羽生結弦、松葉杖をついて会見場へ「右足首がもろいので、ちょっとしたことでけがに」

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯第2日(17日、モスクワ)男子フリーで、ショートプログラム(SP)で首位に立った羽生結弦(23)=ANA=がフリー1位の167・89点。合計278・42点で自身初のGPシリーズ連勝と、ファイナルを含めた日本男子単独最多の10勝目を挙げ、2年ぶりのシリーズ上位6人によるGPファイナル(12月6~8日、バンクーバー)進出を決めた。SP4位の友野一希(20)=同大=は合計238・73点で3位だった。

 松葉杖をついて会見場に姿をみせた羽生は「右足首がもろいので、ちょっとしたことでけがになってしまう。事故みたいなもの」に苦笑い。「この状態である程度、がんばることができた」と胸を張った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください