安藤美姫、GPファイナル優勝の紀平に驚き「精神力がすごい」

デイリースポーツ によると。

 プロフィギュアスケーターの安藤美姫が10日、日本テレビ系「スッキリ」に出演。フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで、初優勝を飾った女子の紀平梨花(16)=関大KFSC=を称賛した。

 最もすごかった点について「緊張感を集中力に変える力」とし、「ジュニアの時に悔しい思いをした。そういったなかでシニアに上がってから同じ悔しい思いをしたくないというのが、精神的なものを作った要因かなと思います」と分析した。

 紀平は優勝を決めたフリーでは、冒頭のトリプルアクセルで着氷に失敗。その後、予定の演技構成を変更し、高得点をたたき出した。安藤は演技中の変更はよくあるとした上で、「失敗したらこっちにしようと練習をしているが、練習していたことを本番で出せる精神力がすごい」と、驚きを隠せなかった。

 今後の課題には、ザギトワより劣っている「スピンのレベル」を挙げた。レベル4を並べるザギトワに対し、紀平はレベル2や3があることから「紀平さんはポジションが高かったり、回転が補えてなかったりということで2とか3。ミスではないが、基礎点が低い。4で揃えるとより一層、強くなります」と語った。

 女子フィギュア界の今後の展望についても予想。ジュニアにも好選手がそろうロシア勢を警戒し「ロシアの強さは歴史ですかね。メドベージェワ選手も本調子に戻って来ると面白い。(日本勢は)宮原選手、坂本選手、本田選手、樋口選手もライバルになってくると面白いです」と、うなずいた。

紀平梨花、世界最高得点の衝撃に海外記者も続々驚愕 「彼女の存在は現実なのか?」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕。女子のショートプログラム(SP)では紀平梨花(関大KFSC)が完璧な演技を披露。82.51点の今季世界最高得点をマークし首位に立った。2位は77.93点で平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ。坂本花織(シスメックス)は70.23点で4位。宮原知子(関大)は67.52点で6位だった。

 紀平はドビュッシーの「Clair de Lune」のメロディーに乗せて優雅に、そして力強く舞った。冒頭の代名詞トリプルアクセルを完璧に決めると、3回転フリップ―3回転トウループのコンビネーションも綺麗に着氷。最後の3回転ルッツも決めた。演技後は日の丸が揺れる中、万雷の拍手。会心のスケーティングに16歳の超新星からはガッツポーズも飛び出した。

 グランプリデビュー戦で披露した衝撃的な演技に、海外記者も驚きを隠せない様子だ。

 米で長年フィギュアスケートを取材するジャッキー・ウォン記者は「RIIIIKKKKKKKKKAAAAAAA KIHIRAAAAAAAAAAAA」と絶叫ツイート。その直後には「80?」と続け、80点超えに驚きを隠せない様子だ。さらにザギトワを含む、後続の3人が滑る前だったが、「今日は誰にも打ち負かされることはないだろう」と首位発進を確信していた。
熟練の記者が驚愕「彼女の存在は現実なのか?」
 また同じくフィギュア取材歴の長い、ニック・マッカーベル記者も「アリーナ全体が、リカ・キヒラという存在がそこに実在しているのか、その目撃者となっているのかどうかわからなくなっていたようにすら思える。皆がそのように感じたはずだ。『彼女の存在は現実なのか?』と。だが、彼女の答えはこうだ。『はい。私は確かにここにいます』」とつづり、現実離れした衝撃を受けたことを記している。

 またIOCが運営する五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」は公式ツイッターで「10代のキヒラが大事件を起こし、トリプルアクセルを決め、世界最高記録の82.51点を叩き出した」と驚きをつづっている。

 7日(日本時間8日)のフリーでは2度のトリプルアクセルを跳ぶ予定。課題だと言われていたSPで歴史を作った紀平。フリーの演技が早くも楽しみになった。

村上佳菜子も「やらせない」 フィギュア界に親子鷹が少ないワケ

日刊ゲンダイDIGITAL によると。

 4日、都内で「#チャーリーブラウン選手権 優秀作品授賞式」に出席した村上佳菜子(24)。子供が頑張る姿を表彰するイベントで「私もいつか幸せな家庭を築きたい」と語った上で、こう続けた。

「(自分の)子供にはスケートをやらせないと思うけど、何かやらせたい。私自身はかなり苦しいスケート人生だったので、かわいそうだと思っちゃう。自分がやってきたことだと、鬼になっちゃうので……。『やりたい』と言ってきたら『え~? やるの~?』って、なるべくやらない方向に持っていって他のことをやらせたい(笑い)」

 村上は3歳のとき、姉の影響でスケートを始めた。2014年のソチ五輪に浅田真央らと共に出場したが、12位と惨敗。その後も好成績を残せず、昨年4月に現役を引退した。

■母親の苦悩

 野球やサッカーといったメジャー競技はもちろん、スポーツ界には、いわゆる「親子鷹」が多い。しかし、フィギュアの場合はごく一部。バンクーバー五輪代表の小塚崇彦(29)は、父親がグルノーブル五輪代表で、最初の指導者だった。祖父も母も叔母もスケーターというサラブレッドだ。無良崇人(27)もスケーターだった父からコーチングを受けていた。ソルトレークシティー五輪代表の本田武史(37)は娘がスケーターで、親子で滑りを披露したこともあるが、これらはごくまれなケース。母親になった元女子選手が娘にスケートを続けさせる例は、日本では皆無に近い。

「フィギュアスケート出身の女性の場合、自分が幼少期に味わった苦しみを、娘にまでさせたくないというのが本音でしょう」と言うのは、あるフィギュア関係者だ。

「食事管理、送り迎え、衣装作りなど、母親が占める役割がかなり多い。特に女子の場合、体重管理がシビアで、食べ盛りの時期に好きなものも食べさせてあげられない。太ると、親がコーチに呼び出されて叱られるんです。親は娘が夜中に空腹で食べ物を漁らないように隠したり、冷蔵庫を空にしたり……。我が子を苦しめているのではという葛藤で苦悩する母親がほとんどですから」

 しかも、とにかくカネがかかる。オーダーのスケート靴は1足約20万円。半年ごとに交換するのが一般的で、靴だけで年間40万円かかることになる。以前、日刊ゲンダイで連載していたバンクーバー、ソチ五輪代表の鈴木明子は、経済面の負担についてこう語っていた。

「貸し切り練習でかかるリンク使用料や、世界の大会に転戦するための遠征費、ショート、フリー、エキシビションの衣装代も決して安くはありません。そこにコーチへの月々の指導料、プログラム制作費用などが加わる。全てを含めると1年間で数百万円単位の費用が、選手に重くのしかかってくるのです」

 少しでも経費を抑えるため、羽生(結弦)や小塚は母親に衣装を作ってもらっていたという。

GPファイナル初出場の紀平梨花、真央を超えることができるのか?

THE PAGE によると。

フィギュアスケートの紀平梨花(16、関大KFSC)に世界の頂点を狙える“ニューヒロイン”としての期待が寄せられている。シニアデビューの年にNHK杯に続き、フランス杯でも優勝、6日からカナダ・バンクーバーで始まるグランプリ(GP)ファイナルへの出場を決めた。日本の女子フィギュア界は、2010年のバンクーバー五輪で銀メダルを獲得した浅田真央氏以来、2大会連続でメダルから遠ざかっているが、紀平には“ポスト真央”としての期待も高い。紀平が、浅田真央氏以来、日本人として4人目のトリプルアクセルを武器としていることも手伝い、なおさら2人は比較され“真央超え”への注目が集まっている。
 

 2005年に15歳でシニアデビューした浅田真央氏は、中国杯2位、続くエリック・ボンパール杯(現フランス杯)で優勝すると東京開催だったGPファイナルでも優勝という鮮烈デビューを飾った。当時と今とでは採点基準もルールも大きく違っているので、単純に比較することはできないが、浅田真央氏は、SPにはトリプルアクセルを入れずに、フリーの冒頭だけに単独のトリプルアクセルをひとつ組み込むプログラムだった。

 シニアでのトリプルアクセル初披露となった中国杯では、フリーの冒頭でトライ。着氷で乱れ両手をついたが、続くエリック・ボンパール杯では着氷に成功。GPファイナルでも綺麗に決めて、基礎点7.50に出来栄え点として0.40が加点され、トリプルアクセルだけで7.90を獲得した。

 対して紀平はGPシリーズに連覇。トリプルアクセルは、SPの冒頭にひとつ、フリーには、トリプルアクセル+トリプルトゥループの連続ジャンプ、単独のトリプルアクセルの2つを組み込むという難易度の高いプログラムで挑んだ。NHK杯のSPではトリプルアクセルで転倒して5位発進と出遅れたが、フリーで見事に立て直した。

 トリプルアクセル+トリプルトゥループの連続ジャンプに成功、続く単独のトリプルアクセルも綺麗に着氷して、2つのトリプルアクセルに成功した。

 フランス杯ではSPのタイミングを外してトリプルアクセルが1回転半になってしまった。フリーでも冒頭のトリプルアクセルをなんとかこらえたが、回転不足と判断された。続くトリプルアクセルの連続ジャンプは回避、トリプルアクセルを生かすことはできなかったが計205.92点で逆転優勝した。

 元全日本2位で、現在、福岡で後進を指導している中庭健介氏は、「紀平さんが、浅田真央さんに勝るとも劣らない逸材であることは間違いありません」とした上で、その強さの理由をこう分析している。

「紀平さんは、ジュニア時代からトリプルアクセルを練習していて、ここ1、2年でクリアに成功をしてきました。今シーズンの試合や公式練習を見ていても、さらに進化し、トリプルアクセルがもう他のトリプルジャンプの仲間入りをしているくらいの“慣れ”を感じます。去年までの公式練習では、シングル、ダブルをしっかりと確認してから、段階を踏み、“よし跳ぶぞ”とトリプルアクセルを特別なジャンプに感じさせるような雰囲気で練習をしているように見えました。しかし、今年は、気がつけば、トリプルアクセルを跳んでいるというくらいに自分のモノにしています。まさに“成功するジャンプ”から“成功が当たり前の身についたジャンプ”へと磨きがかかっています」

元世界王者のフェルナンデス、欧州選手権後に現役引退へ

AFP=時事 によると。

 フィギュアスケート男子の元世界王者ハビエル・フェルナンデス(Javier Fernandez、スペイン)が28日、来年1月21日から27日にベラルーシの首都ミンスクで行われる欧州選手権(ISU European Figure Skating Championships 2019)を最後に、現役を引退すると表明した。

 スペイン紙ABC主催のイベントで、「今季で引退する」「これが適切な時期であると考え、自分の競技人生に満足し、未来に向けたプロジェクトが見つかっているときに退くことを選ぶ」と語った。

 27歳という年齢でも競技を続けることはできるとしながらも、「どのレベルで?」と疑問を投げかけたフェルナンデスは、すでに今年9月の時点で欧州選手権の後は「他に何も計画はない」と話し、現役に別れを告げることをほのめかしていた。

「精神的にも肉体的にも最高レベルに到達できる状態でないことが分かったら、それが自分の体の現状であり、受け入れざるを得ない。受け入れなくては」

 フェルナンデスは自身の国内ツアー公演『レボリューション・オン・アイス(Revolution on Ice)』で発表された動画では、「競技はやめてもスケートは続けていく」とコメントしている。

 フェルナンデスは2015年と2016年の世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships)を制し、欧州選手権でも昨季まで6連覇を果たしているが、五輪では今年2月に開催された平昌大会でようやく銅メダルに輝いた

Disney-fannet.com・ディズニーシーやディズニーランドが大好き、 ミッキ-が愛しくてたまらない・真央ちゃん大好き仲間の交流サイト。