紀平梨花、スケート靴新調して新エキシビション「いい演技ができたら」

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケートのアイスショー「スターズ・オン・アイス」(29-31日大阪公演、東和薬品ラクタブドーム)に出演する世界選手権女子4位の紀平梨花(16)=関大KFSC=が28日、会場で行われた記者会見に出席し、新たなエキシビション「ザ・グレイテスト」を披露することを明らかにした。

 27日に完成したばかりの演目で、「難しい振り付けを、しっかりできたら。私のいろんなところを知ってもらえたらいいし、いい演技ができたらいい」と決意を込めた。

 オーストラリアの歌手・シーアのダンスナンバーで、振付師は元アイスダンスのキャシー・リード。この日の公開リハーサルでは、スマートフォンを片手に動画で振り付けを確認しながら入念に滑り込んだ。

 さらに、つま先に重心があり、革が硬いスケート靴に新調したことも明かした。23日まで行われた世界選手権では、革の柔らかい靴が足になじまず、補強のテープを巻いてしのいでいた。

 「(靴は)良い感覚。今のところは合っているのかな」。心機一転で銀盤に立ち、新たな一面を見せる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください