wpmaster

5月 052017
 

THE ANSWER によると。

 男子フィギュアスケートで世界選手権(ヘルシンキ)を3年ぶりに制し、世界王者に返り咲いた羽生結弦(ANA)。今季は、ショートプログラム(SP)でプリンスのロックナンバー「レッツゴー・クレイジー」を演技曲に使用し、新たな一面を見せたことが話題を呼んだが、挑戦的な試みは海外ファンからも絶大な支持を受けていた。米メディアが実施した「今季のSP・NO1ファン投票」で羽生が圧倒的大差で1位を獲得している。

 米スケート専門メディア「アイスネットワーク」は公式ツイッターで「2016-17年シーズンのベストSPは誰?」と題し、投票機能を使ってファン投票を呼びかけた。ノミネートされたのは、パトリック・チャン(カナダ)、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)、羽生、ボーヤン・ジン(中国)の4人。羽生にとっては今季、しのぎを削った強力なライバルばかりだが、総投票4208票の結果は圧勝となった。

1位 羽生結弦 63%
2位 ボーヤン・ジン 16%
3位 パトリック・チャン 11%
4位 ハビエル・フェルナンデス 10%

 16%の2位ジンとは約4倍となる47ポイント差をつけ、63%を獲得した羽生がトップ。3位チャン、4位フェルナンデスを含め、2位以下はすべて10%台というから、羽生がいかに圧倒的な支持を受けたかが見て取れる。

 投票したファンからも「羽生支持」の声が続々と上がっていた。
ファン称賛の声「最高のスケーターが最高のプログラムをこなしている」
「ユヅル・ハニュウ…プリンスだ」「もちろん、ユヅル!」「私にとっての氷上のプリンス」などと、羽生に投票したファンが大半を占めた。

 さらに「ハニュウに投票した。彼はこのプログラムに対しての見方を変えた。個性的でエネルギーに溢れたロックスターだ。衣装もかっこいい!」「ユヅル! あのパープルの衣装も!」「ユヅル・ハニュウ、最高のスケーターが最高のプログラムをこなしている」「ユヅは完璧さを追い求めている」「完璧なアート様式だ」など、様々な視点で王者を評価する声が溢れた。

 投票結果を受け、「アイスネットワーク」は「“クレイジー”な大差でハニュウの『レッツゴー・クレイジー』が2016-17年のベストショートプログラムに選出」とツイート。曲名とかけ、羽生の圧勝をレポートしている。

 今季の羽生はフリーで世界歴代最高得点を叩き出す一方で、SPではノーミスの演技がならずに苦しんでいたが、それでも世界のファンは日本の22歳の挑戦的な演技に魅了されていたようだ。

 すでに今季は終了。連覇を狙う平昌五輪が控える来季は、どんなSPの演技でリンクを沸かせてくれるだろうか。

5月 032017
 

cinemacafe.net niyoruto.

東京ディズニーリゾートでは4月1日以降、3種類の新しい“アトモスフィア・エンターテイメント”がスタートしている。アトモスフィア・エンターテイメントとは、パークの各エリアの雰囲気に合わせて開催するショーのことで、ゲストは近い距離でパフォーマーのダンスを見たり、シンガーの歌を聴いたりすることができて、まるで自分がショーに参加しているかのように楽しめる。そこで今回、新登場の3種類のアトモスを紹介する。

東京ディズニーランドの「ロボ・アストロ」は、宇宙平和のために開発された最新鋭のロボット宇宙飛行士が、最終訓練の場所としてたどり着いた場所=東京ディズニーランドで、ミッションのクリアに向けて奮闘するというもの。そのミッションはゲストを楽しませて仲良くなることで、ダンスや音楽を駆使してゲストとコミュニケーションを取りながらパフォーマンスを展開。ゲストも一緒に参加しながら楽しめる、参加型のプログラムだ。

同じく東京ディズニーランドの「ジャングリズム」は、ジャングルが大好きな3人組が、陽気なサルたちに扮して登場して、さまざまな打楽器を使って愉快で力強いパフォーマンスを披露するというもの。ゲストもジャングルのリズム「ジャングリズム」にのって、手拍子や簡単なダンスで参加して一緒に盛り上がる。また、途中“思いがけない仲間”も参加するので、ショーの最後は全員で圧巻のパーカッション・パフォーマンスを繰り広げる。

一方、東京ディズニーシーでは、アメリカンウォーターフロントの「ダイヤモンド・シスターズ」が人気。夢を追い求める人たちであふれる1920年代のアメリカを舞台に、女性タップダンサーを連れたエージェントが、彼女たちにシンガーを加えて活躍の場を広げようと、メンバー探しのオーディションを始めるというもの。彼らは周囲のゲストを盛り上げつつ、声やリズム感などで見極めて、デビューにふさわしいメンバーを探し出すが…。

現在、東京ディズニーランドでは13種類、東京ディズニーシーでは5種類と、それぞれ異なる魅力が満載のアトモスフィア・エンターテイメントが、両パーク合計で全18種類が楽しめる。パークを訪れた際は、素敵なアトモスフィア・エンターテイメントを満喫して!

■「ロボ・アストロ」
開催場所:トゥモローランド
公演回数:1 日5~6 回
公演時間:約20 分

■「ジャングリズム」
開催場所:アドベンチャーランド
公演回数:1 日5~6 回
公演時間:約20 分

■「ダイヤモンド・シスターズ」
開催場所:アメリカンウォーターフロント
公演回数:1 日5~6 回
公演時間:約20 分

5月 022017
 

オーヴォ によると。

今回は先日発表されました東京ディズニーランドが2020年に向けて大規模開発する、その起工式に潜入させていただきました!その様子を全てご紹介したいと思いマゥス!
起工式のセレモニーでは東京ディズニーランドのワクワクするような計画が発表されました。

セレモニーにはウォルト・ディズニー・パーク&リゾート プレジデント/マネージング・ディレクター、アジア ビル・アーネストさん
オリエンタルランド 代表取締役会長 加賀見 俊夫さん

オリエンタルランド 代表取締役社長 上西 京一郎さん のご挨拶が。

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーが開園して以来、最大規模の投資額750億円の投資です。多数の大型アトラクションやグリーティング施設、レストランなど夢と感動を与えてくれる場所がさらに増えるそうで、ゲストにより多くのハピネスを提供できると確信しているそうです。
話を聞いてるだけでハピネスな気分なのに、ワクワクが止まらないっす!!

とそこへミッキー、ミニーが登場!!

うぉー!テンション上がるー!!!笑
そして新たな夢が描かれたイメージ画が登場。
この瞬間に大規模開発プロジェクトがスタートしたわけで、こんな貴重な瞬間に立ち会えてほんと嬉しく思います。
そしてセレモニー後に展示室でイメージ画の見学。
美女と野獣エリア(仮称)には大型アトラクションやショップ、レストランが!
アトラクションの中身は、映画の名曲に合わせて動く、ライドに乗りこみ、「ルミエール」や「チップ」たちとの晩餐会や「野獣」の心を開こうとする「ベル」のロマンチックな名シーンを楽しめるそうです。「美女と野獣」ファンにはたまらない内容でしょう!
先日、日本でも公開し大ヒット上映中の実写映画「美女と野獣」を見たばかりなので楽しみです。
他にも古い本が陳列された「ベル」の行きつけのお店をイメージしたショップやガストンの酒場をイメージしたレストランなどなど盛りだくさんの内容です。

そして、ほか、新しいシアター施設や ミニーマウスと会えるグリーティング施設、映画「ベイマックス」をテーマにしたアトラクションなども建設予定です。 最後にそれらの模型も見させていただきました!!

特にこの約30メートルの美女と野獣のお城!東京ディズニーランドに2つのお城ができるとあって想像しただけで鳥肌ものです!!
この広大な開発予定地に新しいエリアがドーンとオープンするなんて、楽しみで仕方ありません。
2020年早く来ーい!!!!笑
今後の東京ディズニーリゾートのさらなる進化に期待が高まります。

と、ここでご挨拶!!

今回で70回目を迎える事が出来ました『ツートンカラー上田の心ここにあらジン2』ですが、今回で最終回になります!
前回連載の「心ここにあらジン」も70回目で一旦終了。。70回目ってなにかあるのかしら?笑
2014年から始まり、約3年半に140本の記事を書かせていただきました!読者のみなさん本当にありがとうございました~!!
また皆さんとどこかで会える日を楽しみにしてマゥス!!

5月 012017
 

BEST TIMESによると。

東京ディズニーリゾートの楽しみといえば、アトラクションやショーだけだと思っていま せんか?  しかし、十数年パークに通うディズニーブロガーのみっこさんは、「アトラクシ ョンやショーの魅力はもちろんですが、ふとした光景に隠れているこだわりを見つけると パークで味わえる感動は何倍にもなる」と言います。最新刊『思わず話したくなる究極の ディズニー』より、ディズニーランドのアトラクション「キャッスルカルーセル」に隠れ た魔法を紹介します。

◆ 夜のカルーセルがより美しく見える照明のマジック

 ディズニーのテーマパークだけでなく、多くの遊園地にあるメリーゴーラウンド。日本ではこの呼び名が一般的ですが、英語では「カルーセル(carousel)」と呼ばれます。

 小さなお子さんに人気の「キャッスルカルーセル」。夜にパークを訪れると、このアトラクションの周りだけ照明がほとんどなく、非常に暗いと感じる方が多いのではないでしょうか? 

 実際、付近に街灯はほぼありません。これは、周囲をあえて暗くすることによって光で浮かび上がらせて、幻想的な雰囲気を演出しているのではないかと思われます。

 夜に見に行くのなら、シンデレラ城下の通路から、まっすぐファンタジーランド方向に向かうのがおすすめ。ちょうど正面に、「キャッスルカルーセル」が美しく浮かび上がる姿を見られるはずです。

◆90体の白馬のなかに同じ馬は存在しない

 外側からアトラクションを眺めると、装飾された上部にディズニー映画『シンデレラ』の名シーンを描いた18枚の絵が見られます。

 ストーリーの順番通りに象徴的なシーンが描かれているので、乗らなくても楽しむことができます。

 回転する90頭の木馬はすべて「白馬」。これはウォルト・ディズニーが、白馬に乗りたがる子どもが多くなることを考えて「すべて白馬にした」ためだというのは有名な話。しかも「形や装飾、表情などがそれぞれ異なり、同じ白馬は存在しない」と、『東京ディズニーランド超ガイド Door of Dream[夢のとびら]オーロラストーン伝説』(講談社)にも記述があります。

 お子さん向けの乗り物、というイメージが強いですが、大人が見てもおもしろい凝った装飾になっています。なかなか見比べることはないと思いますが、そんな違いも探してみてくださいね

4月 292017
 

読売新聞(ヨミウリオンライン)によると。

 2020年東京オリンピック・パラリンピックを目指し、日々鍛錬を続けるスポーツ選手たち。技術力や身体力はもちろん、メンタルトレーニングを自らに課し、よりタフな精神力をつけて試合に臨む選手も少なくない。さらに、注目選手は試合外でもその一挙一動が世間の話題となる。ファンらの反応がネットであっという間に拡散される今、スポーツ選手に求められる“第三の能力”は「メディア対応力」だ。

 記者「トリプルアクセルに声をかけるとしたら?」
 浅田真央さん「難しい……(笑)。トリプルアクセルに声をかけるんですよね(笑)。なんでもっと簡単に跳ばせてくれないのって感じ」

 4月12日、フィギュアスケート女子・バンクーバーオリンピック銀メダリストの浅田真央さんが、現役引退表明の記者会見を東京都内で開いた時の質疑応答の一場面だ。

 会見では約1時間にわたり、「引退を決めたきっかけは?」「ソチオリンピックのフリー演技を終えた瞬間の気持ちは?」「(長年のライバルだった)金キム妍児ヨナ選手への思いを」などの質問が記者から矢継ぎ早に出された。いやな顔一つせず、すべてに丁寧に答えていった浅田さん。終始毅然きぜんとしたその姿勢に、感銘を受けた人も多いだろう。

 浅田さんの代名詞とも言えるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)については、既に一通り答えた後に“変化球”的な冒頭の問いが投げかけられた。浅田さんは少し答えに困っている様子を見せつつも、聞く人の印象に残る一言を口にしたのだ。

河合さん(4月17日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで、高梨義之撮影)
「さわやかで礼儀正しい」イメージを壊すな
 「浅田さんはあの会見で答えにくそうな質問が来ても、きちんと受け答えをしようとしていた、まさに“お手本”です。『うまく答えてやろう』などとあわてて変な発言をしてしまうより、困ったら正直に『わかりません』と答えたほうが、誠実さが伝わります」と話すのは、河合彩・日テレ学院講師だ。

 4月17日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われた「アスリート向けメディアトレーニング」(読売新聞東京本社主催)。河合さんは指導役として、バレーボールの全日本男子チームメンバー24人に「インタビューの心得」を説いた。

 元フィギュアスケート・アイスダンスの選手で、1998年長野オリンピックに日本代表で出場した河合さん。米国などの選手は以前から受けていたメディアトレーニングだが、長野オリンピック開催時の河合さんは当時未経験で、記者の質問の意味がわからないのに恥ずかしくて問い返すこともできず、的外れな対応になってしまったこともあるという。その後、日本テレビに入社し、アナウンサーの経験も積み、メディア側の事情にも詳しい「伝えるプロ」になった。

 河合さんは「スポーツ選手は一般に『さわやかで礼儀正しい』イメージを持たれており、そこから少しでも外れた言動をしてしまうと競技と関係なくバッシングされてしまうこともあります。一生懸命練習している毎日を台無しにしてほしくありません。普段のがんばる姿がそのまま伝わるよう、世間に向けてどんなイメージを発信していくかのトレーニングは大切です」と話す。

4月 262017
 

スポニチアネックス によると。

 TBSの武田信二社長(63)が26日、東京・赤坂の同局で定例会見を行い、現役を引退した女子フィギュアスケートの浅田真央さん(26)に「平昌に向けて(番組に)出ていただければ最高」とラブコールを送った。

 武田社長は真央さんについて聞かれると「ソチ五輪のフリーの時、会場で見ていた。彼女の感無量の涙、ジーンときた」と明かし「来年の平昌五輪に向けて出ていただければ最高だと思うが、各社のつながりもあるだろうしそれは現場でやっているのでは」と語った。

 以前、真央さんのレギュラー番組を放送していたTBSラジオの入江清彦社長は「ご自身もラジオで自分の声が届くことにやりがいを感じていた。チャンスをうかがって、お声がけをしようと思っていますが、まだ(出演は)確定していません」とした。

4月 252017
 

日刊スポーツ によると。

 引退した浅田真央のフィギュアスケート人生を振り返る連載「浅田真央と○○」の最終回は、記録。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の成功率などさまざまな角度から「スケーター」浅田がフィギュア界に残した記録をまとめた。

 「え? 試合でですか?」。浅田が、その数に驚いた。シニアデビューした05~06年シーズンから試みたトリプルアクセルの数は89本。あらかじめ予想本数を聞くと「40回ぐらいですかね」。本人の記憶を超える多さだった。うち着氷は38度、成功率は42・7%。リスクを冒してでも、初めて試合で成功した04年グランプリ(GP)ファイナルから16年末の全日本選手権まで12シーズンにわたり、挑戦。浅田、伊藤みどりら女子の成功者7人で最も長く跳び続けた。

 そして、その代名詞は美しくもあった。

▼浅田のトリプルアクセルGOE(出来栄え点)5傑

 <1>1・86点(15年GP中国杯、14年世界選手権、08年4大陸選手権いずれもフリー)

 <4>1・71点(15年GPファイナルSP)

 <5>1・60点(08年NHK杯フリー)

 現行採点ルールとなった04~05年以降に試合で決めたのは4人。うちGOE最高はトゥクタミシェワの2・00点だが、浅田はこれに次ぐ精度で3度も決めている。休養明けの15年中国杯での1本は、名伯楽佐藤信夫コーチをも「おお」とうならせた。その美しく、強い武器とともに多くの大会を戦った。

▼浅田の逃げ切りと逆転

 ・SP首位からの逃げ切り勝利→19度(79・1%)

 ・逃げ切り失敗→5(20・8%)

 ・同2位以下からの逆転勝利→9(24・3%)

 ・逆転失敗→28(75・7%)

 ※SP、フリーのみの大会除く61戦対象

 SPで出遅れてからの優勝も9度と、負けず嫌いの姿勢も数字に表れる。

▼浅田の主要タイトル

 ・世界選手権3度(08、10、14年)

 ・4大陸選手権3度(08、10、13年)

 ・GPファイナル4度(05、08、12、13年)

 2度の五輪で金メダルには届かなかったが、競技人生を通じ、トリプルアクセルを跳び続けた浅田は、記録、記憶に残るアスリートとしてフィギュア史に刻まれる

4月 252017
 

サンケイスポーツ によると。

 10日に引退を発表したフィギュアスケートの浅田真央さん(26)が25日、新スポンサー・キララの富士山工場(山梨・山中湖村)のオープニングセレモニーに出席。テープカットや植樹を行い、地元の小学生たちと触れ合った。セレモニーには村立山中小学校の4年生35人も出席。ブランドパートナーの真央さんは、小学生たちにスマートサーバーのパネルをプレゼントした。

 その後、3人の児童の質問に答えた。最初はスケートをやっているという女の子からで、「どうしたらスケートがうまくなりますか」。真央さんは「毎日、できるだけたくさん氷に乗って滑ることだと思います。頑張ってください」と実直な性格を表す答えで励ました。

 ハマッていることという質問には「体のことを考えて酵素を飲むようにしています。キララの水で作ってみたいですね」と返答。「夢は何ですか」という男の子からの質問には「幸せな家庭を作ることです」と答えた。

 前日、キララ本社でのイベントで、理想の男性について「優しくておもしろい方」と答えた真央さん。12日の引退会見では結婚の予定について「ない」と答えており、相手の登場を待って、幸せな家庭を作りたいという気持ちを表した。

 その後、テープカットを行い、敷地内で小学生たちと桜の木の植樹も行った。桜は、低いところに花を付ける富士桜という種類。「キララ」ブランドを運営するMTGの松下剛社長(46)は「事前にお申し込みいただければ工場見学は可能ですし、桜を見てもらうこともできます」とし、“真央桜”と名付けて名所にする考えを示した。

4月 212017
 

AbemaTIMES によると。

 「世界フィギュアスケート国別対抗戦2017」が4月23日まで開催しているが、プロフィギュアスケーターの織田信成氏は衣装だけでも楽しめるのがフィギュアの魅力と指摘。

 自身の思い入れのある衣装については「実はチャップリンの衣装が一番、自信がある。自分が着ていても、すごく着やすかった。ジャケットのカットとかでチャップリンらしさを出すと同時に軽い素材にして動きやすくしていた」。モノトーンで氷上での華やかさはないものの、チャップリンの演技でカバーできたという。

 引退した浅田真央選手の衣装については「彼女はよく淡い色の衣装を着ていたんですけど、あれだけ淡い色が似合う選手もいない。エキシビジョンのジュピターというプログラムで着ていた水色の淡い衣装、水の妖精のような衣装が似合う選手は中々いない。彼女の衣装はいつもオシャレだと思う」と話した。