池江璃花子告白の「白血病」 治療法が劇的進化!もはや“不治の病”ではない

FNN PRIME によると。

競泳女子の池江璃花子選手(18)が、白血病の診断を受けたことを自身のツイッターで明かしました。
「私自身、未だに信じられず、混乱している状況です」としながらも、「しっかり治療をすれば完治する病気でもあります」と前向きな言葉がつづられています。
池江選手の言葉通り、白血病は今や不治の病などではありません。
化学療法や支持療法、骨髄移植などの進歩は劇的で目覚ましく、多くの患者さんが病いを克服し、社会復帰をされています。

白血病は血液のがんです。
血液細胞には赤血球、血小板、白血球があります。
すべての細胞の源である造血幹細胞から、それぞれの細胞になるまでには何段階もの細胞分化を経ますが、そのいずれかの段階で白血球またはリンパ球になる細胞が異常に増えてしまう病気です。
がん化した細胞(白血病細胞)は、骨髄内で増殖し、骨髄を占拠してしまうため、正常な血液細胞が減少します。
「急性」と「慢性」は全く別の疾患
白血病は、がん化した細胞のタイプから「骨髄性」と「リンパ性」に分けられ、さらに病気の進行パターンや症状から「急性」と「慢性」に分けられます。
※急性骨髄性白血病56%、急性リンパ性白血病19%、慢性骨髄性白血病22%、慢性リンパ性白血病3%(日本人ではまれとされる)
他の疾患のように、急性白血病の経過が長引いても、慢性白血病になる訳ではありません。白血病の急性および慢性は、それぞれ異なった疾患なのです。
急性白血病は、急激に発症し、顕著な貧血や白血球増加、血小板減少(出血傾向)を示すことから迅速な治療が必要となります。
一方、慢性白血病の白血球数は著明に増加するのですが、症状のないことも多く、健康診断で偶然に見つかることも多いようです。
しかし、最終的には急激に悪化(急性転化)しますので、この急性転化を遅らせるような長期にわたる適切な治療が必要になってきます。
白血病の症状と原因は?
池江選手がいずれの白血病かはまだ判明していないとのことですが、1月のレース後には「体のだるさを感じることが多くなっている」「疲れの抜けが遅くなっている」と話していました。
白血病の症状には、どのようなものがあるのでしょうか。
急性白血病では、異常な白血病の細胞が増えることで、息切れや動悸などの貧血症状や、生理が止まりにくい、青あざができやすいなど血が止まりにくい症状が出ることがあります。
また、全身で炎症が生じるため、熱やだるさなどの風邪のような症状が日増しにひどくなる場合や、抑うつなどの症状が現れることもあります。
慢性白血病は、初期には症状がないか、あっても軽い場合が多いとされています。

会見で日本水泳連盟の副会長は、「まさか、このような病名を言われるとは思っていなかった」とも述べています。
白血病の原因とは何なのでしょうか。
白血病をはじめ、一般的にがんは、遺伝子や染色体に傷がつくことで発症すると考えられています。たとえば慢性骨髄性白血病では、患者さんの95%以上でフィラデルフィア(Ph)染色体という異常な染色体が見つかります。
遺伝子や染色体に傷がつく原因として、放射線、ベンゼンやトルエンなどの化学物質、ウイルスなどが挙げられていますが、そのしくみは完全には解明されていません。
また、白血病は遺伝もしません。親が白血病であったとしても、子どもが必ず白血病になるわけではありません。

紀平梨花、紫の大人っぽい衣装&キレのあるダンスで観客を魅了 四大陸選手権エキシビション

スポニチアネックスによると。

 欧州以外の地域で争うフィギュアスケートの四大陸選手権(米国カリフォルニア州アナハイム)で女子優勝をした紀平梨花(16=関大KFSC)が10日、エキシビションに登場した。

 日本語で「次の選手はチャンピオンのキヒラリカさんです」と紹介されて登場。エレクトロニックサウンドの「フェイデッド」のメロディーに乗って、ダブルアクセル(2回転半ジャンプ)を決めた。キレのあるダンスで、会場を大きく沸かせる場面もあった。紫の大人っぽい衣装で、競技とは違った一面を見せた。

紀平梨花 世界選手権は今季初のトリプルアクセル3本そろえる

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケートの四大陸選手権で逆転優勝を飾った紀平梨花(16)=関大KFSC=が、今季国際大会5戦全勝の快挙から一夜明けた9日、米国・アナハイムのホンダセンターで取材に応じた。3月の世界選手権(さいたま)で今季初となる3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)3本をそろえる。

 開幕前に左手薬指を亜脱臼した影響で、今大会はフリーでのトリプルアクセルを1本にしたが、通常はショートプログラムで1本、フリー2本の計3本を組み込んでいる。「完璧なのがないので、ショートとフリー3本の(GOE)マイナスのないクリーンな演技を考えている。ファイナルからもっとよくして、完璧な演技をしたいと思っています」と意気込んだ。

 初出場で制した昨年12月のGPファイナルに続く主要国際大会優勝。2つの優勝の違いについて「あまり違いとかは考えていなかった。本当に海外の試合の2つっていう感じにしか捉えていなくて。ファイナルの時は調子を合わせるって考えていたけれど、今回はそれにたどり着くまでがちょっと長かった」。調整に苦戦した今大会を振り返った。

 この日はイタリアンランチで母とトレーナーとお祝い。次戦予定しているチャレンジ杯(21~24日、オランダ)については「ポイントを取りたくて」と出場の意向。「帰国して精密検査を受けてから判断しようと思っているんですけれど、今のところは出る予定にしています」と話した。

逆転Vの紀平梨花、光る判断力 ジャンプで確実に加点

朝日新聞デジタル によると。

 女子ショートプログラム(SP)5位から逆転優勝した紀平梨花の勝因は、フリーで得点源となる冒頭の2本のジャンプを確実に決めたことだ。

 成功させたのはトリプルアクセル(3回転半)と、続く2回転半―3回転トーループ。フリーで自己ベストを出して優勝した昨年11月のNHK杯では3回転半―3回転トーループ、単独の3回転半の構成で、今回の方が基礎点は4・70点低くなる。だが、左手薬指を痛めるなど不安を残していた紀平は「確実性」を選択。冒頭2本の出来栄え点(GOE)で計3・89点の加点を引き出した。

 ほかのジャンプもすべて成功させ、技術点の合計は82・74点で唯一の80点台。SP1位のブレイディ・テネル(米)、同2位の坂本花織がジャンプでミスして技術点が伸び悩み、それぞれ総合5位、同4位に終わったのとは対照的だった。

 表現力などを評価する演技構成点も70点台に乗せたのは紀平だけ。フリーの得点は自己ベストに1・58点に迫る153・14点をマークした。首位と6・58点差のSP5位から巻き返したNHK杯と同様に、5・06点差を逆転した今回。16歳の冷静な判断力が光った。