wpmaster のすべての投稿

紀平梨花がSP1位!世界最高更新83・97点 坂本花織も自己ベストで3位

デイリースポーツ によると。

 今季成績上位6カ国・地域で争われる大会が開幕し、女子ショートプログラム(SP)が行われた。紀平梨花(16)=関大KFSC=が冒頭の3回転アクセルを含む3本のジャンプを全て成功させ、世界歴代最高を更新する83・97点でSP1位となった。18年全日本選手権女王の坂本花織(19)=シスメックス=は76・95点で自己ベストを更新し、3位に入った。2位は80・54点のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)。

 紀平はSP「月の光」の冒頭、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を流れるように着氷。出来栄え点で2・86点と、大きな加点を得た。その後の3回転フリップ-3回転トーループの連続ジャンプ、後半の3回転ルッツと全て着氷し、演技後は何度もガッツポーズをつくった。

 世界最高点をたたき出した昨年12月のGPファイナル以外、今季SPでトリプルアクセルを加点のつく出来栄えで決めた試合はなかった。「今季最後、いい演技で締めくくりたい」と話していた通り、シニアデビューを果たした激動のシーズンの最終戦で、重ねてきた努力が実を結んだ。

 なお、83・97点は、以前の採点基準での最高記録であるアリーナ・ザギトワ(ロシア)が平昌五輪で記録した82・92点も上回っている。

 坂本は「フロム・マイ・ファースト・モーメント」を披露。3回転フリップ-3回転トーループの連続ジャンプ、続くダブルアクセル、演技後半の3回転ループと、幅のあるジャンプを次々と決めた。演技後は右の拳を力強く突き上げた。

 トゥクタミシェワも冒頭の3回転半を成功させ、出来栄え点で2・29点の加点を得ている。目立ったミスのない演技で自己ベストの80・54点をマークした。

 国別対抗戦は団体戦。SPとフリーで別々に順位を出し、1位に12点、2位に11点…12位に1点とポイントが与えられる。男子、女子、ペア、アイスダンスのSPとフリー(アイスダンスはSDとFD)で順位ポイントを出し、その合計ポイントで競う。女子では紀平が12点、坂本が10点を獲得した。

高橋大輔、地元に支えられて練習していた幼少期を語る

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケート男子の高橋大輔(33)=関大KFSC=が、3日放送の「衝撃のアノ人に会ってみた!」(水曜・後7時)に出演。支えてもらった地元、岡山県・倉敷市の人々などについて語った。

 番組では「大輔」の名付け親でもある「英子姉ちゃん」がVTRで登場し、「大輔」という名前は嶋大輔から名前を取ったことを明かした。英子さんは、高橋がスケートを続けるために衣装を見よう見まねで手作りしたり、海外遠征に帯同することもあったほどで、高橋は「彼女がいなかったら僕はスケートをやっていない」と感謝した。

 さらに、五輪に出場するまでに1億円はかかると言われているフィギュアスケートを続けるために、母は自身が営む理髪店に募金箱をおいていたというエピソードも。高橋は、地元の人々からスケートリンクの入場券をもらったり、練習の送り迎えをしてもらっていたことで続けられたと感謝した。

 スタジオには、ゲストとして女優・小芝風花(21)が登場。幼少期からフィギュアスケートをしていて、全国トップレベルだった小芝は過去に高橋に助けられたエピソード披露した。小芝は、高橋が関大進学後に練習していたリンクを使っていたそうだが、そのリンクは財政難から一時、存続の危機となってしまったという。しかし、高橋がボランティアでアイスショーに出演するなどして13万人分の署名を集め、この危機を救った。小芝は「すごい出来事だった」と振り返り、高橋に「頭上がらないです」と語った。

 同じリンクで練習していた2人について、スタジオからは、「付き合っちゃえばいいじゃん」などのいじる声が上がっていた。

紀平梨花、スケート靴新調して新エキシビション「いい演技ができたら」

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケートのアイスショー「スターズ・オン・アイス」(29-31日大阪公演、東和薬品ラクタブドーム)に出演する世界選手権女子4位の紀平梨花(16)=関大KFSC=が28日、会場で行われた記者会見に出席し、新たなエキシビション「ザ・グレイテスト」を披露することを明らかにした。

 27日に完成したばかりの演目で、「難しい振り付けを、しっかりできたら。私のいろんなところを知ってもらえたらいいし、いい演技ができたらいい」と決意を込めた。

 オーストラリアの歌手・シーアのダンスナンバーで、振付師は元アイスダンスのキャシー・リード。この日の公開リハーサルでは、スマートフォンを片手に動画で振り付けを確認しながら入念に滑り込んだ。

 さらに、つま先に重心があり、革が硬いスケート靴に新調したことも明かした。23日まで行われた世界選手権では、革の柔らかい靴が足になじまず、補強のテープを巻いてしのいでいた。

 「(靴は)良い感覚。今のところは合っているのかな」。心機一転で銀盤に立ち、新たな一面を見せる。

浅田真央“伝説のフリー”前にケンカ「楽しんでやれるわけないじゃん!」

スポニチアネックス によると。

 フジテレビ開局60周年特別企画「コレ知らんかった~!新発見!村上信五の平成スポーツ命場面SP」が27日、午後7時から4時間スペシャルで放送され、元フィギュアスケート世界女王で、2010年バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央さん(28)がスタジオ出演。大きな感動を呼んだ14年ソチ五輪“伝説のフリー”の舞台裏を語った。

 前回五輪の銀メダリストとして、今度こそ金メダルと日本中の期待を背負って臨んだソチ五輪。だが、ショートプログラム(SP)のジャンプで転倒や回転不足が続き、まさかの16位スタートとなってしまった。

 SPの16位という順位は「フィギュアスケート人生の中で一番低い順位だった」と打ち明けた浅田さん。「それがしかもオリンピックで。金メダル目指してやってきたっていう中であの結果だったので、あの時点で自分のメダルはもうないなってやっぱり思ってしまうので、その悔しさとか悲しさっていうのはスケート人生の中で一番大きかったですね」と振り返った。

 メダル獲得が絶望となったその夜。いつもは「スッと眠れるタイプ」だが、さすがになかなか眠ることができず。ほとんど睡眠が取れないまま翌朝の公式練習を迎えてしまった。

 そして、公式練習が終わってもまだ気持ちは切り替えられないまま。だが、その夜に行われたフリーではジャンプを次々に成功させて自己ベストをマーク。演技が終わった瞬間、感極まって大粒の涙を流す浅田さんの姿に世界中が感動した。

 当時を振り返った浅田さんはフリー当日の公式練習から本番の間に姉であるタレントの浅田舞(30)から電話があり「楽しんでやりなよ」という姉の言葉に「楽しんでやれるわけないじゃん!」と言い返してケンカになったことを明かした。

 だが、この姉妹のケンカが結果的に幸いする。「舞にぶつけられたことで吹っ切れたじゃないですけど、強い自分にまた戻れたかなって」。そして、会場に入る際にはその感情が「やるしかない」に変化。あの“伝説のフリー”につながったのだという。

銀の羽生結弦悔し「負けは死も同然だと思っている」

日刊スポーツ によると。

男子ショートプログラム(SP)3位発進の羽生結弦(24=ANA)が復活優勝を逃した。フリー206・10点、合計300・97点とともに自己ベストで巻き返したが、2連覇を果たしたネーサン・チェン(米国)に届かずに、銀メダルで大会を終えた。

試合後には「正直悔しいですね。もっと強くならないといけないと痛感しています」と明かし、「勝ちたいな、とすごく純粋に思ってましたし、ただ、負けには負けの意味しかない。はっきり言って自分にとっては負けは死も同然だと思っている。本当に、本当に勝ちたいです」と語気を強めた。

冒頭の4回転ループには成功した。「こっち来るまではループすごく良かったんですけど、曲で入らないという日々が続いて、その中で最初のジャンプを跳べたのは良かったんですけど」と評価はした。続く4回転サルコーこそ減点対象となったが、以降は力強いジャンプを披露し続けた。演技を終えるとガッツポーズを繰り出し、「ただいま!」と叫んだ。

右足首を負傷した昨年11月のGPロシア杯から4カ月ぶりの実戦だった。フリーでは輝きも放ち、同時に悔しさも味わった。「次のシーズンに向けては時間あるので、ケガをしないように、その上で追随されないくらい強くなりたい」と固く誓った。