カテゴリー別アーカイブ: スケートの話題

本田望結、目指すはフィギュアと女優の“二刀流”「女優を諦めたわけではない」

デイリースポーツ によると。

 女優でフィギュアスケート選手の本田望結(14)が13日、東京・東急シアターオーブでクリスマスショー「ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド」(15~25日まで)の会見に出席した。

 会見前のプレスコールでは、見事なスケーティングを披露。今年はスケート選手としての活躍が目立ったが、「女優業を諦めたわけではない。私の夢は二つの夢をかなえること。二刀流と言ってもらえる日が来るまでしっかり頑張りたい」と目標を語った。

 フィギュアスケートGPファイナルで優勝した紀平梨花選手(16)について「(GPファイナルは)本当にかっこよかった。ただただ同じリンクで練習させてもらっているのが光栄です」と目をキラキラ。友人でありライバルでもある紀平と同じ舞台へ「いつか立てたら」と話していた。

 本田は全公演のうち、15日と24日の昼公演にゲストスケーターとして出演する。

ザギトワ、“138文字の日本語”で大会後SNS初投稿 「楽しみな気持ち」と心境前向き

THE ANSWER によると。

連覇逃したGPファイナル後初投稿、前向きな心境記す「すべての方々、本当にありがとう」
 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで2位となった平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が12日、インスタグラムを更新した。大会後初投稿では、表彰式で銀メダルを掲げた画像とともに「今シーズンの新たなスタートを楽しみな気持ちでいっぱいです」などと138文字の日本語で心境をつづっている。

 大会から3日。ザギトワはインスタグラムを更新し、1枚の画像を公開した。フリーの衣装で花束を持ち、左手で銀メダルを掲げるザギトワ。真っ赤な口紅が印象的なメイクで優しげに笑みを見せている。GPファイナルの表彰式のひとコマだ。投稿ではロシア語と英語を併記する形で、日本語でもメッセージを記している。

「ISUグランプリファイナルの銀メダルとともに、無事にバンクーバーから戻ってきました!」と帰国したことを報告。「私のチーム、ファンの方々、大会主催者様、資生堂のメイクアップチームの皆様、家族、支えてくてたすべての方々、本当にありがとうございました」と関係者に感謝した上で「今シーズンの新たなスタートを楽しみな気持ちでいっぱいです」と前向きにつづった。

 日本語で138文字にわたるメッセージ。大会では同い年の紀平梨花(関大KFSC)に敗れ、連覇こそ逃したが、視線はすでに前に向いているようだった。

ザギトワ、紀平梨花を「凄いと思う」 同じ16歳に抱く思い「彼女は刺激を与えてくれる」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕。注目の女子ショートプログラム(SP)では、平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)と、シニア初参戦の紀平梨花(関大KFSC)のバトルに注目が集まるが、ザギトワは同じ16歳の紀平をどう見ているのか。ロシアメディアに答えている。

 平昌五輪を制し、絶対的な女王として君臨するザギトワ。一方の紀平はシニア初年度の今季、トリプルアクセルを引っ提げてGPシリーズを連勝。衝撃的なデビューを果たし、ファイナルの舞台に乗り込んできた。

 ロシアメディア「R-sport」は「キヒラはトリプルアクセルで(私に)強い印象を与え、私が成長するよう刺激を与えてくれている」とザギトワのコメントをそのままタイトルにつけ、記事を展開している。

 ザギトワは紀平について、こう語っている。

「私がまだジュニアで滑っていた時、トリプルアクセルを跳ぶキヒラとともに試合で演技していました。もちろん凄いと思うし、彼女は私が成長するよう刺激を与えてくれている」
平昌五輪後の女子のレベル上昇を強調
 ザギトワは、自身にはないトリプルアクセルという武器を持つ紀平にリスペクトの念を抱いているようだ。

 記事では「またザギトワはフィギュアスケートの女子シングルの上位選手たちは五輪シーズンの後、レベルが落ちていないと語っている」として女王のコメントを紹介。「平昌五輪後、フィギュアスケートの女子シングルのレベルは下がっていません、その逆で上がってさえいます」と強調しているという。

 さらに進化していると語る女王と、超新星のシニア初激突。ジュニア時代は1勝1敗だが、大人になった2人がどんな演技を見せてくれるのか。宮原知子、エリザベータ・トゥクタミシェワらも虎視眈々と優勝を狙うファイナル。頂上決戦と呼ぶにふさわしい華麗な舞いが見られそうだ。

宇野昌磨、30分集中ジャンプ練習…4回転3種類成功

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケートGPファイナルは6日にカナダ・バンクーバーで開幕する。平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が4日、郊外のリンクで練習した。

 この日最初の氷上練習は30分の“短期集中”で終えた。プログラムで使用するジャンプを一通り跳び、状態確認。フリップ、サルコー、トウループの3種類の4回転を成功させるなど好調だった。29日に現地入りし、30日から練習を開始。時差調整も順調そうだ。

 4年連続出場の今大会は、15、16年と2年連続3位、昨年大会は0・5点届かず2位だった。初のファイナル優勝へ、18年世界選手権金メダリストで今大会連覇がかかるネーサン・チェン(米国)との一騎打ちが予想される。

 男子ショートプログラム(SP)は6日、フリーは7日に行われる。

「やっぱり日本が大好き」トゥクタミシェワ、復活劇の裏で示した“熱い日本愛”

THE ANSWER によると。

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は10日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位でシニアGPデビュー戦の紀平梨花(関大KFSC)が合計224.31点で衝撃の逆転優勝を飾った。SP首位のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)は堂々の銅メダルを獲得。大会中に「やっぱり日本が大好き!」とSNSで熱烈な日本愛をつづっていた21歳は試合後、紀平らとの表彰台3ショットを公開し、再び日本語で「私は私の道を行く。最高のファンがいるから」と感謝をつづっている。

完全復活の銅メダル、“日本語投稿”で紀平&宮原との表彰台3ショット公開
 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は10日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位でシニアGPデビュー戦の紀平梨花(関大KFSC)が合計224.31点で衝撃の逆転優勝を飾った。SP首位のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)は堂々の銅メダルを獲得。大会中に「やっぱり日本が大好き!」とSNSで熱烈な日本愛をつづっていた21歳は試合後、紀平らとの表彰台3ショットを公開し、再び日本語で「私は私の道を行く。最高のファンがいるから」と感謝をつづっている。

 大好きな日本で華麗に舞った。SP首位のトゥクタミシェワは衝撃的な演技を見せた紀平、宮原知子(関大)に逆転を許したが、堂々の表彰台に上り、GPファイナル進出を決めた。試合後は1枚の画像を自身のインスタグラムで公開した。
 真ん中でオリーブ冠を被り、トロフィーと金メダルを手に持って笑みを見せる紀平。その隣で黒の衣装をまとい、大人の魅力を漂わせるトゥクタミシェワも今季復活の印象ともいえる銅メダルを誇らしげに掲げ、銀メダルの宮原とともに3ショットで納まっている。そして、一緒に添えたメッセージは日本語だった。
 親日家の21歳は、ロシア語、英語と併記する形で「私は私の道を行く。何があっても戦い続ける。だって、私には最高のコーチと最高の友達、そして最高のファンがいるんだから。私はこの競技を心から愛しているの」と日本語で感謝のメッセージをつづっている。