wpmaster

6月 242018
 

日刊スポーツによると。

 フィギュアスケート2010年バンクーバー冬季五輪銀メダリスト浅田真央さん(27)の名を冠にした「第1回浅田真央杯」が23日、埼玉アイスアリーナで行われ、真央さんが審査員として参加した。アジア各国から選手が集まる「スケートジャパン」の第30回を記念し、テーマに沿って自由に演技する特別種目が創設され「浅田真央杯」と名付けられた。

 テーマは「未来」。浅田さんはジャッジ席に座り、各選手が思い思いの衣装や小道具を用いて表現する姿を約4時間半にわたって審査した。ソロ78人とペア7組の中から、熟考の末「真央杯」に選んだのは井戸川楓佳さん(7歳)とタイから参加したランタ・ダーダラナンダさん(10歳)。2人とも、浅田さんの14年ソチ五輪フリーの衣装を模したものを着用し、いつか大舞台でメダルを獲得する夢を表現した。真央さんは選んだ理由を「テーマに合っていたのと、胸に響くものがあった」とうれしそうに話した。

 自分の冠種目が創設されたのも、演じる側から見る側にまわったのも「不思議な気持ち」。ルールに縛られず、楽しそうに演じる老若男女の姿を見て「パワーをもらえた」と気分を新たにした。次回開催は未定だが、「またこうしてスケートを純粋に楽しめる試合を続けていけたら」と「浅田真央杯」の継続を希望した。

6月 232018
 

女性自身 によると。

『週刊朝日』6月15日号でそう語っていたのは、浅田真央(27)。現在は、座長を務めるアイスショー『Mao Thanks Tour』に出演。姉・浅田舞(29)との共演もあって、好評を博している。昨年4月の引退会見から1年が経つが、“第2の人生”も大忙し。そんななかで語っていた「結婚はまだ」発言の陰には、彼女の“生活の変化”が影響しているという。

「実は最近、真央ちゃんは舞ちゃんとの“姉妹同居”を始めたそうなんです。もともと舞ちゃんがひとりで暮らしていた都内のマンションに、真央ちゃんが押しかけていったと聞きました」(フィギュア関係者)

いったい真央はなぜ、“押しかけ同居”を決意したのか。きっかけは、今年4月に報じられた『ONE OK ROCK』Taka(30)と舞の“お泊りデート”報道だった。

「舞さんといえば、12年から『シクラメン』のDEppaさん(35)と交際。結婚も噂されていましたが、16年に破局を告白しています。昨年5月にはバトントワラーの渡辺翔史さん(30)との同棲が報じられるなど、モテぶりが話題になってきました。でも今回の報道のお相手は、芸能界随一のモテ男として知られるTakaさん。それを知った真央ちゃんは『舞は奔放すぎる!』と苦言を呈し、同居を決意したそうです」(前出・フィギュア関係者)

姉の私生活に“ダメ出し”をした真央。その効果はてきめんのようで、今では舞も“夜遊び”をセーブしているという。

「最近では姉妹で“宅飲み”をすることが多いと聞きました。真央ちゃんは舞ちゃんがこれまで付き合った彼氏をほとんど知っているらしく、『舞は男の人を見る目が無い!』と“お説教モード”になることもあるみたいですね」(別のフィギュア関係者)

姉の監視が落ち着くまで、自分の“恋はお預け”状態の真央。「まだ結婚はいい」ではなく、「まだ結婚はできない」が真相のようだ。

6月 212018
 

日刊スポーツ によると。

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(27)が、歌手浜崎あゆみ(39)のライブで大興奮する意外な一面を明かした。

 浅田さんは21日放送の日本テレビ系「PON!」にVTR出演。インタビューしたブルゾンちえみから、浜崎のライブで興奮して鼻血を出したことがあるというエピソードについて振られると、「そうなんです。初めて行ったライブの夜、興奮して眠れなくて出ちゃいました」と明かした。

 浜崎のライブを毎年観に行っているという浅田さん。「姉(浅田舞)と行くことが多くて。みんなと一緒に立って、(ペンライト等を)めっちゃ振って。テレビでは出したことのない声を出してます」と盛り上がる様子を明かした。

6月 202018
 

毎日キレイ によると。

 フィギュアスケーターの浅田真央さんが20日、東京都内でマットレスパット「エアウィーヴ」の新CM&夏のキャンペーン発表会に出席した。新CM内で着たという爽やかな淡いブルーのシースルーワンピースに、同色のハイヒールパンプスを合わせたいでたち。清潔感のある浅田さんの魅力を際立たせた初夏の装いだった。

 ワンピースはスタンドカラーで、スカートはプリーツの入ったデザイン。耳元には、輝くストーンのイヤリングを合わせ、すっきりとしたまとめ髪で品良く着こなしていた。お笑いタレントの渡辺直美さんも出席した。
 新CMは、同マットレスのブランドアンバサダーを務める浅田さんが、コンシェルジュとして、エアウィーヴについて説明するという内容。渡辺さんに寝心地を案内する「グッドマットレス 案内」編など4編が30日から放送される。

6月 202018
 

WWD JAPAN.com によると。

 ベッドマットレスのエアウィーヴ(AIRWEAVE)は6月20日、浅田真央と渡辺直美を起用した新CM発表会を都内で行なった。

浅田真央と渡辺直美が共演するエアウィーヴ新CM 渡辺が高速腰振りダンスを披露
 就寝前には必ずダンスをするという渡辺は、新CMで3パーツに分解できるマットレス“ベッドマットレス スマート”に腰掛けて激しい腰振りダンスを披露しており「普通だったら沈んじゃって踊りにくいと思うけど、踊りやすかった。腰を支えてくれる」と絶賛。発表会でも同様のダンスを披露して、その性能をアピールした。浅田は「ダンスを生で観れてうれしい。私も一緒に踊りたかったな」と笑顔だった。
 今回のCMでは浅田がコンシェルジュに扮してマットレスの説明をしていたが、撮影の合間も渡辺にエアウィーヴについて話していたといい、渡辺はその様子を「けっこうな圧でマットレスについて語ってた」と明かした。浅田はこの日も壇上で「枕もエアウィーヴに変えてから顔のむくみもなくなった気がします」と素晴らしさを語った。
 新CM“グッドマットレス 案内篇”は6月30日から全国で放映される。加えて同日から、ユーチューブの公式チャンネルでは“浅田真央 紹介篇”や“渡辺直美 ダンシング篇”などを公開する。
 浅田をはじめ、さまざまなアスリートが使用しているエアウィーヴ製品だが、2010年にはサッカー日本代表にポータブルタイプを提供。14年にはブラジル代表にも提供している。現在開催中のサッカーの祭典FIFAワールドカップ(FIFA World Cup Russia)ロシア大会の日本代表である柴崎岳・選手も使用しており、高岡本州エアウィーヴ社長によると今後スポンサー契約を行う予定だという。

6月 182018
 

ESSE-online によると。

キャンドルのゆらめく炎には、見ているだけで気持ちがほぐれて、リラックスできる魅力があります。
そんなキャンドルを、暮らしのなかで手軽に楽しむアイデアを教えてくれるのは、作品や料理などを撮影する際のスタイリングを手がける「フォトスタイリスト」の貝賀あゆみさん。

100均グッズで収納や旅行を快適に!夏休みは、洗濯ネットのこんな使い方も!

安くて簡単なのに、癒し効果は絶大! な3つのアイデアを、早速紹介していきましょう。

100均のキャンドルにマスキングテープをはるだけで、おしゃれに変身
話題のベランピングから、おもてなしテーブルまで。キャンドルを使って気分UP!
キャンドルをインテリアに取り入れてみたい。でも、家の中で火を使うのはちょっと心配…。という方も、大丈夫。
最近では、火を使わないのにキャンドルの雰囲気を楽しめるLEDキャンドルライトも手軽に入手できるので、代用するのもおすすめです。

●1.ティーライトキャンドルをマステでオシャレにアレンジ

esse
無印良品やニトリ、イケアをはじめ、100円ショップでも手軽に買えるティーライトキャンドル。アロマポットやキャンドルホルダーに入れて使う、アルミカップに入った小ぶりのキャンドルです。
そのアルミの部分にお好みのマスキングテープをはれば、オリジナルの即席キャンドルが完成します。

モノトーンのマスキングテープなら、シックで落ち着いた雰囲気にまとまります。気に入った柄のキャンドルをあちこち探しまわるよりも、ずっと簡単。

マステは100円ショップでも購入できるので、気分に合わせて手軽にアレンジできてオススメです。LEDキャンドルライトも、マステでかわいくリメイクしましょう。

esse
リメイクしたキャンドルは、そのまま飾っても絵になりますが、トレイやお皿にひとまとめにすると「まとまり感」が出ます。今回はナチュラルな雰囲気にまとまる木のお皿を使ってみました。

センスよく見えるうえに、あちこちに置いたキャンドルをついつい消し忘れてしまうこともないので安心です。夕暮れどきに電気を暗めにしてキャンドルを灯せば、1日の疲れも吹き飛びそう。おうちリビングが極上の癒し空間に!

esse
●2.造花と合わせたテーブルキャンドルで華やかにおもてなし
お客さまをお招きするときは、テーブルキャンドルのおもてなしがオススメ。普段の食卓が、パッと華やかなよそゆき仕様になります。

6月 172018
 

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(27)が15日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)にVTR出演し、番組のインタビューに応えた。

 真央さんは、今でも「最も好きなスポーツ選手ランキング」で上位にいる。これに対し「うれしいですね。もうスポーツ選手じゃないのにランキングでまだ生き残っている」と笑顔を見せた。

 5月から「フィギュアスケート 浅田真央サンクスツアー」を開催、日本全国をツアーで回っていることについて「選手の頃からずっと10年間出ていたアイスショーを終えた時、今まで応援してくださった皆さんに感謝の滑りをそこで出来ればいいかなと思っていたんですけど」と浅田さん。「終わってみて、たくさんの方からまだ滑りを見られていないよっていう方や、まだまだ見たいよっていっていう方が本当に多くて。何が出来るかなと考えて、やっぱり今しかできないスケートをたくさんの方に楽しんでいただきたいと思ったのがきっかけです」と思いを明かした。

 サンクスツアー開催を決める際に頼りになったのは、姉でタレント・浅田舞(29)の言葉だという。「舞に、アイスショーをやりたいんだけど、手伝ってくれるかなって伝えた時に本当にすぐその場で『私も滑りたいし、真央のこと手伝えるよ』って言ってくれました。こんなに心強い言葉はないなって」と振り返り、「これまではなかなか姉妹での時間も取れなかったんですけど、今はこうして一緒にサンクスツアーを回っているので一緒にいる時間も多いです。スケート人生の中で舞と頑張ってきたというのがあるので、舞が参加してくれることによってこういうツアーが出来上がっているのかな」と語った。

 現在、真央さんが夢中になっているスポーツはアイスホッケーだという。「子どもの頃からやりたいと思っていた。フィギュアの練習をしている隣でアイスホッケーをやっていると、そればっかりが気になっちゃっていました。ようやくそれができるチャンスがきたなと、全部道具も買いました」と明かし、「でも練習をしていると、周りから『危ない!』『真央ちゃんになんてことするの』なんて声が聞こえてきます」と苦笑いを見せた。

6月 162018
 

スポーツ報知によると。

 フィギュアスケート女子で世界でも成功者の少ない3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を跳ぶ紀平梨花(15)=関大KFSC=が15日、神戸ワールド記念ホールで行われたアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」に出演。

 2018~19年シーズンからシニアに転向することを決めた15歳は「トリプルアクセルは昨季と変わらずにフリーで2本入れたい」。来季から適用される新ルールは出来栄え点(GOE)の幅が大きくなり、ミスが許されなくなるが、変わらずに攻め抜く。

 4回転サルコーについても投入を視野に入れている。「確率が上がれば、まずは国内の地方大会で試したい」と話した。

6月 152018
 

映画ナタリー によると。

本日6月14日、オリエンタルランドが「東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト」を発表した。

同プロジェクトでは、既存施設への追加投資としては過去最高の約2500億円をかけて千葉・東京ディズニーシー開業以来最大の面積を拡張し、2022年度内のオープンを目指すもの。現在駐車場として使用されている約14万平方メートルの土地を利用して、新アトラクションとディズニーホテルを有する新たなテーマポートを開発する。

テーマポートは「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」をテーマに、「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」の世界が展開される3つのエリアで構成される。「アナと雪の女王」のエリアではアレンデール王国が広がり、城の中にはレストランが作られる。森の奥に塔がそびえる「塔の上のラプンツェル」エリアには、ゴンドラに乗ってランタンフェスティバルに向かうアトラクションなどが登場。「ピーター・パン」エリアには、ネバーランドの上空へ飛び立ち海賊と戦う大型アトラクションや、ピクシー・ホロウを訪れるアトラクションなどが設けられる予定だ。

新たなディズニーホテルは、テーマポートの核となる“魔法の泉”を囲むようにそびえ立ち、全475室を有する。客室はデラックスタイプに加え、東京ディズニーリゾートで最上級ランクとなるラグジュアリータイプの客室も。1階部分はディズニーグッズのストアとなる。ファンは続報を楽しみに待とう。