浅田真央「アイスホッケーの大会に参加したい。趣味程度ですけど」

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケート元世界女王で、昨年4月に現役引退した浅田真央さん(28)が18日、2006年からCMキャラクターを務める保湿ティッシュの高級ブランド「ネピア鼻セレブティッシュ」の都内イベントに出席。イベント内のトークで、真央さんの今後のチャレンジが話題になると「いまアイスホッケーをしています。アイスホッケーの大会に出たいですね。趣味程度ですけど」と明かし、報道陣を驚かせた。

 フィギュアスケートのシーズンが深まる冬に向けては、競技者の間で需要が高まるティッシュ。真央さんも現役時代から愛用する「鼻セレブ」を「選手のみなさんに使ってもらえるように伝えます」とPRし、「これからどんどん大きな試合がありますので、選手の皆さんはけがのないように頑張って下さい」とエールを送った。自身の今後の目標については公演中のアイスショー「浅田真央サンクスツアー」で「最後の最後まで滑りきりたいです!」と元気良く抱負を述べた。

 同社製品は来年で発売15周年。リニューアルを記念し、19日からは東京・表参道に「鼻セレブcafe 鼻屋敷」(19日~31日)が期間限定でオープンする。この日のイベント会場では真央さんは、両肩を大胆にのぞかせたセレブなドレス姿で登場し、笑顔を輝かせていた。

高橋大輔、復帰戦「疲れが足にきて」

読売新聞 によると。

 フィギュアスケート近畿選手権は8日、兵庫県尼崎市で男女フリーが行われ、約4年ぶりに現役復帰し、ショートプログラム(SP)首位の高橋大輔(関大ク)は4位で合計195・82点の3位だった。

 ジャンプで2度転倒し、回転不足などのミスも相次いだ。2010年バンクーバー五輪銅メダルの高橋は「疲れが足にきてカバーできる底力もなかった」と苦笑い。「これが今の自分の弱さと実力。(調子を)上げていきたい」と、11月の西日本選手権での巻き返しを誓った。

高橋大輔、4回転をバンバン決めてる信成の方が復帰した方が…。

スポニチアネックス によると。

 ――きょうのジャパンオープンの公式練習で織田信成選手が4回転を成功させた。

 「毎日一緒に練習しているんです。関西大学で。彼は4回転をバンバン決めてますし、普通の練習でもノーミスでバンバン滑っています。信成が復帰した方が良かったんじゃないかと思うぐらい。オレなんで復帰したんだろうと思いながら、ノブの練習を見て刺激をもらっています。年齢は一つしか変わらないけど、あれだけすばらしい演技を身近で見させてもらっているので、がんばんなきゃという思いです」