8月 182018
 

日刊スポーツ によると。

 フィギュアスケート男子で4年ぶりに現役復帰する高橋大輔(32=関大KFSC)が17日、左足内転筋肉離れにより、翌18日からの「プリンスアイスワールド広島公演」と24日からの「フレンズオンアイス」の両アイスショーの出演を取りやめると発表した。広島でのショーが復帰後初滑りとなるはずだった。

 高橋は自身の公式サイトを通じ、「競技会復帰に向けてトレーニングを重ねてきましたが、練習中にけがをしてしまい、軽度の左足内転筋肉離れと診断されました。ドクターやトレーナーと相談し、誠に残念ですが、プリンスアイスワールド広島公演およびフレンズオンアイスでの滑走を取りやめとさせていただきます」とコメント。さらに、関係者やファンにおわびした。両公演ではあいさつを行う。復帰後初戦は、全日本選手権の予選に当たる近畿選手権(10月5日開幕、兵庫・尼崎)を予定している。

8月 172018
 

ザテレビジョン によると。

「今回のみ例外を認める」にて進行を務める小谷有美アナウンサー、パネラーの岩崎恭子、澤部佑、ギャル曽根(写真左から)
8月18日(土)放送の「土曜☆ブレイク『今回のみ例外を認める』」(昼2:00-2:54、TBS)では、フィギュアスケート・羽生結弦選手の物語を紹介する。

同番組は、従来のルールや規則にとらわれず、例外を認めたからこそ生まれた奇跡の実話に迫るドキュメントバラエティー。

フィギュアスケート・男子シングルで冬季五輪2連覇を果たし、2018年7月に史上最年少の23歳という若さで国民栄誉賞を受賞した羽生選手が、番組VTRに出演する。

現在、そして今後のスケート界をリードする存在である彼が、“例外的”に出演を快諾したのが2016年に公開された映画「殿、利息でござる!」だ。

同映画は江戸時代の仙台藩を舞台に貧困にあえぐ宿場町を救うために奮闘した人々を描いた実話物語で、羽生選手は仙台藩藩主・伊達重村という実在の人物を演じた。

羽生選手はこのことを「役者の経験は大きな経験になった。この経験をスケートに生かしていきたい」とコメント。

アスリートである羽生選手が、この映画への出演を決めた理由は何だったのか。番組では映画出演に込めた熱い思いに迫る。

ほか、シドニー・オリンピック柔道男子100kg級金メダリスト・井上康生や、ベトナム戦争の枯葉作戦により下半身がつながった状態で生まれてきた双子のベトちゃん・ドクちゃんを救おうと奔走した日本人医師団の物語も紹介

8月 162018
 

ELLEgirl によると。

ディズニーの実写版映画『ムーラン』の主人公を演じる中国出身女優、リウ・イーフェイのビジュアルが初公開!

世界5大陸で実施されたオーディションで、1000人近い候補者から選ばれたリウは、10代の頃から中国のテレビドラマで活躍し、子ども時代をニューヨークで過ごしていたことから英語も堪能。

撮影は、中国とニキ・カーロ監督の生まれ故郷のニュージーランドで予定されている。全米公開は2020年3月27日とまだまだ先だから、続報をお楽しみに!