wpmaster のすべての投稿

フィギュアGPあす開幕…大幅なルール改正、完成度重視

朝日新聞デジタル によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズが19日、スケートアメリカで開幕する。今季は大幅なルール改正があり、難しいジャンプを多く跳ぶことよりも演技の完成度を重視する採点になる。全6戦のうち、主要選手は2戦に出場。シリーズの男女各上位6人が12月のGPファイナル(カナダ・バンクーバー)に進む。

 男子は、五輪で66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(ANA)と、平昌(ピョンチャン)五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が戦いの中心になる。ともに9月の前哨戦で、新ルールへの対応に課題を残しながらも優勝。GPシリーズでは得点を伸ばしてきそうだ。海外勢は昨季世界選手権を制したネーサン・チェン(米)、同五輪4位の金博洋(中)らが各大会で優勝を狙う。

 女子は、同五輪1、2位のアリーナ・ザギトワ、エフゲニア・メドベージェワらロシア勢が中心。同五輪4位の宮原知子(関大)、昨季世界選手権銀の樋口新葉(東京・開智日本橋学園高)、同五輪6位の坂本花織(シスメックス)らも各大会で表彰台をめざす。今季からシニアに参戦する紀平梨花(関大ク)はトリプルアクセル(3回転半)ジャンプを武器に挑む

ザギトワ「まどマギ」コスプレで人生初のドッキリ仕掛け人挑戦

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケート女子の平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=が、20日放送のTBS系「炎の体育会TV SP」(土曜・午後7時)に「まどマギ」コスプレで人生初のドッキリ仕掛け人に挑戦する。

 人気コーナー「いきなりドリームアスリート」は、憧れのトップアスリートが変装してキッズアスリートにバレないようにスーパーパフォーマンスを披露するドッキリ企画。

 人生初のサプライズ仕掛け人に挑戦したザギトワは、自身で考えた3パターンの変装にチャレンジ。中でも、大好きな日本のアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のコスプレには「私にぴったり合う最高の衣装!」とノリノリに。しかし、変装した姿でキッズアスリートたちに大接近すると、あることがきっかけで番組史上前代未聞のハプニングが勃発。会場が騒然となってしまうという。

町田樹引退 「氷上の哲学者」を支えた言葉の力

NEWS ポストセブン によると。

 去る10月6日、町田樹さん(28)が、フィギュアスケートの実演家を引退した。現役時代は2014年ソチオリンピック代表、同年の世界選手権では銀メダルを獲得。現役引退後は早稲田大学大学院スポーツ科学研究科に進学し、研究と両立しながら、プロスケーターとして、独創性あふれる演技を披露してきた。今春から慶大と法大で非常勤講師を務めるなど研究が多忙を極めるなかで、キャリアを一本に絞るという決断を下した。

■綺麗ごとだけでは生きていけない
 フィギュアスケーターとしては遅咲きだったと言っていいだろう。23歳で初出場したソチオリンピックの前、町田さんは自身を「第6の男」と呼んでいた。つまり、当時6人いたオリンピック候補のなかで、最下位の存在だと。その位置から見事、オリンピックの切符をつかんだ町田さんに注目が集まったとき、ファンは町田さんの演技のみならず、演技同様に独創的な「言葉」にも魅せられることになる。
 NEWSポストセブンでも、町田さんの言葉に魅せられて、かつて町田さんにインタビューをした。そのとき、町田さんの強靭な言葉を支えるものの一つが、豊富で多彩な読書だと知った。
 たとえばソチオリンピックシーズンのテーマに掲げたのは「ティムシェル(timshel)」。ジェームス・ディーン主演で映画化されたスタインベックの名著『エデンの東』に出てくる言葉だ。「ティムシェル」とは、本の中では「汝(なんじ)、治むることを能(あた)う」と訳されているが、町田さんは独自の解釈をした。「『君次第だ』と言われている気がしたんです。自分の努力次第で光をつかめる、とこの本から学んで、奮起しました」(町田さん、2014年インタビュー時、以下同)。
 読書は、言葉そのものを豊かにするだけではなく、町田さんにとって生き方や考え方、また、演技そのものにインスピレーションを与える源でもあった。
 東野圭吾の大ファンだという町田さんは、ドラマ化もされて大ヒットした『白夜行』をエキジビションプログラムとして選択、初めて自身で振付を行った。表現したのは、主人公・桐原亮司の大いなる葛藤。「彼のやっていることは邪悪なんだけど、それをやるモチベーションは純粋なんですね。そこに大きな葛藤がある。生きていると多かれ少なかれ、どんな人も葛藤を抱えていると思います。綺麗ごとだけでは生きていけない」(町田さん)

 あるいは、日本初の心臓難手術(バチスタ手術)を行った須磨久善から多くのことを学んだという町田さん。『外科医 須磨久善』(海堂尊著)を折に触れては読み返し、試合に臨む心構えや、精神の落ち着かせ方などの参考にしたと語ってくれた。「一流とはどういうことか、ということをよく考えます。僕はフィギュアスケーターとしても、人間としても一流になりたい。そのためにいろんな考え方や生き方を知りたくて本を読みます」(町田さん)

羽生結弦の「お気に入り」オルゴール…名演の曲収録

朝日新聞デジタル によると。

 国民栄誉賞を受賞したフィギュアスケートの羽生結弦選手(23)が収録曲やデザインを監修したオルゴールを、長野県下諏訪町の会社が作った。予約販売分はすでに完売する人気。17日から専用サイトや店頭で通常販売される。

 製造したのは、世界でも有数のオルゴールメーカー「日本電産サンキョー」。平昌冬季五輪のスピードスケート女子で二つの金メダルを獲得した高木菜那選手らが所属しており、スケート競技のつながりで羽生選手の起用を思い立ったという。

 収録された楽曲は、ショートプログラムでの「ショパンのバラード1番ト長調」と、フリースケーティングでの映画「陰陽師」サウンドトラックより「SEIMEI」。いずれも、羽生選手の「お気に入り」の部分が奏でられる。外装には、「YUZURU 羽生結弦写真集」の撮影を担当したフォトグラファーの能登直さんによる2017―18シーズンの競技写真が使われている。

 オルゴールは3種類で、価格は2200円~4万5千円(税抜き)。ガラス製のものや、ジュエリーケースとして使えるタイプなどがある。

 同社のオルゴール販売ECサイト「オルゴールギャラリー」や、下諏訪町の同社オルゴール記念館「すわのね」で販売される。(鶴信吾)

羽生結弦が楽曲を監修したオルゴール、既に予約が殺到

産経新聞 によると。

 音響機器や電子機器製造の日本電産サンキョー(下諏訪町)は、2月の平昌五輪のフィギュアスケート男子で連覇を達成した羽生結弦選手が楽曲を監修したオルゴールを製作した。熟練の職人による手作りの高級品から手軽に楽しめる普及品までラインアップし、17日から販売を開始する。既に予約が殺到しており、同社の担当者は「予想外の反応」と熱気に驚いている。(太田浩信)

 羽生選手と競技は異なるものの、スピードスケート女子で金メダル2つを獲得した高木菜那選手は同社の所属。このため、五輪の感動を再び伝えようと、オルゴールの企画が社内から持ち上がった。

 五輪終了後に羽生選手に製品化を提案したところ、冬季競技にゆかりの深い企業ということもあり、即座に快諾。収録曲もショートプログラムで使われたショパンの「バラード1番ト長調」と、フリープログラムの楽曲で映画「陰陽師(おんみょうじ)」サウンドトラックの「SEIMEI」に決まった。

 オルゴールに収録するに当たって同社所属の編曲家と音源のイメージをめぐって何度もやりとりが交わされ、最終的に羽生選手が納得する音が完成した。同社の担当者は「羽生選手の音楽に対するこだわりは相当なものだった」と振り返る。

 製品は3種類。氷上をイメージした箱に収められた「30弁クリスタルオルゴール」(税抜き価格4万5千円)は、振動板のくし歯部分が30枚あり、豊かな音響が特徴。

 宝石箱となっている「ジュエリーケースオルゴール」(同1万4千円)と、持ち運びができる「ショッピングバッグオルゴール」(同2200円)は、いずれも羽生選手の競技写真がデザインされている。

 同社の通販サイト「オルゴールギャラリー」から購入できるほか、下諏訪町にある同社のオルゴール記念館「すわのね」で店頭販売される。