高橋大輔、現役復帰で“準優勝”に密着ドキュメンタリー

オリコン によると。

 今季現役復帰を果たしたフィギュアスケートの高橋大輔選手に密着したドキュメンタリー番組『新・誰も知らない髙橋大輔』が29日(前10:55~11:50)、カンテレ(※関西ローカル)で放送される。同局では、2006年から高橋選手の取材を続け、2014年4月に『誰も知らない高橋大輔』と題して放送。今回は、それから4年を経て、引退から現役復帰を果たした高橋選手を追いかけた。カメラが完全密着した全日本フィギュアスケート選手権の裏側、そして試合直後の単独インタビューなどの“独自取材”で高橋選手の素顔や本音に迫った。

 バンクーバー五輪で銅メダルを獲得。最初の現役生活は、「勝って当たり前」と思われる日々だった。プレッシャーを抱え、傷ついた身体と戦いながらソチ五輪まで滑り続けたものの、2014年、引退を決意。それから4年。「目標は全日本選手権の最終グループに残ること」と、高橋選手はそう言って、再び氷上に戻ってきた。若い選手たちが目まぐるしい成長を見せ、4回転ジャンプが当たり前になったフィギュアスケートの新時代。32歳という年齢で復帰を決めたのは「自分のため」だという。

 12月に行われた全日本選手権。22日のショートプログラム、24日のフリーと、それぞれの試合直後に、高橋選手はカメラの前で心境を語った。引退、そして現役復帰を経て、高橋選手にとっての「全日本選手権」はどう映ったのか。

 さらに取材班は、試合を終えた直後の打ち上げにも同席。高橋選手は「ショートを終えて、フリーの前、すっごい緊張したんです。いやぁちょっと悔しかったです。やっちまったなぁ。本当はもうちょっとできるんだけどな…」と、それが本音か。今回の現役復帰にあたり、実は「4回転ジャンプの成功」にこだわっていた高橋選手。公式練習の初日である21日、4回転ジャンプが成功したことが、とてもうれしかったと話し、「できるようになったぞ!というのを、みなさんの目の前で見せたかったので。一番気合をいれて挑んだのが公式練習かもしれないです」と笑顔を見せた。

 “目標”としていた全日本選手権で、“準優勝”という結果を残した高橋選手。「これからのスケート人生をどうしていくのか」、番組ではこれからについても聞く。

■居川大輔ディレクターのコメント(カンテレ スポーツ局スポーツ部)
 2006年から高橋大輔選手を取材させていただいておりますが、彼のカッコ良さ、優しさにはいつも敬意を抱いています。しかし彼は、氷の上に立つと、顔つきが変わります。これまで、試合直前は特に、一定の距離感を保って取材や撮影をしてきましたが、今は、32歳という年齢もあってか、試合前でも近い距離で取材をさせていただいています。今回の近畿選手権や西日本選手権では、試合当日でも、カメラに笑顔を見せてくれました。

 ただ…全日本選手権だけは、やはり違いました。「自分のスケートを取り戻したい」という理由で現役復帰した高橋選手。でも本当の理由は…どうなんでしょうか。12年間、彼を近くで見つめ続ける者として感じることがあります。皆さまにも番組を通してお伝えできればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください