宇野昌磨が逆転連覇「最初から100%の力を出し切った」

スポーツ報知 によると。

 ミスで2位に甘んじたSPから一夜明けたフリー。宇野は美しい旋律で彩られたベートーベンの月光を演じ切り、肩で息をした。「悔しさをぶつけた演技だった」。闘争心を随所にほとばしらせ、2位に18点以上の差をつける圧倒的な内容で逆転し、表彰台の中央に立った。

 「最初から100%の力を出し切った」というように冒頭からの3種類の4回転ジャンプを力強く跳んだ。サルコーではわずかに回転不足を取られたものの、フリップでは3・77、トウループでは2・99の出来栄え点を加点。SPで転倒した演技後半のトリプルアクセルも「どんなジャンプになっても絶対に降りてやるという強い気持ちだった」と幅のある跳躍で観客の目を引いた。

 6月下旬から2週間、モントリオールでスケーティング技術と表現力を磨き、8月にはシカゴでジャンプに特化した強化合宿で体をいじめ抜いた。今季のテーマは「自分を信じる」。この日の演技には迷いが感じられなかった。大会2連覇にも「湧き上がってくるものは何もない」とそっけない。スタミナが切れた終盤のジャンプでミスが出た部分を課題に挙げ「まだまだ練習が必要」と貪欲さをのぞかせた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください