羽生結弦は松葉づえで表彰式、金メダルに笑顔「ありがとうございました!」

デイリースポーツ によると。

 フィギュアスケートのGPシリーズ第5戦・ロシア杯表彰式が18日に行われ、優勝した羽生結弦(23)=ANA=は松葉づえをついて出席した。フリーの衣装を着た羽生は、スケート靴ではなく、スニーカーで登場。金メダルを掛けられると満面の笑みを浮かべ、去り際にはファンへ向かって「ありがとうございました!」と叫んだ。

 羽生は17日のフリーへ向けた公式練習中に転倒し、平昌五輪前に痛めた右足首を再び負傷。その中で優勝し、2年ぶりのGPファイナル(12月、バンクーバー)進出を決めていたが、現段階で右足首の「前下脛腓じん帯損傷」「三角じん帯損傷」「腓骨筋腱損傷疑い」という診断を受けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください