の羽生結弦、平昌冬季五輪以来初実戦のSPで97・74点と高得点をマーク、首位発進

日刊スポーツ によると。

フィギュアスケート男子で五輪(オリンピック)2連覇の羽生結弦(23=ANA)が平昌(ピョンチャン)冬季五輪以来初実戦のSPで97・74点と高得点をマークし、首位発進した。五輪後は右足首の治療のため、1カ月間療養に専念し、3月の世界選手権は欠場。これが2月17日の五輪フリー以来、217日ぶりの実戦復帰となった。

新たなプログラムは「秋によせて」。「自分のために滑りたい」という思いから、幼少期に憧れた米国のジョニー・ウィアー氏がかつて使用した曲を選んだ。上半身が白と青の華やかな衣装に身を包んだ羽生は、ゆったりと滑り始め、冒頭の4回転サルコーをきれいに着氷。得意の3回転半も美しく決めた。4回転トーループ、3回転トーループの連続技はやや乱れたものの、最後は情感込めた美しいステップで王者の風格をみせつけた。スピンが0点になるなどミスもあったことから、試合後は「悔しいです」と話したが、「ジャンプ跳べてなんぼだと思うので、まとまったのはよかった」と3つのジャンプすべてを跳べたことを喜んだ。

五輪2連覇の王者として臨むシーズン。8月には「スケートを楽しむこと自体を感じながら滑りたい」と話していたが、それでも試合の緊張感は変わらなかった。「いつも感じていたとおり、不安はありました。それはけがから、ということだけでなくて、新しいプログラムであったり、そういうことに起因していると思う。試合でジャンプを跳ぶこととか、スピン、ステップやることを久しぶりに味わうことができたので、これを明日につなげるようにしたいです」。

22日(日本時間23日)のフリーでは、憧れのエフゲニー・プルシェンコ氏にオマージュをささげる「Origin(オリジン)」を初披露する。

紀平梨花、3回転半転倒もシニア初戦で首位発進

日刊スポーツによると。

シニア初戦を迎えた紀平梨花10+ 件(16=関大KFSC)が70・79点を記録して首位発進を決めた。
今季からSPで取り入れる冒頭のトリプルアクセル(3回転半)は転倒したものの、残りでミスをカバー。SP70点台に到達した。トゥルシンバエワ(カザフスタン)が69・99点で2位につけ、新田谷凜(21=中京大)は45・57点で10位となった。
17年全日本選手権3位の有望株が、シニアデビュー戦で笑顔の首位発進だ。「キス・アンド・クライ」で得点表示を見ると、紀平は笑顔で拍手した。新プログラムは「月の光」。かつて浅田真央さんも使用した名曲で、シニアでの戦いをスタートさせた。

冒頭のトリプルアクセルは転倒し、出来栄え点(GOE)で4・00点の減点。直前の6分間練習では成功していたものの、本番では悔しい結果になった。だが、冷静に続くフリップ-トーループの連続3回転ジャンプを成功。最後も3回転ルッツを決めた。3つのスピンと、ステップは全てレベル4の最高評価を得て、大崩れすることはなかった。

7月下旬に行われた全日本シニア合宿では「トリプルアクセルは絶対に外さないと決めている。どんな試合でもどんな状況でもできるようにしたい」と誓いを立てた。ジュニア時代と比べ、練習では成功率が上がっている大技。フリーでは2本用いることも想定しており、デビュー戦での優勝へ、視界は良好だ。

メドベージェワは「すごい!」 貫禄の首位発進を米名手絶賛「ソリッドな今季開幕」

THE ANSWER によると。

今季初戦SP、唯一の70点超えで首位発進、ウィアー氏も賛辞「すごい!」
 フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ)は20日(日本時間21日)、女子ショートプログラム(SP)で平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が70.98点で首位発進。新たに師事したブライアン・オーサーコーチの下で迎えた新シーズンの第一歩を順調に記し、IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」は華麗に決めた連続ジャンプの瞬間を動画付きで速報し、米名手も「すごい!」と賛辞を送っている。

 新シーズンをまずは順調に踏み出した。メドベージェワは着氷の際にややバランスを崩すシーンがあったものの、それ以外な大きなミスなくまとめ、貫禄の演技を披露。演じ切ると、表情に充実感を浮かべた。故障と戦いながら挑んだ平昌五輪は銀メダル。オフにオーサー氏に師事し、心機一転で迎えた一戦を唯一の70点超えで、笑顔で終えた。

「オリンピックチャンネル」は代名詞の「タノ」を織り交ぜた連続ジャンプを決めたシーンを公式ツイッターに動画付きで速報するなど注目度の高さを伺わせ、トリノ五輪5位の名手ジョニー・ウィアー氏(米国)は「情熱的なムード、美しさ、それでいてソリッドなシーズン開幕となったエフゲニア・メドベージェワ。トリプルルッツ、ダブルアクセルでのベーステクニックは非常に向上している」とツイート。最後にはロシア語で「すごい!」とひと言添え、高く評価していた。

 18年世界選手権銀メダリストの樋口新葉(開智日本橋女学館高)は57.54点で4位。フリーで巻き返しを目指す。

樋口新葉「今回が初めて」氷上で右足つりながらも必死の調整 20日女子SP

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケートのオータムクラシックは20日、カナダ・オークビルで開幕する。18年世界選手権銀メダルの樋口新葉(17)=東京・開智日本橋学園高=が19日、本番の会場で練習した。

 練習中に右足のふくらはぎをつるというスケート人生初の出来事に見舞われながらも、必死にジャンプの調整に努めた。「途中から足がつって、力が入らなくて。今回が初めてで、どう対処したらいいのかわからなかった。ジャンプミスが出たけど、スピンはよくできた」と振り返った。

 フリーは「愛の賛歌」からビバルディの「四季」に急きょ変更。9月に入って、新しい振り付けを終えたばかりだ。この日の「四季」の曲かけ練習で着用した真っ赤な衣装は「愛の賛歌」で使う予定だったもの。「プログラムを変えてすぐで間に合わなかった。手袋だけ黒にしました」。ジャンプは精細を欠いたが、膝を氷上についてから跳ぶ最後の2回転半ジャンプを決めるなど魅せた。

 ステップは体の大きな動き、スピンでは回転の速さやポジションを意識し取り組んできた。国際大会今季初戦へ「ジャンプよりもステップ、スピンでどれだけ点数をもらえるかを考えている」。女子ショートプログラム(SP)は現地時間20日に行われる。樋口は17番滑走。