カテゴリー別アーカイブ: フィギュアスケート

紀平梨花、真央に近づけるように、ということだけ考えてます

デイリースポーツによると。

 10日まで行われた女子シングルで、男女通じて日本選手初のGPシリーズ初出場初優勝を飾った紀平梨花(16)=関大KFSC=が一夜明け取材に応じた。フリーではSPで転倒したトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度組み込む構成を完ぺきに遂行し、フリーで今季世界2位となる154・72点をマーク。総得点も世界2位の224・31点で、SP5位から大逆転で衝撃のデビューV。十分に世界の頂点に届くポテンシャルを示したニューヒロインは「(日本で)誰もやったことのないことをやった実感がない」と、初々しくはにかんだ。

 昨日の試合後は「プレゼントの整理とLINEのメッセージの返信をして、お風呂に入ったら夜中まで掛かったのであまり眠れてない。いつもよりはすごい疲れはある」と苦笑いしながら「今日のエキシビションが終わってゆっくり休んで、また明日からしっかり練習したい」と、若さを見せた。

 フリーではトリプルアクセル-3回転トーループの連続ジャンプ、そして単発のトリプルアクセルを完ぺきに決め、観衆を一気に銀盤の世界へと引き込んだ。伊藤みどり、浅田真央ら日本女子のエースが歴代継承してきた“伝家の宝刀”トリプルアクセルを駆使するニューヒロイン。目下、世界を席巻する平昌五輪金メダリストのザギトワらロシア勢に対抗できる破壊力を秘める。今回の大会で「今までは全然レベルが違うかなと思っていたけど、どんな相手でも自分の完ぺきな演技ができれば」と、自信を手にした。

 GPデビューシーズンにGPファイナル優勝を飾った憧れの浅田さんのようなシンデレラストーリーへの期待も膨らむ16歳。「1戦目で勝てたけど、何回も続けてできているわけではない。まだまだ。浅田真央さんに近づけるように、ということだけ考えてます」と、まだまだ必死に背中を追い続けることを誓った。次戦はフランス杯(23日開幕・グルノーブル)。GPファイナル(12月6日開幕・カナダ、バンクーバー)進出が目標となる。「次はSPも完ぺきにやって、完ぺきのノーミスを目指したい」と、力強く語った。

本田紗来、姉・望結とのスケート対決迫る「勝ちたい気持ちはあるけど…」

デイリースポーツ によると。

 子役でフィギュアスケート選手の本田紗来(11)が11日、都内で行われた「チーズフェスタ2018」のトークショーに出席した。

 全日本ジュニア選手権(23~25日)に初出場する紗来は「初めてなのでどんな舞台か分からないです」と心境を告白。同大会で直接対決する姉の望結(14)について「女優とスケート両方で成績を残していてすごいと思う」と尊敬のまなざしを送ると、「勝ちたい気持ちはあるけど、お互いに納得のいく演技ができたらいいと思います」と意気込んだ。

 イベントにちなみ、チーズをイメージしたキュートな衣装で登場。大好物のチーズを口にした後には「チーズがもっと大好きになった。お母さんに作ってもらって、もっとたくさん食べて元気になりたいです」と笑顔を見せていた。

宇野昌磨が上る“完璧への階段” 貫禄の首位発進を海外賛辞「後半に力強さ増した」

THE ANSWER によると。

序盤転倒も後半巻き返しSP首位、海外メディア「しかし、それでも十分だった」
 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は9日、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)が92.49点で首位発進。序盤のコンビネーションジャンプで転倒するアクシデントを乗り越えた平昌五輪銀メダリストに対し、海外メディアは「最高のスケートではなかった。しかし、それでも十分だった」と地力の違いを評価している。

「ショウマ・ウノが転倒にも関わらずNHK杯のSPを牽引する」と特集したのは、IOCが運営する五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」だった。

 今季の新プログラム「天国への階段」に乗せ、美しい舞いで広島の観衆を魅了した宇野。「不安定な4回転フリップで幕を開け、4回転トーループで転倒し、コンビネーションジャンプにつなげられなかった」と記事では言及したが、そこから巻き返した。

「しかし、世界2位の男は後半に力強さを増した。3回転アクセルなどで、1.12点という僅差を守った。ウノが求めるものは2週間前のスケートカナダでの勝利の再現の他にないだろう」と終盤に本来の輝きを取り戻した宇野を高く評価していた。

 転倒しても首位発進と貫禄を示した宇野。まだシーズン序盤、試行錯誤しながら“完璧への階段”を上っている最中だ。フリーこそ大爆発を演じ、GP連勝でファイナル切符を掴めるか。地元で見守る日本のファンも期待をもって待っている。

宇野昌磨、4回転で転倒も「思いきりいった結果。心残りはあまりない」

サンケイスポーツ によると。

男子SPで演技する宇野昌磨=広島市中区・広島グリーンアリーナ(撮影・加藤孝規)
 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯(9日、広島県立総合体育館)日本勢は男子で第2戦のスケートカナダ覇者の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は92・49点で首位発進した。山本草太(18)=中京大=は74・98点で6位、佐藤洸彬(22)=南部美人=は67・38点で10位だった。 

 予定していた4回転-3回転の2連続トーループで転倒しコンビネーションにできなかった宇野は、「大きな転倒をしてしまったけど思いきりいった結果。心残りはあまりない」とすがすがしい表情。スケートカナダで失敗したジャンプの基礎点が1・1倍になる後半のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は決め、「どうしても着氷したかった」と胸を張った。「しっかり気持ちをリセットして、強い気持ちでフリーではもっといい演技ができるように臨みたい」と前を向いた。

宮原知子が自己ベスト76・08点で2位「点数を伸ばすことができて嬉しい」

スポニチアネックス によると。

 女子ショートプログラム(SP)で平昌五輪4位の宮原知子(関大)は、自己ベストの76・08点をマークして2位発進した。

 完璧な演技を披露し、スケートアメリカでマークした73・86点を更新。「さらに点数を伸ばすことができて嬉しい」。スケートアメリカでは最後の3回転ジャンプがフリップだったが、今大会はループに。「フリップだとエッジエラーの可能性がある。基礎点は下がるけど、細かいところで減点をとられないように」と意図を説明した。

 衣装も新調し、ムービースターの気分で滑り、大観衆を魅了。込めたのは「自分を見てほしい」という思いだった。10日のフリーでは0・09点差で首位のトゥクタミシェワを追う。「ジャンプをきっちりこなして、レベルを取りこぼさないよう、総合的に頑張りたい」と逆転優勝を見据えていた。