皇帝エフゲニー・プルシェンコがザギトワに4回転のススメ

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートでロシアの14歳アンナ・シェルバコワが、ロシア杯第2ラウンドで女子史上初となる、1つのプログラムの中で2度4回転ルッツを跳び優勝。非公認大会ながら、平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)の世界最高得点を上回る159.43点をマーク。現地メディアが衝撃の大きさを続々と伝えていたが、このニュースを受けて、皇帝エフゲニー・プルシェンコ氏がザギトワに4回転ジャンプを取り入れるべきだと助言している。

 空前のハイレベルの様相を呈するロシアフィギュア界。シェルバコワ以外にも世界ジュニア女王アレクサンドラ・トルソワら4回転を跳ぶジュニアが続々と生まれている。

 ロシアメディア「Newspapaer.ru」は題名「プルシェンコ氏がザギトワに4回転ジャンプを習得するように助言した」と題して記事を展開している。

「2度の五輪王者プルシェンコ氏は平昌五輪女王ザギトワが4回転ジャンプを習得するのが必要不可欠だと考えている」として、皇帝のコメントを紹介している。

「ザギトワは日本で記録的な得点を獲得し見事な滑りを見せた。さらに、もし彼女が4回転ジャンプを習得したら、それは素晴らしいことだ。なぜなら(ジュニアで4回転ジャンプを跳んでいるトルソワやシェルバコワら)新しいスケーターがシニアで競技するようになったら、ザギトワやメドベージェワも厳しい戦いを強いられる可能性がある。私はアリーナが普段、どんな練習をしているか詳しくは知らない、でももちろん彼女に願望があって恐れがなければ(4回転ジャンプを)習得するのは実現し得る」

 体が小さく体重の軽いジュニアだからこそ、高難易度のジャンプを跳べるという指摘もあるが、プルシェンコ氏はシェルバコワや、トルソワらがシニアに上がった際にはザギトワらにとっては脅威になると想像しているようだ。
皇帝の教え子タラカノワも4回転の練習に着手
 さらに同氏は自身の教え子の14歳アナスタシア・タラカノワ(ロシア)も4回転ジャンプに取り組んでいることを明かしている。ロシアメディア「sports.ru」では、タラカノワへの期待するプルシェンコ氏のコメントを伝えている。

「思うに彼女はシーズンの終わりまでに自分のプログラムで4回転トウループが跳べるようになるだろう。今もう跳べるまでにとても近いところまで来ている。同様に彼女は4回転ルッツも練習している。来シーズン、彼女は100%4回転ジャンプを跳ぶだろう」

 タラカノワも4回転ルッツの練習に着手しているという。この14歳はジュニアのGPシリーズ第4戦カナダ大会で2位。第6戦のスロベニア大会で優勝し、ジュニアGPファイナル進出を確実としている。

 続々と新星が登場するロシアフィギュア界。果たしてザギトワらも4回転時代の波に乗っていくのか。今後の展開が注目されそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください