浅田真央の今に迫る。「昨夏、スケートは一切やめようと思ったんです」

集英社ハピプラニュース によると。

目を細めたくなるほどまばゆい春の陽光が差し込む中、穏やかな笑顔をカメラに向けた。その表情は、無数のフラッシュが注がれる中、涙をこらえて引退を発表した1年前と明らかに違う。リンクの上で可憐に舞い、世界中を魅了してきた天才少女も、今やモア世代の27歳。将来に悩み、ときに立ち止まり、揺らぎながら出したプロスケーターとしての新たな道。そして、ひとりの女性として思い描く意外な未来。転機を迎えた今の思いを聞いてみた。

浅田真央さんの「27歳の現在地」とは!?
羽生結弦選手や宇野昌磨選手など、日本のフィギュアスケート勢の活躍により大いに盛り上がりを見せた平昌五輪。かつてそのオリンピックという大舞台で、世界中の視線を一身に集めていた浅田真央さん。

「選手だった頃は、やってきた努力の成果を試合で出せた時の達成感やメダルを取れた時のうれしさがありました。でもそれだけ結果を求められるし、自分も求めてしまう。だから競技に戻りたいとは思っていません。アイスショーで滑りたい。今はその気持ちのほうが強いです」

アイスショーとは、5月から全国10都市で開催される「浅田真央サンクスツアー」のこと。真央さん自身が発案し、企画をスタートさせた。オリンピックの喧噪の中、新たなチャレンジに取り組んでいたのだ。

「実は去年、引退を発表した後に出演した夏のアイスショーを最後に、スケートは一切やめようと思ったんです。でもいざスケートがない生活をしてみると、頭の片隅で考えてしまう自分がいて。たくさんの方から『まだ観たい』というお手紙やお声をいただいた時に、感謝の気持ちをお伝えしたいなと感じました」

アスリートとして極限まで自分を追い込んできた彼女が決断したスケートとの別れ。その考えをひるがえし、再びスケート靴をはくことを決めるまでには、当然、葛藤があった。

「毎日スケートに情熱を注ぐ覚悟もなかったし、お客さんが来てくれるのかなっていう不安もありました。でもショーをやることを思いついた時、最初に姉の舞に『どう思う?』と相談したんです。そしたらすぐに『いいと思うよ! 私も協力する』と言ってくれて。舞がいるなら心強いと思い、すぐに決断しました」

プログラムや選曲、衣装など、プロデューサーとしてすべての選択に関わっている。マネージャーからは「キャストにもめちゃくちゃ真剣に指導してますよ」という証言も。

「スケーターを募集してオーディションで選ぶのも初めてのこと。ほとんどが年下ですし、やるからにはいいものにしたい。先生もいないので、日々改善しながらみんなで上を目指したいと思っています。プロデューサーが向いているかわからないけど、とりあえず今は、目の前にあることを必死でやっています(笑)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください