紀平梨花「世界選手権が終わってから」4回転トーループ本格練習へ

デイリースポーツによると。

 フィギュアスケート女子で18年GPファイナル女王の紀平梨花(16)=関大KFSC=が11日、都内で行われた「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の表彰式に出席し、特別賞を受賞した。

 「この表彰式に出席できてうれしい。これからも頑張りたいという強い気持ちになれた」と笑顔で語った紀平。2月の四大陸選手権(米アナハイム)、3月の世界選手権(さいたま)と続く大舞台へ「四大陸では今まで通りの実力をリラックスして出せるように。世界選手権ではSP、フリーノーミスできたら」と抱負を語った。

 全日本選手権後にスケート靴を新調。徐々になじんできている。来季までに4回転トーループを完成させたい意向で「世界選手権が終わってから集中的にやろうと思っている」と話した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください