4月 292017
 

スポーツ報知 によると。

 日本スケート連盟は27日、都内で16―17年シーズン表彰祝賀会を開催した。フィギュアスケートの元世界女王で10日に引退を発表した浅田真央さん(26)がサプライズで登場。長年の功績がたたえられ、史上初となる連盟特別表彰が授与された。今後についても「真央リンクをオープンさせたい」と夢を語った。左股関節の疲労骨折の影響でシーズン後半を欠場した宮原知子(19)=関大=は、5月に氷上練習を再開することを明かした。

 日本スケート連盟初となる特別表彰で「浅田真央さん」のアナウンスが響いた。サプライズで登壇した真央さんは橋本聖子会長から表彰され、中京大の後輩の宇野昌磨(19)から花束を贈られた。

 「挑戦する気持ちを持って試合に挑んできました。失敗もありましたが、失敗から学び、成功し、結果を残せてこられたと思っています。これからの人生も挑戦することを忘れずに、失敗を恐れずに前進していきたいと思います」

 多くの若手が真央さんに憧れ、真央さんの背中を追った。「選手のみなさん、次のオリンピックに向けて全力で頑張ってください」とエールを送った。真央さんの影響でフィギュアスケートを始めた宇野は「感謝の気持ちでいっぱいです」とスピーチ。本田真凜(15)=大阪・関大高=は一緒に写真を撮り「『これからも応援しているから頑張ってね』と言ってもらえた」と感激した。

 スピードスケート女子で平昌五輪金メダル本命の小平奈緒(30)=相沢病院=は「最後は悔いのないように頑張ってください」と声をかけられた。「真央ちゃんのようにいろんな人から愛される選手って、なかなかいない。私も真央ちゃんみたいになりたいなと思った」と話した。

 真央さんは今後の夢に関して「将来的に自分の真央リンクをオープンさせたいと思っています」と明言。詳細は未定だが、引退後にテレビ番組で「海外に比べたらリンクが少ないので、真央リンクができたらそこで練習に励んでくれるかも」と後進育成への思いを明かしていた。ゴールデンウィーク明けからは、自身が座長を務めるアイスショー「THE ICE」(7月29~31日・大阪市中央体育館、8月4~6日・愛知県体育館)へ向け氷上練習を再開。一線を退いても、その存在感は抜群だ

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>