4月 112017
 

スポーツ報知 によると。

 2006年トリノ五輪フィギュアスケート女子金メダリストの荒川静香さん(34)が11日、浅田真央(26)=中京大=の引退表明を受けて横浜市内で取材に応じた。

 荒川さんは、当時小2だった浅田の滑りを初めて見た際に「この子は将来、すごいスケーターになる」と直感。05年に浅田がシニアデビューを果たした際には「自分の進退を葛藤している時期で、出口の見えないトンネルにいた。トリノまで何度も辞めそびれたことを悔やんだけど、浅田選手の姿を見て、純粋にスケートを楽しんで、向き合っていくことの大切さに気付かされた」。トリノ五輪での金メダル獲得の要因の一つとなったと明かした。

 引退を知ったのは10日の夜。「日本でこれだけフィギュアスケートファンを増やした功労者。(報道などで)『引退』『浅田真央』という文字が並んだ時にさみしい気持ちになっりましたが、本人の中でやり切ったという気持ちがあれば一番」とねぎらった。日本スケート連盟の副会長でもあり、「アイスショーもあるので、そういった部分でも存分に素晴らしいスケートを見せて欲しい。スケート界にこれだけ長く関わってきた方なので、普及にも貢献してくれるんじゃないかと思います」と引退後の活躍にも期待した。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>