wpmaster のすべての投稿

高橋大輔「いつでもどこでも最高のパフォーマンスをしたい」

TOKYO HEADLINE WEB によると。

 フィギュアスケートの高橋大輔が12日、都内で行われた、自身がマンション1棟をトータルプロデュースするプロジェクト『D-color』の発表会に登壇、今後の展望を語った。

 昨年現役に復帰。12月の全日本選手権では準優勝と結果を残した。「3試合しか出ていないんですけれども、なかなかうまくいかない中で温かく見守っていただいた」とし、「現役復帰してから全日本(選手権)が終わるまで充実した期間を過ごさせていただいた」と昨年を振り返りつつ、感謝の言葉を述べた。

 2019年をどんな年にしたいかという質問には「実はあまり考えていない」との答え。「全日本までを大きな目標に現役復帰からスタートしてきて、年が明けた。(今は)次は何を頑張っていこうかなというところ。ただ現役を辞めるつもりはない。滑り続けられる限り全力で滑りたい。いつでもどこでも呼ばれたら最高のパフォーマンスをしたいというのが大きな目標」とし、「今のところ何もなければ、また全日本を目指していく」。

 そのなかで、グランプリシリーズも視野に入っているかと聞かれると「海外試合は考えていない」とし、「出るとしたら、近畿(選手権)からまたやるかなと思っている。もし(海外の)B級戦とかに行けて、自分も行きたいんだったら、試合をしてみたい。グランプリ(シリーズ)に関しては、まったく頭に入れてなかった」と、笑った。
『D-color』は、投資用不動産の分譲や販売を行うスカイコート株式会社の創業50周年プロジェクト。高橋をトータルコーディネーターとして招き、高橋のプロデュースによるマンション『SKYCOURT D-iberte ASAKUSA(スカイコート ディベルテ浅草)』を建設するというもの。現在建築が進行中で、この春に浅草に完成の予定。内装や室内の設備はもちろん、外装や共用部の装飾といった細部まで、高橋がこだわり抜いている。 
 
 発表会では、打ち合わせから現在に至るまでの取り組みをまとめた映像が披露されたほか、高橋自ら模型や使用されている素材などを示したり、時には東京スカイツリーになりきったりしながら、熱のこもったプレゼンテーションを展開。質疑応答では、記者から「スケートの話をしているときよりも生き生きして楽しそうだった」とコメントされるほどだった。

 高橋は「(プロデュースは)本当に難しかったです。自分自身が住む家ではなく、投資としてスタートして残っていくというところで、僕の好みを押し付けてもダメだし、自分のカラーも出さなければいけない。買っていただいた方が自信を持って人に貸したり、住む人が素敵な部屋だと思ってもらえるように考えました」と、胸を張った。「まだ実物を見られていないので実感がないんですけど、完成した時にはどんな気持ちになるのか楽しみ」と、期待で胸をさらに膨らませていた。

羽生結弦「一日でも早く応援受け止められる状態に戻す」

デイリースポーツ によると。

 その年に最も活躍した選手を選出する日本スポーツ賞の表彰式が11日、都内で行われ、大賞には、18年平昌五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりに連覇を達成した羽生結弦(24)=ANA=が選ばれた。

 羽生は海外に滞在しているため欠席したが、ビデオでコメントし「受賞は大変光栄に思います。平昌五輪は皆さんの応援があってこその演技だったと思います。私にとっても忘れられない時間になりました」と振り返った。

 現在は11月のGPロシア杯で負傷した右足首の回復に努めており、「まずは治療とリハビリを続け、一日でも早く皆さんの応援の気持ちを受け止められる状態に戻し、日々過ごしていきます。本当にありがとうございました」と語った。

紀平梨花、4回転マスター宣言「来季までに完成形に」

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケート女子で、昨年シニア1年目でGPファイナルを制覇した紀平梨花(16)=関大KFSC=が11日、来季までに4回転ジャンプをマスターする考えを明かした。

 この日は都内で行われたテレビ朝日ビッグスポーツ賞表彰式で特別賞を受賞。今季開幕前も4回転は練習していたが、シーズン中は一時中断していた。4回転トウループをまずはものにする意向を示し、「オフにはしっかり練習して、来季までに完成形に持っていけるようにしたい」。

 惜しくも2位だった12月の全日本選手権後に、スケート靴を新調。「新しい靴が来て、まだ(4回転を)できる状態じゃない。(3月の)世界選手権が終わってから、集中的にできるかな」と、本格的に再開する考えを明かした。

ディズニーリゾート35周年イベントの要素を“ギュッ”と凝縮したグッズ、パーク内で一気に販売開始

cinemacafe.net によると。

「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」が、いよいよ3月25日(月)にグランドフィナーレ! 実に様々なハピネスやトピックスを連日のように提供し続けた35周年イベントの要素を“ギュッ”と凝縮したグッズ、約25種類が、1月7日(月)にパーク内で一気に販売となる。

注目はミッキーマウスの顔の形をしたクッションで、これは35周年スペシャルメニューとして登場したビジュアルのインパクトが抜群の、あの“ミッキーパン”がモチーフ。パンの質感など細部まで再現している。ほかにも、コットンキャンディー風味のスペシャルチュロスがボールペンに! 35周年の特別なデザインのパークチケットは、メモになって登場する。

様々な種類が入っているおせんべいは、食べ終わった箱も再利用が可能。購入したグッズやパークで入手したTodayなど35周年の思い出の品を詰め込み、自分だけの宝箱に。表が透明なので、そのまま飾ってもOKだ。

また、ラッピングモノレール「ハピエストセレブレーション・ライナー」は、お菓子の箱になって登場する。中には35周年のコスチュームを着たディズニーキャラクターをデザインしたカードが入っていて、外箱は連結が可能なため、お菓子を食べ終わってもなお遊べるといううれしい仕様。

そして、祝祭感いっぱいの「セレブレーションタワー」に設置しているミッキーマウスの像が、キーチェーンとして登場する予定。グランドオープン、10周年、25周年、35周年のミッキーマウスが4個セットになったキーチェーンのセットで、これは家族や友達とシェアしてもうれしい。

その「セレブレーションストリート」の夜の演出を、見る角度によって4パターンに絵が変わる、ポストカードとしても販売する。あの美しく輝く夜の演出を、いつまでも手元でプレイバックして楽しめ、思い出に残る。

最注目は両パークの各所に合計35体設置している、そのエリアならではの様々なコスチュームを着てポーズをしたミッキーマウスの像「ハピエストミッキースポット」のポストカード! このデザイン画を基にした35種類のミッキーマウスを描いたポストカードが缶のケースに入って登場。写真の状態でクオリティーも高そうで、これは売切れ必至な予感がする。

35周年のイベントは、泣いても笑っても残り2か月と少しだ。“Happiest”な体験でいっぱいの東京ディズニーリゾートでの思い出を、スペシャルグッズと一緒に持ち帰って、自宅でも“Happiest”なひと時を大満喫してみて!