wpmaster のすべての投稿

紀平梨花、世界一の“美しい嵐”に作曲者が感謝「私の音楽を見事に表現してくれた」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日(日本時間9日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が150.61点、合計233.12点で優勝。浅田真央以来、日本勢13年ぶりとなるシニア1年目のファイナル制覇を達成した。バンクーバーのリンクに喝采を呼んだフリーナンバーの作曲者も「私の音楽を見事に表現してくれた」と称賛している。

 静謐な美しさを湛えたフリーナンバー「Beautiful Storm」のピアノの調べに身を委ねた紀平。3回転アクセル―2回転トウループなど、代名詞のジャンプのみならず、16歳とは思えない表現力と芸術性で、カナダの大観衆を魅了した。

 平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)を破り、見事表彰台の頂点にたどり着いた16歳の少女に、世界中から喝采が巻き起こる中、フリー曲の作曲者、ジェニファー・トーマスも自身のツイッターで称賛した。

「今日のGPファイナル優勝おめでとう、リカ・キヒラ! 生で立ち会えただなんて信じられない。私の音楽を見事に表現してくれました」

 女性ピアニストのトーマスは最新アルバム「The Fire Within」がビルボードのクラシックアルバム部門で発売1週目にベスト3に入った人気アーティスト。シニアデビューでフィギュア界に“美しい嵐”を巻き起こす紀平に感謝と称賛を送っていた。

紀平梨花、ザギトワとの直接対決は2勝1敗 ジャンプで大きな差、スピンなどまだ得点向上の要素も

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートのGPファイナルは8日(日本時間9日)にカナダ・バンクーバーで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の新星・紀平梨花(16=関大KFSC)が150・61点、合計233・12点をマークして初優勝を飾った。日本勢としては2013年の浅田真央以来の優勝、また、GPデビューシーズンでのファイナル制覇は、2005年の浅田以来13年ぶりの快挙となった。 2位はフリーで148・60点、合計226・53点のアリーナ・ザギトワ(16=ロシア)。2人はシニア初対決で、ジュニア時代を合わせると3度目の対決で紀平の2勝1敗となった。

・2016年9月 ジュニアGPスロベニア大会 紀平がフリーで3回転半を決めてジュニアGP初制覇。ザギトワはSP首位だったがフリーで崩れ3位。

・2016年12月 ジュニアGPファイナル ザギトワが完成度の高い演技で207.43点をマークし優勝。紀平は3回転半を転倒し4位となった。坂本花織が3位に。

 この日の2人の演技を比較すると、ジャンプではともにミスが出たが、紀平は冷静に構成を変えて最低限のミスにとどめ、ザギトワに4・75点の差をつけた。スピンでは、紀平がフライングシットスピンでレベル3となっており、さらなる得点の加算が期待さきる。演技構成点はザギトワが上回ったものの0・4点差だった。

 ▼ジャンプ

 紀平=56・64点 冒頭で予定していた3回転半3回転トーループの連続ジャンプは両手をついてしまい単独になり、さらにダウングレード判定でわずか1・65点に。しかしその後の単独3回転半に2回転トーループを付け、2・06点の出来栄え点(GOE)も加算。また、前半最後の3回転ルッツ―2回転トーループはトーループを3回転にして得点を重ねた。

 ザギトワ=51・89点 2つ目の連続ジャンプ3回転ルッツ―3回転トーループのトーループが1回転に。その外は3回転ルッツ―3回転ループなどミスはなかった。

 ▼スピン・ステップ

 紀平=21・57点 チェンジフットコンビネーションスピン、レイバックスピン、ステップシークエンスはレベル4も、フライングシットスピンはレベル3

 ザギトワ=24・01点 すべてのスピン、ステップをレベル4でそろえる

 ▼演技構成点

 紀平=72・40 つなぎのフットワークと動作が8点台となったが、そのほかはすべて9点台

 ザギトワ=72・70点 すべての要素で9点台をマーク

紀平梨花が世界最高で首位発進、宇野は2位スタート…GPファイナル

産経新聞 によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは6日、バンクーバーで男女のショートプログラム(SP)が行われ、女子は紀平梨花(関大KFSC)がルール改正後の世界最高となる82・51点で首位に立った。2位は平昌冬季五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)で77・93点だった。

 男子は昨季2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は91・67点で2位につけた。昨季王者のネーサン・チェン(米国)が92・99点で首位。過去4度優勝の羽生結弦(ANA)は右足首故障で欠場した。

宇野昌磨、心身とも絶不調ながらチェンに僅差の2位

日刊スポーツ によると。

男子SPで平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)銀メダルの宇野昌磨(20=トヨタ自動車)が91・67点を記録し、2位につけた。一騎打ちが予想された前回王者のチェン(米国)が92・99点で首位。その差は1・32点と逆転圏内だが「僕も驚いて、過去にないほど調子が悪かった。とても良くなかったショートプログラム」と自らをぶった切った。

予兆は演技前にあった。前日5日とこの日朝の公式練習で、1度ずつあったSP「天国への階段」の曲をかけての通し。両日ともに4回転トーループで転倒し、頭は混乱した。成功の確率が高く、宇野にとって難度の低いジャンプの不調に「本当にひどい練習で、久々に試合に行きたくなかった」。頭が「全体的に調子が悪い」と察知し、本番でも冒頭の4回転フリップが左手をつくミスとなった。

それでも不安だらけの4回転に2回転をつけた連続トーループは2・17点の加点を導く成功。体調が優れない日も、いつも曲をかけた練習にこだわったことで、体は自然に動いた。初優勝が懸かる今日7日(日本時間8日)のフリーへ「もうちょっと良くなっているといいんですけれど…」と運も味方にチェンを追う。

紀平梨花が世界最高得点でザギトワ超え!

テレビ東京スポーツ によると。

 フィギュアスケートグランプリ(GP)ファイナルが7日(現地6日)、カナダ・バンクーバーで開幕。女子ショートプログラム(SP)はGPファイナル初出場の紀平梨花(16=関大KFSC)が代名詞のトリプルアクセルを完璧に決めるなど圧巻のパフォーマンスを披露して82.51点の世界最高得点をマークし、首位に立った。ルール改正後アリーナ・ザギトワ(ロシア)の持つ世界記録(80.78点)を塗り替えた。

 ファイナル連覇を目指す平昌五輪女子金メダリストの女王・ザギトワはノーミスの演技も77.93点の2位。坂本花織(18=シスメックス)は70.23点で4位。宮原知子(20=関西大学)は冒頭の連続ジャンプをミスするなど流れに乗れず67.52点の最下位。ショートプログラムの結果は以下の通り。

【GPシリーズ グランプリファイナル】
<女子ショートプログラム>
1.紀平梨花(日本)
2.アリーナ・ザギトワ(ロシア)77.93
3.エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)70.65
4.坂本花織(日本)70.23
5.ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)68.24
6.宮原知子(日本)67.52