真央魂継承…紀平梨花、偉大な女王に「近づけるようにしたい」

デイリースポーツ によると。

 上位選手によるエキシビションなどが行われた。女子で男女を通じて日本勢初のGPシリーズ初出場優勝を果たした紀平梨花(16)=関大KFSC=は一夜明け、同じトリプルアクセル(3A)=3回転半ジャンプ=を武器にした元世界女王の浅田真央さん(28)のようなトップスケーターへの飛躍を誓った。“元祖トリプルアクセルジャンパー”の伊藤みどりさん(49)からも絶賛された“進化系3A”を武器に、まずは次戦のフランス杯(23日開幕・グルノーブル)で、シリーズ上位6人によるGPファイナル(12月6日開幕・バンクーバー)進出を狙う。

 ニューヒロインの階段を駆け上がった16歳は、快挙から一夜明けても気持ちが追いつかない様子だった。浅田真央も羽生結弦もなしえなかったGPデビュー戦V。「誰もやったことのないことをやった実感がない」と、初々しくはにかんだ。

 伊藤、浅田ら日本女子のエースが継承してきた“宝刀”トリプルアクセルをフリーで2回成功させ、SP5位から大逆転した。総得点は世界2位。平昌五輪金メダリストのザギトワ(ロシア)の世界記録には約14点及ばないが、紀平はSPで転倒しているだけに十分頂点を狙える位置にいる。「どんな相手でも自分の完璧な演技ができれば…」と自信を手にした。

 “継承者”としての自覚も芽生えた。見据えるのは偉大な先輩の背中だ。「1戦目で勝てたけど、まだまだ。浅田真央さんに近づけるようにしたい」。この日、イベントで来場した“元祖”の伊藤さんは「簡単に跳んでいる。効率のいい跳び方をマスターしている」と、紀平の“進化系3A”を絶賛。「世界は4回転を跳んでいるけど、アクセルを武器に変えて世界のトップを目指してほしい」と、後継者に期待を寄せた。

 次戦はフランス杯。「次はSPも完璧にやって、完璧のノーミスを目指したい」と紀平。若き紡ぎ手とともに、新たな3回転半物語が始まった。

紀平梨花の進化系3A…伊藤みどりも絶賛「効率のいい跳び方をマスターしてる」

デイリースポーツ によると。

 過去のNHK杯を彩ったレジェンドスケーターたちがエキシビションを行った。女子最多6度の優勝を誇る“元祖トリプルアクセルジャンパー”の伊藤みどりさん(49)は、渾身ダブルアクセルに成功。大歓声を浴びた。

 前日の女子シングルでは、同じくトリプルアクセルを武器とする16歳の紀平梨花(16)=関大KFSC=が、フリーでトリプルアクセルを2本決めて、男女通じて日本初のGP初出場初優勝。ニューヒロインが誕生した。

 紀平のトリプルアクセルについて、伊藤さんは「簡単に跳んでいるように見える。フッて。トリプルアクセルって難しいんですけどね。今どきの回転軸の作り方で、世代にあった効率のいい跳び方をマスターしてる」と、洗練されたジャンプに舌を巻いた。伊藤さんに始まり、浅田真央さん、そして紀平梨花と日本女子に脈々と受け継がれている“伝家の宝刀”。「同じトリプルアクセルに見えないですけどね。私のはダイナミック、真央ちゃんは高さ。でも私が礎になって、その後、真央ちゃんが決めて、紀平さんが跳んだ。日本の選手で引き継いでもらえてることがうれしい」と喜びを口にした。

 紀平には22年北京五輪に向けて、次代のエースとして期待が掛かる。伊藤さんは「世界は4回転を跳んでいる。これ(トリプルアクセル)を武器にして、世界のトップを目指して戦っていってもらえたら」と、エールを送った。

紀平梨花「浅田真央さんに近づけるように、ということだけを考えている」

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートのGPシリーズ第4戦・NHK杯(広島県立総合体育館)の女子で、日本初のGP初出場初優勝を果たした紀平梨花(関大KFSC)が快挙から一夜明けた11日、取材に応じた。
 SPは5位だったが、フリーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度決めて、逆転した。GPデビューVは憧れの浅田真央さんでも達成できなかった快挙。「実感は全然、湧かない。浅田真央さんに近づけるように、ということだけを考えている」と話した。
 フリーはほぼ完璧だった一方、SPは大技で転倒して69・59点だった。「SPでレベルの取りこぼしやミスをなくすと5点以上は出ると思う」と分析。「完璧なノーミスは本当に難しいけど、完璧なノーミスを増やしたい」。今大会の合計は224・31点で、SPもノーミスなら230点超えも視野に入る。
 NHK杯では15年世界女王のトゥクタミシェワを上回った。ファイナル(12月、カナダ)進出が懸かる次戦のフランス杯(23日開幕)には16、17年世界女王で平昌五輪銀メダリストのメドベージェワも出場する。ファイナルに進出すれば、五輪女王のザギトワと激突必至。世界を席巻するロシア勢に挑む新ヒロインは、「どんな相手が来ても、自分の完璧な演技ができたらいい」と静かに闘志を高めた。

TDSクリスマス仕様パレード 100人超ダンサー

日刊スポーツ によると。

きよしこの夜-舞浜横丁で楽しみません? 東京ディズニーリゾート(TDR)で、8日から12月25日までの48日間、「ディズニー・クリスマス」が開催される。アルコールを提供する東京ディズニーシー(TDS)では「お酒と軽食とともに会話を楽しむぜいたくな時間」をテーマにした企画をブチ込んできた。

もちろん、お酒だけのクリスマスではない。TDSのエンターテインメントショー「イッツ・クリスマスタイム!」ではミッキー&ミニー、ドナルド&デイジーにサンタクロースら16人のキャラクターと100人以上のダンサーで切れ味の鋭いダンスと生歌で盛り上げる。元女子プロレスラーのブル中野さん(50)は「目の前でこれだけのパフォーマンスは寒さが吹き飛びますね」と瞳をキラキラ。

東京ディズニーランド(TDL)のパレードでもダンサーをふくめた約120人で7つのクリスマスにちなんだ物語を大展開する。「高校生のときはパーク内を走り回ってたけど、落ち着いてパレードを見るのもいい。あー、楽しいよー」と築地場外「鮨國(すしくに)」握り職人の「やっちゃん」こと國場(こくば)靖代さん(34)は目をうるうるさせた。

紀平梨花「4回転トーループは、来季を目標に練習をしていきたい」

スポニチアネックスによると。

 女子で表彰台に上がった紀平梨花(関大KFSC)、宮原知子(関大)、エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)は表彰式を終え、会見に臨んだ。

 ―演技を振り返って

 紀平「昨日はトリプルアクセルに不安があったけど、今日確認してそれが演技に現われたのが嬉しい」

 宮原「フリーでは硬さが出てしまった。演技自体は悪くないけど、もっともっと頑張らないといけないと思った」

 トゥクミシェワ「満足している。カナダよりもいい演技を見せられて嬉しい。自己ベストになったので、これからも成長していい演技を見せたい」

 ―(紀平と宮原に)チームに強い選手がいる。ライバルと練習するメリットは

 紀平「宮原選手はずっと尊敬しているし、いつも見習ってばかり。いい環境でやらせてもらっている。コーチも敵ではなくいいライバルと言って下さっていて、すごいいい環境で練習しているので、感謝したい」

 宮原「本当にいい環境で。普段の練習からたくさんの刺激を受けられている。もっともっと頑張らないとという気持ちを忘れずに日々、練習できている。紀平選手やそのほかの強い選手たちから自分にはない良さを見て、勉強したり自分のものにできるようにしていて、コーチからもそれぞれの選手の良さを盗んで勉強して、足りないところを補うようにしたらいいと思うと言っていただいている」

 ―(紀平に)224点を出して初のGP初優勝にどんな思いか

 紀平「終わったばかりで実感が沸いていない。SPの時点では巻き返せるか分からないくらいの不安もあったし、SPのミスがフリーへの集中力とかやる気にも変わって、まさかこんなにもいい点数が出ると思っていなかった。すごいいい経験ができた。どこを直せば点数が伸びるか研究して、これからも上を目指せるように、満足せずに明日、明後日から気持ちを持っていきたい」

 ―(宮原、トゥクタミシェワに)ファイナル、国内選手権に向けて

 宮原「ファイナルでは今回見つかった課題とか、直してきた課題をしっかりSPとフリーの両方で達成できるような演技をしたい。全日本選手権も大事。1試合1試合が次につながるものになるように頑張りたい」

 トゥクタミシェワ「ようやくファイナルに出ることができて嬉しく思っている。バンクーバーは写真で見てきれいな場所だったので楽しみ。6人の最強の選手が集まる。おもしろい大会になる。ロシア選手権はこの大会みたいに、もしくはよりいい演技を見せることを目標にしている。ロシア代表になって欧州選手権、世界選手権に出られるよういい結果を出したい」

 ―(紀平に)4回転トーループは今季中に見られるか

 紀平「今の時点では今季入れる予定はない。練習はオフシーズンの中で良くなってきている。来季を目標に、試合の合間にできるときに練習をしていきたい」

 ―(トゥクタミシェワに)紀平の3Aはどう映るか

 トゥクタミシェワ「残念ながら紀平選手の演技を見ることができなかった。フィギュアがスポーツとして成長していくのは嬉しい。トリプルアクセルが2つある選手がいるのは非常に素晴らしい」