羽生結弦、来季も現役続行「4回転半込みのパーフェクトパッケージ目指す」

サンケイスポーツ によると。

 2018年に活躍した選手や団体をたたえる「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の表彰式が11日、東京都内で行われ、平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で2連覇を飾り、ビッグスポーツ賞を受賞した羽生結弦(24)ANA=が来季の現役続行を明言した。

 拠点のカナダ・トロントで活動するため式を欠席した羽生はビデオメッセージを寄せ、「来季こそグランプリシリーズを通して優勝を目指したい。4A(4回転半ジャンプ)込みのパーフェクトパッケージを目指します」とコメントした。

 羽生は今後について、右足首にけがを負った昨年11月のロシア杯後には「引退はしません」と話すにとどめていた。けがのため昨年末のグランプリファイナルと全日本選手権は欠場。3月の世界選手権(さいたま)が復帰戦となる見込みで、関係者によると氷上練習を再開したという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください