8月 172018
 

日刊スポーツ によると。

 フィギュアスケート男子で今年4年ぶりに現役復帰することを表明した高橋大輔(32=関大KFSC)が17日、左足内転筋の肉離れにより、18日からのアイスショー「プリンスアイスワールド」広島公演(広島サンプラザホール)の出演を取りやめると発表した。

 このショーが復帰表明後初滑りとなり、新プログラムを披露する予定だった。また、翌週に予定されていた「フレンズオンアイス」(24~26日、新横浜スケートセンター)の出演もあわせて見送ることとなった。

 高橋は自身の公式サイトで、以下のコメントを発表した。

 「競技会復帰に向けてトレーニングを重ねてきましたが、練習中に怪我をしてしまい、検査の結果、軽度の左足内転筋肉離れと診断されました。ドクターやトレーナーと相談し、誠に残念ですが、大事を取ってプリンスアイスワールド広島公演およびフレンズオンアイスでの滑走を取りやめとさせていただきます。応援いただき両公演を楽しみにしてくださっていた皆様、主催者をはじめ関係者の皆様には、ご心配とご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございません。プログラムを滑ることはできませんが、両公演とも氷上にて皆様にご挨拶をさせていただきたいと思います」。

 高橋は、12月の全日本選手権出場を目指し、予選にあたる10月の近畿選手権で実戦復帰する予定。

8月 122018
 

THE ANSWER によると。

 29日まで行われたフィギュアスケートのアイスショー「THE ICE」。平昌五輪金メダリスト、アリーナ・ザギトワ(ロシア)ら、国内外のトップスケーターが一堂に会し、大いに盛り上げたが、織田信成さんがザギトワとの“あるやりとり”を明かしたツイッターが大きな話題を呼んでいる。

 新ショートプログラム「オペラ座の怪人」を披露し、スポットライトを浴びたザギトワ。しかし、その舞台裏ではおちゃめな一面を覗かせていたようだ。織田さんがショーが行われた迎えた28日にツイッターを更新し、こうつづっている。

「今朝ザギトワちゃんに『儲かりまっか?』って訊かれてニコニコしてたら、『大阪ではこんにちはって意味でしょ?』って言われてんけど、教えた人誰」

 ザギトワは誰に教わったのか「儲かりまっか?」というコテコテの関西弁を駆使し、大阪流の“挨拶”という認識でコミュニケーションを図ってきたという。思わず「教えた人誰」と突っ込むのも無理はないが、なんとも微笑ましいやりとりだ。
9万を超える大反響「『ぼちぼちでんなぁ』と答えるって教えてあげないと!
 投稿はリツイートといいねを合わせ、9万を超える大反響。「『ぼちぼちでんなぁ』と答えるって教えてあげないと!」などファンからも愉快なツッコミが殺到し、賑わっていた。

 日本で一目ぼれした秋田犬を贈呈され、「マサル」と名付けて可愛がるなど、親日家としても知られるザギトワ。こうした素顔が覗けるのも、この時期のアイスショーの魅力の一つだろう。

 五輪女王として迎える新シーズン。どんな演技でファンを魅了してくれるのか。ファンの期待も高まっている。

8月 102018
 

スポニチアネックス によると。

 7月に現役復帰を表明したフィギュアスケート男子10年バンクーバー五輪銅メダリスト、高橋大輔(32)の所属先は母校のクラブ、関大KFSC(関大カイザーズフィギュアスケートクラブ)に決まった。マネジメント会社が10日、発表した。

 新規スポンサーとして、マンションの分譲・販売を手掛ける「スカイコート株式会社」、化粧品の「イミュ株式会社」のサポートを受ける。

 高橋は「母校でもある関西大学のクラブへの所属が決まり、慣れ親しんだ関西大学アイスアリーナで宮原知子選手をはじめ、トップ選手と一緒にトレーニングが積めることを嬉しく思います。また、スカイコート様、イミュ様のサポートを受け、競技に打ち込める環境が整い、一層気が引き締まる想いです。シーズンに向け、トレーニングを追い込んでいきたいと思います」とコメントした。

8月 082018
 

日刊スポーツ によると。

 フィギュアスケートのNHK杯第40回を記念する展覧会「銀盤の軌跡展」が8日、日本橋高島屋で開幕し、開会式にトリノ五輪女子金メダリストの荒川静香さん(36)が出席した。

 荒川さんは今年5月に第2子を出産したと発表。「第1子の時もそうだったんですけど、産後1カ月後から氷に乗り始めました。私にとってフィギュアスケートは日常の1つ。少しずつ練習しています」と明かした。今月24日から26日の3日間開催される「フレンズオンアイス」(新横浜スケートセンター)でアイスショーに復帰する予定で、「プロとして演技が成り立つのはまだ先になる。思い通りに動けるようには戻っていませんが、フィギュアスケートをいいな、と思ってもらえるように、ショーの1つのパーツになれればいい」と話した。

 この展示は、今年で40回を迎えるNHK杯の歴史を写真や、トップ選手の衣装で振り返るもの。11月に広島で行われる今年の大会の見どころを問われると「男子の宇野昌磨選手、女子の宮原知子選手もですが、五輪で自信をつけた選手が、今季どうまた自信をつけていくかが楽しみ」と若手選手の進化に期待した。

8月 052018
 

まんたんウェブ によると。

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪で金メダルを獲得したフィギュアスケートの羽生結弦選手が、地元・仙台市のスケートリンクでアイスショーを行うことが5日、分かった。25~26日に放送される日本テレビのチャリティー番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」の企画で、アイスショーの模様は同番組で放送される。

 今回の「24時間テレビ 愛は地球を救う」で羽生選手は、2011年の東日本大震災で被災した福島県楢葉町(ならはまち)の裁縫教室をサプライズ訪問するという。
 アイスショーは羽生選手が登場するショーと、「ディズニー・オン・アイス」の2本立て。「ディズニー・オン・アイス」には、ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、グーフィーが参加する。震災被災者や楢葉町の人々を招待し、羽生選手が復興への思いを込めてパフォーマンスを披露する。一般公開はない。
 「24時間テレビ 愛は地球を救う」は、毎夏に放送される長寿チャリティー番組で、1978年から始まり、今年で41回目を迎える。今回のテーマは「人生を変えてくれた人」で、Sexy Zoneの中島健人さん主演で、故・石ノ森章太郎さんを描くスペシャルドラマなどを放送する。