カテゴリー別アーカイブ: ディズニーランド攻略の裏技

TDLの新ハロウィーンパレード公開…シンデレラ城がお墓だらけに!?

スポーツ報知 によると。

 TDLハロウィーンの新パレード  東京ディズニーリゾート(TDR)の秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」が11日に開幕するのに先立ち、東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)で10日、プレスプレビューが開催され、先行公開された。

 TDR35周年“Happiest Celebration!”でにぎわう今年のハロウィーンは、TDLではテーマを一新してパレード「スプーキー“Boo!”パレード」が初登場。

 今年テーマを一新するTDLのハロウィーンの主役はゴーストたち。ゴーストたちが披露する“ゴースト流のTDL”をテーマに、奇妙で魅力的に変身したパークとなる。初登場のパレード「スプーキー“Boo!”パレード」では、ゴースト仕様のコスチュームを着たディズニーの仲間たちが、スケルトンが運行するウエスタンリバー鉄道、黒い木馬やかぼちゃのティーカップが回るファンタジーランドなど、“ゴースト流のTDL”のアトラクションやテーマランドをイメージしたフロートに乗ってやってくる。

 ◆パレード構成

 〈1〉スケルトンが運行するウエスタンリバー鉄道をイメージしたフロート(マックス、ヒューイ、デューイ、ルーイ、ホーレス・ホースカラー、クララベル・カウ)

 〈2〉巨大なヘビや奇怪な鳥たちの集うアドベンチャーランドをイメージしたフロート(グーフィー、プルート)

 〈3〉お墓だらけのシンデレラ城をイメージしたフロート(ミッキーマウス)

 〈4〉黒い木馬やかぼちゃのティーカップが回るファンタジーランドをイメージしたフロート(ミニーマウス、クラリス)

 〈5〉奇妙なクマたちが船上でコンサートを行うカントリーベア・シアターと蒸気船マークトウェイン号をイメージしたフロート(ドナルドダック、デイジーダック)

 〈6〉かぼちゃに乗り移ったゴーストの小動物たちが暮らすクリッターカントリーをイメージしたフロート(チップ、デール)

 TDSでは、メディテレーニアンハーバーのショー「ザ・ヴィランズ・ワールド」が最終公演となる。

東京ディズニーランドの新しいショー! 今度はカーニバル×パーティー♪

TOKYO FM+ によると。

高橋みなみがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。毎週木曜日のコーナー「これから、東京ディズニーリゾート(R)いっちゃう?」では、東京ディズニーランド(R)と東京ディズニーシー(R)旬の情報をお届けしています。レポーターを務めるのは歌手のMiracle Vell Magicさんです。
8月2日(木)の放送では、東京ディズニーランドの新しいショー「レッツ・パーティグラ!」を紹介しました。

陽気な衣装をまとったドナルドダッグなど、ディズニーの仲間たちが続々登場!
「レッツ・パーティグラ!」は、アドベンチャーランドにある劇場「シアターオーリンズ」で公演されている東京ディズニーリゾート35周年のスペシャルプログラム。ドナルドダックやミッキーマウスなどディズニーの仲間たちが、最高に楽しいお祭り“パーティグラ”を開催し、ゲストと一緒に盛り上がる新しいショーです。ちなみに、“パーティグラ”とは、“パーティー”とニューオーリンズの伝統的なカーニバル“マルディグラ”を掛け合わせた造語なんだとか。
今回は、そんな「レッツ・パーティグラ!」の様子をVellさんがレポートしてくれました。

サンバのリズムにのせてシルバーのキラキラしたジャケットを着たミッキーマウスが登場すると、Vellさんは「衣装がキラキラしててかわいい~♪ そして何よりも距離が近い! 目の前で踊ってくれています」と目をキラキラさせて、早くも大興奮。ステージが近く、縦横無尽に動くキャラクターたちが客席に降りてきたりと大盛り上がりのようです。そんなVellさんのレポートに、たかみなは「ラテンな雰囲気の夏らしいお祭りで楽しそう!」とウキウキ気分に。

「Brand New Day」が流れ、VellさんのテンションはMAX!
そして、ショーが後半にさしかかると、ダンサーたちから一緒に踊れるダンスのレクチャーがあるそう。「レッツ・パーティグラ~!」と威勢のいいかけ声でダンサブルなパートがスタート! ダンサーとともにゲストたちも一緒に「パーティグラ~!」と声を上げます。Vellさんによると、そのときに両手を上に上げてひらひらするのがパーティグラのポーズだとか。「すごく踊りやすくて、すぐに覚えられる! 楽し~い♪」と自然と笑顔がこぼれます。

そして、フィナーレに東京ディズニーリゾート35周年テーマソング「Brand New Day」が流れると、「あっ、きたきたきた~! 大好きな曲♪」とVellさんのテンションは最高潮に。

ショーの後半はゲストも一緒に参加でき、踊って楽しめます!
ミッキーマウスをはじめ、ディズニーの仲間たちが新しいコスチュームに着替えて再び登場します。「とてもダンサブルな感じで、またアレンジの違う『Brand New Day』になっていて、すごく楽しい!」とVellさんは曲のリズムに合わせてステップを踏んで楽しそう。ショーを振り返ったVellさんは、「ずっと笑顔でものすごく盛り上がりました! 何回でも観たいし参加したい、そんなプログラムでした」と興奮冷めやらぬ様子。これにはたかみなも、「(私も)一緒に『パーティグラ!』ってポーズした~い!」とうらやましがっていました。

ディズニー35周年コンサート追加公演決定!一夜限りの超プレミアに

cinemacafe.net によると。

2018年の今年、開園35周年を迎えた東京ディズニーリゾートをお祝いする記念コンサートツアー、「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”イン・コンサート」が全国計11か所で開催されファイナル公演を迎えたが、このほど追加公演が決定した。2019年2月16日(土)にパシフィコ横浜にて開催する。オフィシャルサイトで先行受付も始まった。

同コンサートツアーは、オーケストラとシンガー、そしてビッグスクリーンに映し出すダイナミックな映像とともに、パークとの35年間の思い出を再現するというもの。コンサートは過去の周年イベントのアニバーサリー・ソングスで幕を開け、「ワンス・アポン・ア・タイム」や「レジェンド・オブ・ミシカ」など東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで公演したエンターテイメント・ミュージックのメドレーなどを公演する。

追加公演は、2月16日(土)の神奈川県のパシフィコ横浜 国立大ホールでの1回だけ実施。チケット料金は、各公演S席:¥8,500、A席:¥7,500(税込・全席指定)で、オフィシャルサイト先行で抽選エントリーが始まっている。なお、コンサートおよび周辺に、キャラクターの出演予定はない。

会場ではシーズナルのイベントをはじめ、35周年のテーマソング「Brand New Day」、35年間に上演したショーやパレード、アトラクションなど、多くのゲストの胸に残っている素晴らしい音楽の数々も公演する予定だ。

※取材時の状況に基づいて記事化しています。ショー内容など異なる場合もあり得ます。また、紹介したイベント、メニューなど、すべての情報は予告なく変更になる場合があります。詳細は公式サイトを参照ください。

東京ディズニーランド・ファストパスを便利に使う!

アトラクションに乗りたい!でも待ち時間を有効に使いたいというあなたにグッドニュース!
待たずにアトラクションを楽しめちゃう、まったく新しいシステム、「ディズニー・ファストパス」。
使い方はカンタン。まず、利用するアトラクションの前にある発券機に

パスポートを差し込んで「ファストパス・チケット」を受け取るだけ。
チケットには指定時間が明記されているので、その時間内に戻ってくればOK。いつもよりずっと少ない待ち時間でアトラクションを楽しめるよ。
便利なファストパスを使いこなして今まで以上にパークを楽しもう!