で上がってさえいます」と強調しているという。

 さらに進化していると語る女王と、超新星のシニア初激突。ジュニア時代は1勝1敗だが、大人になった2人がどんな演技を見せてくれるのか。宮原知子、エリザベータ・トゥクタミシェワらも虎視眈々と優勝を狙うファイナル。頂上決戦と呼ぶにふさわしい華麗な舞いが見られそうだ。

宇野昌磨、30分集中ジャンプ練習…4回転3種類成功

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケートGPファイナルは6日にカナダ・バンクーバーで開幕する。平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が4日、郊外のリンクで練習した。

 この日最初の氷上練習は30分の“短期集中”で終えた。プログラムで使用するジャンプを一通り跳び、状態確認。フリップ、サルコー、トウループの3種類の4回転を成功させるなど好調だった。29日に現地入りし、30日から練習を開始。時差調整も順調そうだ。

 4年連続出場の今大会は、15、16年と2年連続3位、昨年大会は0・5点届かず2位だった。初のファイナル優勝へ、18年世界選手権金メダリストで今大会連覇がかかるネーサン・チェン(米国)との一騎打ちが予想される。

 男子ショートプログラム(SP)は6日、フリーは7日に行われる。

「やっぱり日本が大好き」トゥクタミシェワ、復活劇の裏で示した“熱い日本愛”

THE ANSWER によると。

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は10日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位でシニアGPデビュー戦の紀平梨花(関大KFSC)が合計224.31点で衝撃の逆転優勝を飾った。SP首位のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)は堂々の銅メダルを獲得。大会中に「やっぱり日本が大好き!」とSNSで熱烈な日本愛をつづっていた21歳は試合後、紀平らとの表彰台3ショットを公開し、再び日本語で「私は私の道を行く。最高のファンがいるから」と感謝をつづっている。

完全復活の銅メダル、“日本語投稿”で紀平&宮原との表彰台3ショット公開
 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は10日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位でシニアGPデビュー戦の紀平梨花(関大KFSC)が合計224.31点で衝撃の逆転優勝を飾った。SP首位のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)は堂々の銅メダルを獲得。大会中に「やっぱり日本が大好き!」とSNSで熱烈な日本愛をつづっていた21歳は試合後、紀平らとの表彰台3ショットを公開し、再び日本語で「私は私の道を行く。最高のファンがいるから」と感謝をつづっている。

 大好きな日本で華麗に舞った。SP首位のトゥクタミシェワは衝撃的な演技を見せた紀平、宮原知子(関大)に逆転を許したが、堂々の表彰台に上り、GPファイナル進出を決めた。試合後は1枚の画像を自身のインスタグラムで公開した。
 真ん中でオリーブ冠を被り、トロフィーと金メダルを手に持って笑みを見せる紀平。その隣で黒の衣装をまとい、大人の魅力を漂わせるトゥクタミシェワも今季復活の印象ともいえる銅メダルを誇らしげに掲げ、銀メダルの宮原とともに3ショットで納まっている。そして、一緒に添えたメッセージは日本語だった。
 親日家の21歳は、ロシア語、英語と併記する形で「私は私の道を行く。何があっても戦い続ける。だって、私には最高のコーチと最高の友達、そして最高のファンがいるんだから。私はこの競技を心から愛しているの」と日本語で感謝のメッセージをつづっている。

ありがとう”を届けたい『~浅田真央 アイスショーへの思い~』

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケート元世界女王・浅田真央さん(28)が1日放送のNHK総合「“ありがとう”を届けたい『~浅田真央 アイスショーへの思い~』」で、現役引退後の生活や心境を明かした。

 番組では、浅田さんが引退後にスケート仲間と共に全国各地で開催しているアイススケートショー「浅田真央サンクスツアー」を追い、同局の船岡久嗣アナウンサー(43)が浅田さんにインタビューを行った。

 現在の生活を聞かれた真央さんは「毎日スケート一色の生活です」と返答。「できるだけ皆さんの近くに行ってショーをすることで、スケートの良さを知っていただけるかなと。現役を引退してから、スケートはもういいと思っていたけど、いざサンクスツアーを始めてみると、各地を訪れるごとに素晴らしい舞台で滑ることが幸せです」と笑顔を見せた。

 17年4月に引退発表した当時は、その年の8月に予定が入っていたアイスショーが終わったらスケートから離れようと思っていたという。しかし、「何がやりたいのかな何ができるのかなといろんなものを見たり経験してみたら、自分にはスケートしかなかった。自分に出来ることはスケートを滑って、みなさんに感謝を伝えることだと思ったのでサンクスツアーを始めました」と振り返った。

 サンクスツアーを開催することを最初に相談した、マネジャーで姉のタレント・浅田舞(30)にも背中を押してもらったという。「舞も一緒に滑ってくれると言ってくれたので、その最後の一押しで出来ることになりました」と語り、「選手の時ってリンクの上でも生活している上でも、何か一人で頑張っているという感じがあったけど、サンクスツアーを始めてから一人でスケートをしているんじゃないという感覚になりました」と明かす。

 サンクスツアーはどんな場所かと問われると「幸せの場所ですね」と答えた真央さん。「感じたことのない幸せの空気が会場ごとにあふれているのを感じます。選手以上の達成感や喜びって味わえないのかなと思っていたけど、始めてから幸せをたくさんいただいています」と語った。

 そして、「幸せを感じてフィギュアと向き合っているので、ありがとうという思いが強いと思います。今は仲間がいて、自分の思っていることが表現できて。フィギュアスケートがあるから幸せと感じているので、感謝という思いが強いです」と目を輝かせた。