紀平梨花、トリプルアクセル2本成功…フリーの147・37点は、今季世界最高得点

スポーツ報知 によると。

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(16)=関大KFSC=が3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を2本成功させ147・37点。合計218・16点の高得点でシニアデビュー戦Vを飾った。

 新フリー「ビューティフル・ストーム」の冒頭の3回転半―3回転トウループの連続ジャンプを完璧に決めると、続く単発の3回転半も成功させた。

 紀平は今月上旬に関大で行われた公開合宿で「トリプルアクセルは調子が悪い日がなくなってきた。大分安定して、自分の武器になってきている」と話していた。大技の安定の理由に筋肉を挙げ、「最近、筋肉の調整の仕方がわかってきた。だるい日はほぐしを多めに入れるとか、そうじゃない日はトレーニングを入れた方がいいとか」と、説明していた。

 今季からルールが改正され、シーズン前に過去の得点記録がリセットされた。合計218・16点はジュニアロシアのアレクサンドラ・トルソワに次ぐ世界2位。フリーの147・37点は、今季世界最高得点。ルール改正前の日本女子最高得点の宮原知子の146・44点を上回った。

 紀平はジュニアだった昨年の全日本選手権で3位。今季からシニアに転向した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください