カテゴリー別アーカイブ: テーマパーク

USJハリー・ポッターエリアを確実に楽しむために…夕方入場で整理券不要も

NEWS ポストセブン によると。

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下・USJ)のこの9月の入場者数が135万人となり、月間の最多入場者数を2か月連続で更新した。これはもちろん7月に開業した「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」の人気によるものだ。

 あまりに人気のため混雑が予想されるハリポタエリアへの当日入場は、少しだけコツがいる。もっとも確実性が高いのが開場同時入場。USJのオープンとともにハリポタエリアに走り、混雑する前に入ってしまえばいい。

 朝早くからUSJに行くことが困難だという人は、入場整理券を狙おう。セントラルパークにある発券機に全員分の入場券をかざすと、ハリポタエリアへの入場希望時間が選べる。発券が遅くなるにつれ入場時間の選択肢も減るので、なるべく午前中には発券しておきたいところ。整理券には予定発券枚数が決まっており、上限に達すると抽選券に切り替わってしまい、抽選に外れるとエリアには入れない。

 ただ、「オープン当時は多くのかたにご迷惑をおかけすることもありましたが、現在は落ち着いていて抽選になるのは月に1回程度。希望者はほぼ入場いただけるようになっています」(USJ広報)とのことだから、よほどのことがない限り入場はできそう。万が一抽選に外れても、夕方以降に入場制限が解除され、整理券なしで入れることもあるようだ。

 入場のハードルはそれほど高くないが、エリア内のアトラクションの混雑は避けられない。人気のものともなると3時間待ちも当たり前。公式HPで購入できる「ユニバーサル・エクスプレス・パス」なら、専用の入口からアトラクションに入れるため待ち時間を短縮できる。

【USJハリー・ポッターエリアを確実に楽しむためのツボ】
 ・夕方入場で整理券不要も
・整理券をとるなら午前中がオススメ
・人気アトラクションはエクスプレス・パスで待ち時間短縮

映画をテーマにしたアトラクションベスト30発表!

シネマトゥデイ によると。

 英・映画誌TotalFilm(電子版)がテーマパークにある映画をモチーフにしたライド型のアトラクションベスト30を発表した。1位に輝いたのはユニバーサル・スタジオの「トランスフォーマー:ザ・ライド3D」だ。

4位「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」は日本にも誕生!フォトギャラリー

 「トランスフォーマー:ザ・ライド3D」は、その名の通りマイケル・ベイ監督の人気シリーズ『トランスフォーマー』がモチーフ。人類の未来を懸け、オプティマスと共に、“オールスパーク”を奪おうとするディセプティコンたちと戦うアトラクションだ。スリリングな3D映像が評判となっている。

 2位は、地球で暮らすエイリアンの監視を任務とする男たちの奮闘を描いた『メン・イン・ブラック』のシューティングライド「メン・イン・ブラック:エイリアン・アタック」(ユニバーサル・スタジオ・フロリダ)。「メン・イン・ブラック」の一員としてクルクル回る乗り物からエイリアンを撃ち、ニューヨークの街を守ることができる。3位には『ハムナプトラ』シリーズの不気味な雰囲気が人気のジェットコースター「ザ・リベンジ・オブ・ザ・マミー」(ユニバーサル・スタジオ・フロリダほか)と現時点では日本にはないアトラクションがベスト3を占めている。

テーマパークにある映画をモチーフにしたライド型のアトラクションベスト30(4位以降10位まで抜粋)
4.「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」(ユニバーサル・スタジオ・ジャパンほか)
5.「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」(東京ディズニーシーほか)
6.「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」(ユニバーサル・スタジオ・ジャパンほか)
7.「ソー・ザ・ライド」(ホラー映画『SAW』がモチーフ)(イギリスのソープパーク)
8.「キング・コング:360 3D」(ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド)
9.「ターミネーター2:3-D」(ユニバーサル・スタジオ・ジャパンほか)
10.「ジ・インクレディブル・ハルク・ローラーコースター」(ユニバーサル・オーランド・リゾート)