村上佳菜子も「やらせない」 フィギュア界に親子鷹が少ないワケ

日刊ゲンダイDIGITAL によると。

 4日、都内で「#チャーリーブラウン選手権 優秀作品授賞式」に出席した村上佳菜子(24)。子供が頑張る姿を表彰するイベントで「私もいつか幸せな家庭を築きたい」と語った上で、こう続けた。

「(自分の)子供にはスケートをやらせないと思うけど、何かやらせたい。私自身はかなり苦しいスケート人生だったので、かわいそうだと思っちゃう。自分がやってきたことだと、鬼になっちゃうので……。『やりたい』と言ってきたら『え~? やるの~?』って、なるべくやらない方向に持っていって他のことをやらせたい(笑い)」

 村上は3歳のとき、姉の影響でスケートを始めた。2014年のソチ五輪に浅田真央らと共に出場したが、12位と惨敗。その後も好成績を残せず、昨年4月に現役を引退した。

■母親の苦悩

 野球やサッカーといったメジャー競技はもちろん、スポーツ界には、いわゆる「親子鷹」が多い。しかし、フィギュアの場合はごく一部。バンクーバー五輪代表の小塚崇彦(29)は、父親がグルノーブル五輪代表で、最初の指導者だった。祖父も母も叔母もスケーターというサラブレッドだ。無良崇人(27)もスケーターだった父からコーチングを受けていた。ソルトレークシティー五輪代表の本田武史(37)は娘がスケーターで、親子で滑りを披露したこともあるが、これらはごくまれなケース。母親になった元女子選手が娘にスケートを続けさせる例は、日本では皆無に近い。

「フィギュアスケート出身の女性の場合、自分が幼少期に味わった苦しみを、娘にまでさせたくないというのが本音でしょう」と言うのは、あるフィギュア関係者だ。

「食事管理、送り迎え、衣装作りなど、母親が占める役割がかなり多い。特に女子の場合、体重管理がシビアで、食べ盛りの時期に好きなものも食べさせてあげられない。太ると、親がコーチに呼び出されて叱られるんです。親は娘が夜中に空腹で食べ物を漁らないように隠したり、冷蔵庫を空にしたり……。我が子を苦しめているのではという葛藤で苦悩する母親がほとんどですから」

 しかも、とにかくカネがかかる。オーダーのスケート靴は1足約20万円。半年ごとに交換するのが一般的で、靴だけで年間40万円かかることになる。以前、日刊ゲンダイで連載していたバンクーバー、ソチ五輪代表の鈴木明子は、経済面の負担についてこう語っていた。

「貸し切り練習でかかるリンク使用料や、世界の大会に転戦するための遠征費、ショート、フリー、エキシビションの衣装代も決して安くはありません。そこにコーチへの月々の指導料、プログラム制作費用などが加わる。全てを含めると1年間で数百万円単位の費用が、選手に重くのしかかってくるのです」

 少しでも経費を抑えるため、羽生(結弦)や小塚は母親に衣装を作ってもらっていたという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください