カテゴリー別アーカイブ: ブログの話題

ディズニーに大抜擢されたアニメーターが、宮崎駿に言われた“忘れられない一言”

文春オンライン によると。

 まさに絵に描いたようなシンデレラストーリーだ。ディズニーの最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』。この大作の要を担うアート・ディレクターに日系人のアミ・トンプソンさんが大抜擢された。話があったのが4月1日だったので、本人も「エイプリル・フールのジョークだと思ってしまった」と笑う。

 まだ20代の若きアニメーターは、だんじり祭で有名な岸和田生まれ。小学生まで大阪で暮し、カナダへ。

「小さい頃は大好きだったセーラームーンやディズニーのキャラクターの絵を毎日何枚も描いてましたね」

 アミさんの仕事は映画に登場する何百というキャラクターすべてに寄り添って、最後まで面倒を見ることだ。

「動きを一コマずつチェックしていき、修正したいところがあれば、私が絵を描いて直します。地道な作業です」

 いわば、キャラクターに命を吹き込むのがアミさんの使命なのである。

 今作は大ヒットした『シュガー・ラッシュ』の最新作。主人公は、人気レースゲーム“シュガー・ラッシュ”の天才レーサー、ヴァネロペと、ゲームの中では悪役キャラクターだが心優しいラルフ。ある日、ゲーム機のハンドルが壊れてしまい、“シュガー・ラッシュ”は廃棄処分の危機に。新しいハンドルを手に入れるため、2人はインターネットの世界に飛び込む。最初は夢の国に思えたインターネットの世界だったが……。
初めてアニメを学んだのはジブリだった
 製作の指揮をとるのは『ズートピア』の脚本・監督コンビ。今まで決して共演が叶わなかったディズニープリンセスが大集結したり、「楽天」の看板が出現したりと随所に攻めの姿勢が感じられる。中でも、ダークな世界に生きる凄腕レーサー、シャンクは従来のディズニーアニメでは見たことのないヒロイン像だ。

「シャンクのようなカッコいい女性を描くのは大好きです。最初は忍者みたいに刀を持たせてみたり、プロレスラーのようなスタイルにしたり(笑)。試行錯誤して今のデザインに辿り着きました。ヴァネロぺもラルフも自分の子どものようで、完成した作品を観たときは号泣しました」

 アニメ界のハーバードの異名を持つカナダのシェリダン大学卒のアミさんが初めてアニメーションを学んだのは、あのスタジオジブリ。高校生の時、自分の作品集を送ったことがきっかけだった。

「ジブリに初めて行った日、コーナーから突然、宮崎駿さんが現れて、ライトテーブルの使い方や紙の場所を教えてくれて、最後に『じゃあ楽しんでね』っておっしゃったんです。その言葉が今もずっと忘れられません。今回の映画も私はずっと楽しくて仕方がありませんでした。絵には自分の経験すべてが表れます。だから私は紙とペンを持って外に出て、たくさんのものを吸収したいと思っています」

Ami Thompson/大阪生まれ。カナダのシェリダン大学を卒業後、日本のStudio4℃へ。2015年、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオに入社。大学の卒業制作として作ったショートアニメに、「彼女は凄いアニメーターになる!」と世界中のネットユーザーから絶賛が寄せられていた。

高橋大輔、4回転をバンバン決めてる信成の方が復帰した方が…。

スポニチアネックス によると。

 ――きょうのジャパンオープンの公式練習で織田信成選手が4回転を成功させた。

 「毎日一緒に練習しているんです。関西大学で。彼は4回転をバンバン決めてますし、普通の練習でもノーミスでバンバン滑っています。信成が復帰した方が良かったんじゃないかと思うぐらい。オレなんで復帰したんだろうと思いながら、ノブの練習を見て刺激をもらっています。年齢は一つしか変わらないけど、あれだけすばらしい演技を身近で見させてもらっているので、がんばんなきゃという思いです」

坂本花織、悔し涙「『何が起こったんかな』って思うぐらい、ミスが多すぎて…。やってしまった」

日刊スポーツ によると。

2月の平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)で6位と健闘した坂本花織(18=シスメックス)が今季国際大会初戦で、悔しいスタートなった。49・91点と得点を伸ばせず、演技後は左手を額に当てて暗い表情。涙を流して「『何が起こったんかな』って思うぐらい、ミスが多すぎて…。やってしまった…」と振り返った。

新SPは、デービッド・ウィルソン氏が振り付けを手がけた「フロム・マイ・ファースト・モーメント」。この夏、坂本は「初めてのボーカル。外国人には曲の意味が分かる」と新たな挑戦に戸惑いながらも、完成度を高めることを目指して取り組んできた。

この日は、グラデーションがかかった紫の衣装で登場。冒頭の3回転フリップでは回転軸がぶれて転倒した。「いつもならすごく緊張して、(演技が)始まって落ち着くんですが、今回は全く緊張がなかった」。普段と比べての違和感を感じながら、続くダブルアクセル(2回転半)は着氷させたものの、演技後半の3回転ループは空中でほどけて2回転となった。

今季初戦となった8月のげんさんサマーカップでは、後半の3回転ループが回転不足となるなど、SP62・51点の4位。前回は国際スケート連盟非公認大会だったが、今季の国際大会初戦でも課題を多く残すスタートとなった。

「明日のフリーは今日の失敗を完全に忘れて、『一からやりきるしかないな』って思います」

五輪を経験した実力者は、ここからの立て直しに目を向ける。

ハリー王子&メーガン妃がお気に入りディズニー映画を明かす

ELLEgirl によると。

9月4日(現地時間)、ロンドンで開催されたウェルチャイルド・アワードの授賞式に出席したハリー王子とメーガン妃。このイベントは、重い病気と闘う子どもたちやその家族を称えるもの。ハリー王子は、イベントを主催したチャリティ団体「ウェルチャイルド」のパトロンを10年以上務めている。この日、メーガン妃は「アルチュザラ」のマニッシュなブラックスーツに身を包み、先日のタキシードミニワンピ姿とまったく印象の違う装い。

2人は、ディズニー映画のファンであることをこっそり明かしたという。「デイリー・メール」紙で王室記事を担当しているレベッカ・イングリッシュによると、ハリー王子は『ライオン・キング』、メーガン妃は昔から『リトル・マーメイド』が大好きだそう。また『ズートピア』と『モアナと伝説の海』を2人で鑑賞したことを打ち明け、王子は『モアナと伝説の海』のなかでも「ニワトリのヘイヘイが登場し、気付くと海に浮かぶボートの中にいる」というシーンがお気に入りだとか。

メーガン妃は、2016年に公開されたドリームワークスの『フェリシーと夢のトウシューズ』についても触れ、「主人公の女の子が赤毛だから、ハリーもこの映画が好きみたい」と笑いを誘った。

ロイヤルファミリーのなかには、ハリー王子とメーガン妃以外にも、ディズニー映画の大ファンが……。それはジョージ王子! ウィリアム王子は昨年10月、小さい男の子に「ジョージ王子の好きなTV番組は何ですか?」と聞かれると、「ジョージ王子は『ライオン・キング』が好きなようだ。何回も見ているよ」と回答。また「BBC」のキッズ向けアニメ『すすめ! オクトノーツ』が好きで、レゴのアニメも見たことがあるそう。

ただ、親としてはTV漬けにはしたくないようで、「ジョージ王子をTVから遠ざけるのが大変」と子育ての苦悩も告白していたウィリアム王子。ハリー王子が『ライオン・キング』を好きになったのは、ジョージ王子の影響かも?