ドミトリエフ「クワッドアクセル」世界初挑戦も転倒

日刊スポーツ によると。

フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯の男子フリーで、アルトゥール・ドミトリエフ(26=ロシア)が、史上初のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に挑戦して、転倒。SP9位の26歳は、誰もなしとげたことがない大技にチャレンジした。

演技プランでは冒頭の4回転トーループの後、2本目で跳ぶ予定だった。この日の練習でも、成功はなかったが、曲の通し練習を含めて、繰り返し跳び方を確認した。フィギュアスケートペアで92、98年五輪金メダルの父、体操選手の母を持つサラブレッド。これまで目立った成績は残していないが、史上初の快挙を地元ロシアで狙っていたが、転倒となった。

羽生結弦(23=ANA)も、クワッドアクセルの今季中の成功を目指しているが、今はプログラムの精度を高めるために練習を封印。GPフィンランド大会では、12月の全日本選手権後に練習を再開したいと話した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください