TDS限定ステラ・ルーに舞台降板騒動!?

スポーツ報知 によると。

 東京ディズニーリゾート(TDR)の35周年スペシャルイベント“Happiest Celebration!”の4月15日開幕を前に、東京ディズニーシー(TDS)で春のスペシャルイベント「ディズニー・イースター」が始まった。東京ディズニーランド(TDL)は35周年一色になるため、今年のイースターはTDSだけ。昨年デビューしたTDS限定キャラクター、ステラ・ルーがハーバーショーに初登場するほか、35周年ロゴやテーマソングも先行披露。お祝いムードがいよいよ漂ってきた。

 TDSのハーバーショーにウサギのステラ・ルーが初登場した。メディテレーニアンハーバーでの春の祝祭ショー「ファッショナブル・イースター」に4隻の船が現れ、ミニーマウスが「みなさんに新しいお友だちを紹介しなくっちゃ」と呼びかけ、MC役のキャスト、グローリアから「ブロードウェーのダンサーになることを夢見るキュートな女の子、ステラ・ルー」と紹介されると、「ハーイ」と船の上からポーズを決めた。

 ダッフィーの友だち、ステラ・ルーがTDSに初登場したのは、昨年のイースター開幕と同じ4月。ただ、イースターには絡まず、別枠のグリーティングドライブでの登場だった。ハーバーにもグリーティングで登場することはあったが、ハーバーショー出演は初めて。昨年7月からドックサイドステージでのダンスショー「ステップ・トゥ・シャイン」に出演していたが、今月19日に閉幕。7月10日からの同ステージでの35周年記念ショー「ハロー、ニューヨーク!」には名前がなかったため、「降板か…」と残念がる声もあったが、こんな舞台が用意されていたとは。

 イースターは、イースターバニーが主役。ミッキー&ミニーらはウサギの耳やリボンをつけて登場しているが、TDSのウサギキャラであるステラ・ルーこそ、“ミス・イースター”だ。グリーティングとは違って船から上陸し、リドアイル(出島)で得意のダンスを披露。長い耳があるのに両手を上げて、ウサギの耳ポーズするのがかわいらしい。ミッキー&ミニーも負けじと、今回初めて、同ショーで衣装のお色直しを行うのも見どころだ。

 今年ならではなのが、まだまだある。ショーの中でイースターのテーマソングとともに、4月15日からスタートするTDR35周年のテーマ曲「Brand New Day」が使用され、パーク内にもイースターエッグなどのデコレーションに35周年のロゴが施されるなど、ひと足早くTDR35周年の雰囲気を味わうことができる。「ディズニー・イースター」は6月6日まで展開される

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください