高橋大輔、地元に支えられて練習していた幼少期を語る

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケート男子の高橋大輔(33)=関大KFSC=が、3日放送の「衝撃のアノ人に会ってみた!」(水曜・後7時)に出演。支えてもらった地元、岡山県・倉敷市の人々などについて語った。

 番組では「大輔」の名付け親でもある「英子姉ちゃん」がVTRで登場し、「大輔」という名前は嶋大輔から名前を取ったことを明かした。英子さんは、高橋がスケートを続けるために衣装を見よう見まねで手作りしたり、海外遠征に帯同することもあったほどで、高橋は「彼女がいなかったら僕はスケートをやっていない」と感謝した。

 さらに、五輪に出場するまでに1億円はかかると言われているフィギュアスケートを続けるために、母は自身が営む理髪店に募金箱をおいていたというエピソードも。高橋は、地元の人々からスケートリンクの入場券をもらったり、練習の送り迎えをしてもらっていたことで続けられたと感謝した。

 スタジオには、ゲストとして女優・小芝風花(21)が登場。幼少期からフィギュアスケートをしていて、全国トップレベルだった小芝は過去に高橋に助けられたエピソード披露した。小芝は、高橋が関大進学後に練習していたリンクを使っていたそうだが、そのリンクは財政難から一時、存続の危機となってしまったという。しかし、高橋がボランティアでアイスショーに出演するなどして13万人分の署名を集め、この危機を救った。小芝は「すごい出来事だった」と振り返り、高橋に「頭上がらないです」と語った。

 同じリンクで練習していた2人について、スタジオからは、「付き合っちゃえばいいじゃん」などのいじる声が上がっていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください