デニス・テンさん死去 浅田真央さんと一緒にタラソワコーチから指導 日本選手と深い交流

デイリースポーツ によると。

 フィギュアスケート男子の14年ソチ五輪銅メダリストのデニス・テンさん(25)=カザフスタン=が死去したと、同国メディアの「KAZINFORM」が報道した。

 カザフスタンの英雄を襲った悲劇。日本選手たちとの交流も深い選手だっただけに、大きな悲しみが広がった。日本フィギュア界のヒロイン、浅田真央選手とはタチアナ・タラソワの指導を受けている際にロシアで一緒にトレーニングに励んだ。互いが主催するアイスショーにも出演し合う仲。引退した際、テンさんは自身のSNSで「競技生活はいつか終わるけど、外には全く新らしい世界が広がっている。真央、これからの人生の旅がすばらしいものになりますように」と、エールを送り、真央さんとの2ショットの写真を掲載している。

 また、今月に入り、現役復帰を表明した高橋大輔との親交も深く、現役復帰の際には自身のSNSで「Welcome back(おかえり).DT」と記し、2人が写っている写真を掲載した。

 同国メディアによると、テンさんはアルマトイ市内で車のミラーを盗もうとした2人に右大腿部などを刺されたという。その後、救急車で運ばれたが、報道によれば「3リットル」の血液を失うほど、出血がひどく重篤な状態に陥っていたという。「KAZINFORM」は最新のニュースで同国保健省の関係者の「残念なことに、私たちはもう彼には会えない」というコメント掲載し、死亡が確認されたと伝えた。

 今後、記者会見で説明されるという。

 テンさんは朝鮮系カザフスタン人のフィギュアスケーター。14年ソチ五輪ではSP9位からフリーで圧巻の演技を見せ、羽生結弦、パトリック・チャンに次ぐ銅メダルを獲得。カザフスタンにフィギュアスケートで初めてメダルをもたらした英雄だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください