高橋大輔…2日連続で4回転成功、22日の男子SPへ調整

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートの全日本選手権は、大阪・東和薬品ラクタブドームで21日に開幕する。22日の男子ショートプログラム(SP)に向け、今季現役復帰し5年ぶりの全日本に臨む高橋大輔(関大KFSC)らが公式練習で調整した。

 日本最高峰の舞台に帰ってきた高橋は、フリー使用曲を流しての滑走でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度成功。20日の公式練習で成功し、この日は曲の中で跳ばなかった4回転トーループは転倒やバランスを崩して手をつくシーンもあったが、クリーンに1度決めた。

 3連覇を狙う宇野昌磨(トヨタ自動車)はSP使用曲を流しての滑走で冒頭の4回転フリップの着氷が乱れたが、4―3回転の連続ジャンプは決めた。

 22日の男子SPは高橋が29人中22番目(午後7時52分)、宇野は18番目(同7時26分)に登場する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください