wpmaster のすべての投稿

羽生結弦「プログラムに耐えうる体つくらねば」

朝日新聞デジタル によると。

 フィギュアスケートのオータム・クラシックはカナダ・トロント郊外のオークビルで22日(日本時間23日)、男子のフリーがあった。ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)はジャンプで2度失敗して165・91点の2位だったが、SPとの合計で263・65点とし、優勝した。2位は車俊煥(韓国)、3位はローマン・サドフスキー(カナダ)が入った。

 演技後の報道陣との主なやりとりは次の通り。

 ――振り返ってみて。

 初戦、毎度で本当に申し訳ないんですけど、また260(点)ぐらいしか取れないんだなと思いました。

 ――とてもきつそうだったが、実戦で初めて4分をやってみて。

 4分だからきついということではなくて、本当に、ただ単に自分の実力不足が出ているなという感触がありました。これから練習して、しっかりとこのプログラムの構成に耐えうる体をつくらなくてはなと思います。

紀平梨花、トリプルアクセル2本成功…フリーの147・37点は、今季世界最高得点

スポーツ報知 によると。

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(16)=関大KFSC=が3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を2本成功させ147・37点。合計218・16点の高得点でシニアデビュー戦Vを飾った。

 新フリー「ビューティフル・ストーム」の冒頭の3回転半―3回転トウループの連続ジャンプを完璧に決めると、続く単発の3回転半も成功させた。

 紀平は今月上旬に関大で行われた公開合宿で「トリプルアクセルは調子が悪い日がなくなってきた。大分安定して、自分の武器になってきている」と話していた。大技の安定の理由に筋肉を挙げ、「最近、筋肉の調整の仕方がわかってきた。だるい日はほぐしを多めに入れるとか、そうじゃない日はトレーニングを入れた方がいいとか」と、説明していた。

 今季からルールが改正され、シーズン前に過去の得点記録がリセットされた。合計218・16点はジュニアロシアのアレクサンドラ・トルソワに次ぐ世界2位。フリーの147・37点は、今季世界最高得点。ルール改正前の日本女子最高得点の宮原知子の146・44点を上回った。

 紀平はジュニアだった昨年の全日本選手権で3位。今季からシニアに転向した。

浅田真央、石川佳純と初対面で驚き「思ったよりも小柄」

オリコン によると。

 フィギュアスケーターの浅田真央(27)と女子卓球の石川佳純(25)が19日、都内で行われた『エアウィーヴ新商品発表会』に出席。今回が初対面となった2人だが、互いの印象など、打ち解けた雰囲気でトークを繰り広げた。

 浅田は「(石川のことは)小さい頃からテレビで拝見していて、メガネをかけて卓球をしている頃から、オリンピックなどでユニフォームを着ると、すごく強い表情を見せていたのが印象的でした」とにっこり。「それで、実際に会ってみると、思ったよりも小柄なんだなと。それに驚きました」と声を弾ませた。

 一方の石川も「もちろん、ずっとテレビで見てきて、大好きで憧れの存在。特にオリンピックではたくさん感動をいただきました。いつもテレビを通して私も頑張ろう、すごいなっていう気持ちで見ていました」と力説。「きょうは、いろんなことをおしゃべりできて楽しかったです」と笑顔を見せていた。

 この日のイベントでは「眠りの世界に品質を」というスローガンのもと、睡眠研究と商品開発を11年間追求してきた同社が、今秋に8点の新商品を発売することが発表された。